食べ物の話題 外食記録

【外食記録】北長野 信濃神麺烈士洵名の幻の王様中華そばと豚玉めし

さらば鳥居橋。

蟹沢に社宅から信濃浅野駅まで徒歩で移動する際に必ず通るのがこの橋でした。

川を泳いでたカモの親子連れを撮影したこともありましたが、それもここです。

まあ別段すごい橋と言うことも無いかとは思います、普通の橋です。

引っ越し日は5月8日に決定いたしました。

引っ越しまであと5日ほどとなりました。

結局色々候補を出してもらった中で一番良さそうだったが岐阜の案件だったので、岐阜に行くことにしました。

岐阜ってなんだよってレベルで岐阜のことを何も知らないので、いまから特産品とか観光地を調べておきたいと思っています。

長野の冬景色ももう数日で見納めだなあ。

まあ、なんていうかその……なんだろう。

思い返してみても、蟹沢と言う土地も中野にある職場も、ロクでもない場所だったな。

長野と北長野は好きだったよ。

引っ越し前に髪を切るのはとっても大事。

引っ越し前はかならず理容店に行って散髪とシェービングをしてもらっておきます。

こうすることで次の社宅付近に良い理容店がすぐに見つからなくても、2~3か月の猶予が稼げるからです。

前髪が目にかかるのとか、絵を描くのにも工場作業するのにもマジでめんどくさいので、そうなる前には切って貰うんだよね。

いつもは長野のプラージュを使っていたのですが12月末くらいで閉店してしまったので、北長野のプラージュに来てみたんだけど、いつもながら地図で見てたより近所では無かった。

早めに家を出てきて良かったですよ。

烈士洵名での最後の心残りを潰す。

岡村二郎、烈士ラーメンと来て、僕が最期に烈士洵名で食べておきたかったもの。

それは幻の王様中華そばです。

幻の王様中華そばとは?

大人気にもかかわらず、惜しまれながら閉店した伝説のラーメン店の幻の王様中華そばを再現したラーメン、という事らしいです。

その幻のお店と言うのは、調べて見た感じだと権藤にあった「中華そば 光蘭」というお店のことだそうです。

・基本は中華そば。
・まな板を使わず、ネギを空中で鉛筆を削るようにササガキ切りにして、およそ2分の1本のネギを一杯に使用する。
・黒胡椒をしっかり効かせた味。
・熱々のスープを持ち運びに困るほど丼へなみなみと注いでいた。
・味は穏やかなれど、しっかりと厚いチャーシューが入っていた。
・席に座っただけで一言も発しなくとも、中華そばが出てくる。

みたいな感じのラーメン&お店だったらしい。

海苔よ……。

なんか大きすぎる海苔がへたり込んで柏餅になって出てきましたね。

これでは中が全然見えないのでめくってしまいましょう。

ってことで幻の王様中華。

確かに黒コショウ強めで、ネギのいっぱい入った中華そばって感じ。

黒コショウラーメンはコショウで味を引き締めすぎて塩とか醤油の味が悪目立ちしちゃってることも多い気がするけど、この中華そばはそのへんはうまーくバランスどりが出来ているかと思う。

コショウは確かに強めだけど、塩気は程よい形に押さえられていて、大量に入ったネギの風味なども手伝ってあっさりまろやかな味わいです。

これまでに食べてきた岡村二郎と烈士ラーメンの2つよりは個人的には好みに近い味かなーって感じ。

魚介要素が割り込んでくると、やっぱり面白みに欠けちゃうから美味しくても個人的にはマイナスな目で見ちゃうんだよね。

印象的にはリッチなつくりのオーソドックスな中華そばって感じかなぁと思う。

美味しかったです。

これでもう、長野には未練はないよ。

豚玉めしも頼んでみた。

やわらかい角煮の細切れみたいなものに卵とネギを混ぜ込んで食べると美味い。

幻の王様中華よりも実はこっちの方が好きだったかもしれない。

この手のどんぶり飯は基本的に悪魔的だよな……。

信濃吉田駅はマンションとくっついている。

JR北長野駅からあるいて3分もかからん距離にある長野鉄道信濃吉田駅。

ここはノルテながのというマンションと一体化している面白い駅なんですよね。

周辺に商業施設や学校、病院なども充実していて、家を出てすぐ駅なもんだから交通の利便性も良いということで、割と人気のマンションらしいですよ。

JRと長野鉄道はこの北長野から扇状にルートが分かれて開いていくので、ここに住んでいれば二つの鉄道を駆使していろんなところにも行けるかとは思いますし、これで自動車などを用意できれば鬼に金棒的な感じでしょう。

利用者は大分少ない。

北長野駅よりもデカいし広いんだけども、信濃吉田駅はいつ行ってもガラガラです。

朝と夕方くらいは通勤者がチラホラいるっぽいけどね。

大体2~3人いれば多い方かなー……くらいな感じです。

僕としては静かな方がありがたいから、こっちの方が助かるんだけどね。

最期の巻き爪メンテナンスのために本郷へ。

引っ越す前にBSスパンゲの張替えをしてもらうために本郷に移動です。

もうほとんど陥入爪は治ってしまっていて、巻き爪も軽症レベルまで持ち直せて入るので、スパンゲを張らなくてもしばらくは大丈夫だとは思うけどね。

次の仕事内容のハードさによってはまた爪が巻いてきてしまうので、念のための張替えです。

今度巻き爪を直してもらおうと思ったら名古屋まで行かないといけないので、ちょっとめんどくさくなるよな……。

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, 外食記録

© 2021 電網ブルーオーシャン Powered by AFFINGER5