日常雑記 雑記・備忘録

【日常雑記】とくのこの、竹藪がいい。

とくにこの、竹藪がいい……。

今の拠点の周囲は立派な竹藪によって守られています。

普段から見慣れている人からしたら「ふぅん」くらいのトピックかと思うのですが、僕の地元には竹が生えている場所が人里から見える場所にあまりなかったんですよね。

あまりっていうか、ぶっちゃけ見たことないですね。

代わりに笹なら浴びるほど生えていていたんですけど。

竹ってすごい頑丈なんだな。

道具に加工された竹は幾度となく触ってきたけども、リアルタイムで生えている竹を触るのは人生初だったかもしれませんね。

平手で叩いてみるとバシッと結構鈍い音がします。

もっとペコペコしたスカスカな音が響くと予想していたんだけど、思ってたより皮が厚くてがっしりしてるんですね。

木みたいにガッシリ立ってて、思ったより全然しならないもんなんだなあとも思いました。

そりゃこんだけ太けりゃしなるのも難しいか。

いやー……立派なもんですねえ。

タケノコも当たり前のように生えとる。

タケノコも普通に生えとる……。

さすがにこれから竹に成長していくという段階だけあって、触ってみると少し柔らかいですね。

ざっと調べた感じだと、たけのこは1~2ヶ月もあれば立派な竹に成長してしまうらしい。

竹というのは節々に成長点を持っていて、色々な個所が同時に成長するからほかの植物よりも育つのが早いのだそうです。

すげえなお前……。

来月にはもう、立派な竹になっちまうって言うのか。

僕はマイペースでやっていくさ。

まあさすがに竹のようにいろんなことを同時にこなして急激な成長を遂げる、なんてことはこれまでの経験則上僕にはかなり不向きな難しいやり方かなーと思うので、怒られたり凹んだりしながら、少しずつ時間をかけて成長できていればまずは御の字かな……と思います。

日記に記すかどうかはわからないけど、出勤の旅にタケノコたちの成長具合でも観察してみようかな。

アドセンスコード

スポンサーリンク

-日常雑記, 雑記・備忘録

© 2021 電網ブルーオーシャン Powered by AFFINGER5