日常雑記 雑記・備忘録 外食記録

【日常雑記】引っ越し当日物語~さようなら福島県、こんにちは長野県~

さらば福島県。

さらば相馬市。

ということで、とうとうやってまいりました引っ越し当日。

駅までは管理担当者の方が車で送迎してくれることになっていたので、最後の観光は前日までに済ませておきました。

……さすがに一か月強社宅に干されていたので、未練どころかもうお腹いっぱいってレベルだったりもする。

さようなら、毎日通った駅までの道。

毎日駅まで徒歩10分、ラーメン屋さんの前に来る送迎バスに乗って通いました。

前に住んでいた登米市があまりに神立地過ぎたため、ここへ来た時は大分不便さを感じていたものですが、ヨークベニマルとツルハドラッグが徒歩圏内にあった事や、相馬駅から仙台へ移動すれば遊ぶ場所も買い物をする場所も確保できていたため、実は足で稼げばそれほど不便でもない立地であったなと思います。

踏切を越えて反対側へ渡れば、美味しいパン屋さんや家電屋さん、ドコモショップもあったし、外食できる場所もそれなりに潤沢でした。

社宅のアパートもボロボロで換気扇と電気が一つのスイッチで同時に動くようにまとめられていたり、トイレの換気扇がタイマー式だったりする超年季の入った旧式な建物でクソじゃクソじゃと思っていたけど、台風で増水したときは建物の基礎部分が高く盛られていたから浸水を免れたわけだし、救われた部分も無きにしもあらず。

まあ、今回も色々ありましたなあ。

相馬野馬追が観られなかったのが唯一の未練。

特にもう未練らしい未練はないというか、まぁ最初から名残惜しいとも思ってなかったりはするんだけども……。

強いて言えば相馬野馬追を見に行けなかったのが残念でなりません。

実は去年の夏休み前にはここへ来ていたので、時期的には見に行くことは出来たのです。

しかし僕はピンポイントで野馬追の開催日に玉掛けの講習とクレーンの講習を受けに行かねばならず、野馬追の日は教習所へ出向していたんですよね……。

しかもコロナムーブなのでイベント自粛になっちゃったしね。

本当に残念ですわ。

さようなら相馬市。

いろいろあったけど、なんだかんだ言って今回も楽しかったと思います。

楽しい方だったと、そう思います。

職場の皆さんがあったけぇ人が多く、何かと気を使っていただいたり世話を焼いたりしてくれたのも心に沁みました。

まあ、ぶっちゃけあんまりやってた仕事に関して言えば、一年近くやってずっと思ってたけど素質はあまり無かったと思います。

というか僕は出世コースから外れちゃったけど、生活するにはお金が必要だしなぁーってことで色々就職活動した結果、工場派遣くらいしかその時点で雇ってくれるところが無かったから今も歯を食いしばって続けている感じなので、天職だと思ったことは一度もないですけどね。

まあでもね。

大体そんなもんだよね。

好きなことが出来てさえいれば、目標さえ見失わずに追いかけ続けられていれば、別に仕事が何だって、どこに住んでたって問題はないと僕は思います。

でもね、検査薬をスプレーで大型部品の全体に塗布する仕事とか、大型部品を洗浄する仕事とかしてたんですけど、部品が大きいだけあって高圧放水器をドバーッと吹き散らしたりとか、エアーガンをブシャーッと吹きかけたりとか、なかなかダイナミックで楽しかったです。

そして仙台はFGOに染まっていた。

相馬駅から仙台へ。

なんか駅のホール中にFGOの広告が張られていました。

そういえば日本全国の観光名所とFGOキャラクターのコラボ広告キャンペーンみたいなのをやっていたような気がする。

こんな大掛かりなモノだったんですね。

すげえ。

たんや善治郎の牛たんがっつり弁当。

最期かもしれないだろ?

だから、牛たんを食べておきたいんだ。

さすがに1000円越え……っていうか1600円なだけあって今回も美味いです。

牛たんもおいしいけど、つくねも柔らかくて美味しい。

前に食べた特上厚切り牛タン弁当もとても美味しかったですが、こっちも満足なお味ですねー。

いやうめぇわ。

牛たんうめぇわ。

仙台としばしのお別れという事は、牛たんともしばしのお別れという事なのだ。

それはとても寂しい事よね。

やってきました長野県。

はい、到着。

仙台から2~3時間かかったかなって感じです。

途中大宮で一度降りて乗り換えたんですけどね。

結構小綺麗な駅じゃないですか。

ここが次なる新天地、長野県の玄関口ということらしいです。

担当管理者が来るまで待機。

長野駅から中野というところへ移動するらしく、駅前で管理者の送迎車待ちになりました。

中野とは、一体どんなところなんだろうか。

なにもないところだった。

ああ……、思ったよりも何もない所だった。

相馬市に引っ越してきた初日も似たような感想を抱き心から絶望したものだったが、今まさにそれ以上の地獄が目の前に広がっている。

上には上がいたという事か。

いや、地獄なのだから”下には下”というべきか。

どうでもいいそんなこと。

とにかくスーパーやドラッグストアすらないこの場所に、希望や活路がどのくらい見出せるのかをさっそく探さなくてはならないようだね。

せっかく相馬市の楽しい思い出に浸りながら新天地に夢はせて来ましたよ♪って気分だったのにぶち壊しだ。

立て直すのにどの位かかるものか。

そもそも立て直すことが出来るものなのか。

とりあえず、僕の初日はそこから始まるようだ。

ということで、頑張ります。。。。。

アドセンスコード

スポンサーリンク

-日常雑記, 雑記・備忘録, 外食記録

© 2021 電網ブルーオーシャン Powered by AFFINGER5