アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題 アズールレーン

【アズールレーン】ル・マランの性能と使い方メモ【駆逐艦】

投稿日:2019年9月20日 更新日:

SSR駆逐艦ル・マランの性能メモ

ヴィシア艦隊やアイリス艦隊も作ってみたいよなーと思ってコツコツ委託や寮舎で育ててきたル・マランがとうとうレベル120を迎えました。

スキル回りもカンストさせてあるので、装備を持たせてあげればすぐにでも前線に連れて行けちゃう。

仕事したくない系のル・マランさんは絶対にNO!と言いそうだけど、個人的に可愛くてお気に入りの艦船ですので、そうはさせるかと言わんばかりに積極的に戦線へ投入していく所存です。

トリオンファンやベルタンももうちょっとで完成なので、アイリスとヴィシアの混成艦隊は何とか作れそうだけど……勢力ごとに艦隊を組めるようになるのはまだまだ先のことになりそうですなぁ。

だってモタモタしているうちにサディアも来ちゃったんだもんげ。

育てたいキャラ多すぎ問題です。

特徴メモ

・速力は現状の艦船の中ではトップクラス。

・同じ敵に主砲を10発ぶつけることが出来れば、その敵に「駆逐艦から受けるダメージがアップするデバフ」を付与することが出来る。

・敵を撃破するたびに火力が上がる。(最大10体)

・戦闘開始から30秒経過すると、徐々に回避と雷装が弱体化していく。

スキル1:Poison+Croix

・自身の主砲攻撃を同じ敵艦に対して10回命中させると、5秒間その敵艦は、味方駆逐艦による砲撃と雷撃によって受けるダメージが+12%される。

・自身が敵艦を撃破すると、戦闘終了まで自身の火力が2%アップする。最大10回まで加算されるので、10体倒せれば火力は+20%される。

*途中で別の敵に弾を当ててもリセットはされないので、とにかく同じ敵に10回当てさえすればOK。なので比較的条件は緩め。

スキル2:鼓動のヴィシア

・自身の回避と雷装が+20%されるが、戦闘開始から30秒経過した時点から20秒刻みで補正値が0になるまで徐々に減少を続け、効果が完全に切れてしまう。

スキル3:全弾発射‐ル・マラン

自身の主砲で10回攻撃する度に特殊弾幕で攻撃を行う。




スポンサーリンク

SSR駆逐艦 ル・マランまとめ

雷装と回避の弱体化はあまり気にしなくてもいいかも。

戦闘開始から30秒間は、火力・雷装・回避が+20%されるけど、その後は雷装と回避のバフがどんどん減少していくという、デメリットがあります。

ル・マランの雷装値は273。

これは駆逐艦の中だと大分低い方に位置するようなので(153艦中147位らしい)、補正が下がるのは痛いけども、そもそも雷装ダメージにそれほど期待できるキャラでも無いようなので、そこまで気にしなくてもいいのかもしれない。

回避値は213で、こちらはトップ10とはいかないらしいけど、大分上位の数字(トップ値は255)

こちらも、元々回避は高めの艦船ということで、補正が下がってもある程度は踏ん張ってくれるはず……とポジティブに捉えておいていい気がする。

っていうか、数値が下がるのは避けられないから仕方がないですね。

与ダメージの高い駆逐艦をさらに強化できる。

どちらかというと、ル・マランの強みはボス戦などの頑丈な敵に対して、艦隊に組み込んだ駆逐艦全員の与ダメージを+12%出来るというところかなと思います。

ですので、高いダメージを叩き出せる攻撃型の駆逐艦をル・マランとセットにしてあげることで、もともと高かったダメージをさらに底上げすることが出来るのでいいんじゃないかと。

雷装はちょっと貧弱ですけど、火力値の方はトップ3に入る高めの数値となっているので、ル・マラン自身にも当然恩恵は大きいです。

主砲の補正値も150%と高めの設定だし、神も彼女には主砲を使わせよと仰っています。

ザックリ調べた感じだと、「138.6mm単装砲Mle1929T3」が火力が高いうえ、一度に5発同時発射なので、しっかり当てれば2発で10発達成となり、すぐにデバフを付与出来て良いんじゃないかって感じらしい。

速力はトップクラス

あと、全艦の中で現状最も速力が高く、画面を快適に走り回ることが出来ます。
なのでどっちかというとオートよりもマニュアル向けな艦かな、という気もする。

とりあえず、性能面でも結構頑張ってくれそうな艦船だったのは嬉しい限りです。

どんどん戦場で頑張っていただいて、友好度が愛になったら結婚指輪も配布してあげないとね。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題, アズールレーン

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.