アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

日常雑記 日記・備忘録

12.9インチiPadpro用Apple純正スマートキーボードの購入レビュー。使いやすくて便利だけど、ワイヤレス非対応なのと保護ケースの形状を選ぶところが少しネックだと感じました。

投稿日:

ヘイ尻!

実はiPadProと一緒に合わせてスマートキーボードも買っておいたんですよ。

というわけで本体に取り付けてさっそく使ってみたいと思います。

本体の外箱と同様、かなりシンプルな感じになっています。

かなりざっくりと商品の写真と、商品を軽く紹介する文章だけ。

いつものアップルらしいパッケージとなっています。

同梱品もいたってシンプル。

スマートキーボードと簡単なマニュアル、そして保証書だけ。

この辺もいつものアップルって感じですね。




スポンサーリンク

12.9インチiPadPro用スマートキーボードの使用感レビュー

かさばらない薄さで非常に軽い。

箱から取り出してみました。

12.9インチ用なので、決して小さくはないですが非常に薄くて軽いです。

これなら旅行用のトランクやカバンに入れてもあまりかさばらないでしょう。

持ち歩くには割と都合がよさそうな感じです。

12.9インチiPadProのカバーにもなる。

スマートキーボードはiPadProの液晶画面に多いかぶせるように折りたたんで重ねておけるように設計されています。

要するに、iPadProのカバーにもなるわけです。

スマートキーボートを本体につけっぱなしにしておきたい人のための配慮ですね。

手入れが非常に楽な設計。

ボタンは柔らかい素材で覆われていて、隙間がありません。

隙間からホコリや毛、ゴミなどが入り込んで汚れないようになっているので、手入れがしやすいです。

汚れてもサッと一拭きすれば綺麗になるんじゃないかなと思います。

あと、もちろん防水です。

キーボードの感触は軽め。

キーボードの感触はカタカタというよりはペタペタといった感じ。

PC用のスマートキーボードなどと似たような感じかなと思う。

押した感じがしなさそうだなあと思っていたんだけど、意外とペコンペコンとへこむ感触が伝わってきます。

キーの形状も中央に向かって軽くへこんでいて、指がフィットしやすいようになっているため、別段押しにくいとかそういうのは感じられませんね。

まぁ、それでもキーボードのカタカタ感が大好きな人にとっては、かなり違和感があるかもしれませんけど……。

私個人の感覚としては、それほど違和感も感じないし、悪くないかなといったところです。

ローマ字入力で日本語は打てるけど、かな文字入力は使えない。

日本製のPC用キーボードでは一般的な、かな文字の表記がされていません。

日本語の入力はローマ字で行うことになります。

かな入力しか使えないという人にはちょっと過酷かもしれませんが、まあそういう仕様なのであきらめましょう、残念だったな。

数字入力や英語入力はもちろん普通にできます。

切り替えは左下の球体のマークの付いたボタンがいわゆる「半角/全角」ボタンと同じ役割になっているので、そこを押せば自由に切り替えができます。

マグネットでガッチリ固定!

スマートキーボードは本体の電力を供給させて使う仕組みのようです。

iPadPro本体の右側に3つの丸い穴が開いていると思うのですが、キーボードはその穴に引っ付けて使います。

本体の3つの穴に対して、スマートキーボードの方には3つの突起がついています。

これを合体させるわけなんですよ。

スマートキーボードの方にマグネットが仕込んであるので、本体に近づけると勝手にガッチリとくっついてくれます。

試しにプランプランとぶら下げて揺らして見ましたが、ガッチリ引っ付いていてなかなか外れないようになっています。

さすがに力を入れて引っ張ったり、本体側を下にして揺らすと落ちてしまうでしょうけども、そんなに簡単には外れない感じにはなっています。

bluetooth非対応、ワイヤレス操作はできません。

マグネットで本体とキーボードの端子をガッチリくっつけたらキーボードの上部にあるくぼみにはめ込みます。

このくぼみにはめ込むことで、キーボードに本体の電力が供給され、キーボードの機能がオンになるようになっています。

なので、端子同士を合わせただけでは電力は供給されません。

ちなみにこのくぼみにもマグネットパワーが働いていますので、近づけるとガッチリホールドしてくれます。

うーむ……ここで気づいてしまったのですが、スマートキーボードはBluetooth対応ではないんですよね……。

あくまで本体に端子で接続して使うアイテムのようなのです。

ということは、本体から切り離してワイヤレスで使うことができないというわけなのです。

切り離して使えないということは、スマートキーボードが取り付けられるタイプのケースを使わない限りは、スマートキーボードを使っているときは本体背面を素っ裸にしたままにしておかないといけないというわけなのです。

これは私個人としては結構都合が悪いですぞ……。

こないだレビューしたケースがスマートキーボードを装備したままじゃ使えないやんけ。

自分の好きなケースに収めたままでキーボードが使いたい場合は、スマートキーボードではなくBluetoothtキーボードを買って使った方がいいかもしれません。

そっちの方が値段も安いしね。

ちなみに純正のスマートキーボードも取り付けられる背面保護ケースは9400円もします。

ちょっと足元見過ぎじゃね?

マジやばくね?

角度が個人的にイマイチ……。

キーボードなのでタイピングの時に目が疲れにくい見やすさを配慮してのこの角度なんだろうけど……。

動画やゲームもスマートキーボードをつけっぱなしで楽しみたい私個人としては、この角度の緩さは好みではないなあ。

もうちょい角度高めが好みです。

まぁ、タイピング時は非常に快適な角度かと思うので、キーボードしては大変優秀だと思います。

あくまで好みの問題です。

正面から見るとこんな感じ。

まあ、それほどガッツリ気になるほどでもないんですけどね。

重なっていてもそんなにかさばらない。

iPadProのカバーとして重ねても、スマートキーボードは非常に薄いのであまりかさばりません。

また、重さも非常に軽量なので、素っ裸のiPadProを持っている時の重さと大差ない感覚で持ち運べるでしょう。

……スマートキーボードの重量の加算が気にならないほどiPadPro本体が重いということでもある。

背面がむき出しになってしまう。

現状12.9インチiPadProにスマートキーボードを付けた状態で背面を保護できるケースはかなり限られているっぽい。

無いことはないようなのですけどね。

というわけで、現在自分も見繕っている最中です。

素っ裸のままでもかまわないという人は正直少数派だと思うので、スマートキーボード対応の背面保護ケースが少なのはかなり問題なのではないかと思う。

まとめ

12.9インチiPadPro用のアップル純正スマートキーボードは画面角度が好みでは無かったり、ワイヤレスで使えなかったりとちょっと気になる点は多々あるものの、薄型軽量で持ち運びに便利なうえ、キーボードとして使う分には申し分なく、非常に快適です。

打ち込みの遅延も、セキュリティキー入力画面のような頻繁に読み込みや立ち上げ動作が発生するような局面でもない限り気になりません。

メール文章を打つ時など、素早いタイピングでもきちんと入力カーソルがついてきてくれます。

スマートキーボードを接続したままでも使える背面保護用のケースさえあれば、液晶画面の保護カバーとしても機能してくれるでしょう。

まぁ、普通に使えるなかなか高性能なアイテムではありますが、それでもちょっと17800円という値段は高すぎやしないかとは思う。

もうチョイ安くても良かったのではないかなって感じ。

12800円とか15000円とかね。

あとねえ、純正の背面保護ケースに9400円ってのも足元見過ぎなんだよなあ……。

買わせる気があるのかないのか。

まぁ、純正にこだわらないとか、とりあえずタイピングできればなんでもいいやってんならBluetoothキーボードでも買って使った方がリーズナブルではあると思います。

私個人としては、メール文章うったりブログ更新したりするときに使う分には大変快適なので、末永く使っていきたいところではあります。

そのためにも、もう少しリーズナブルな価格で背面保護ケースを探さないとな……。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-日常雑記, 日記・備忘録

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.