食べ物の話題

【ゆでたまご】キューピーの味付たまご料亭風は、マヨネーズの酸味がほのかに薫るのみであった。

ドラッグストアの食品コーナーで安売りされてた、キューピーの味付たまごを買ってきました。

卵は一日にMAXで2個まで、という僕個人の鉄のルールにのっとって5個入りの内、残った3個はタッパーに入れて冷蔵庫へGOです。

料亭風って言うのがどんな感じなのか気になる。

つゆを捨て過ぎた件。

やっちったよ。

保存用につゆを残すの忘れちゃいました。

浸かるくらいの量が欲しかったけど……まあ、しょうがない。

袋の底にほんの少し残った分だけでも、入れておくとするか。

んで、早めに食べきろうと思います。

マヨネーズ的なすっぱさ。

身が茶色くなるくらいつゆが染みこんでいるのですが、思ったよりも薄味です。

コンビニゆでたまごやラーメンの具材用の味玉のような塩味も無い。

なんていうか、キューピーマヨネーズっぽい酸味がほのかに感じられるかな?ってくらいで、後はおおむね味付け無しのゆで卵とそう変わらない感じがする。

料亭風っていうのはもしかして見た目の事を差しているのかもね。

良く味が浸みているように見える見た目と、しっとり柔らかい仕上がりの黄身っていう丁寧なつくりのゆで卵な見た目をしているしね。

煮物などにそっと添えてあげるだけでも、料理の見た目が良くなるかもしれない。

味付け的にはラーメン具材用のゆで卵やコンビニゆで卵の方が個人的には圧倒的におススメです。

っていうか、そもそも味らしい味がマヨネーズの酸味的なものがほんのり程度にしか無かった。

多分、料理用だったんだろうな、と思う。

このゆで卵単体で美味しく食べるには、めんつゆなど、他の調味料でもうひと手間かけてあげる必要がある。

 

ちなみに食べる用に小皿に分けたものを食べずに、タッパーの中のものをつまんだことは秘密にしておいてください。

あとで小皿から一つタッパーへ戻しておきましたので。

 

そんな感じ。

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題

© 2022 電網ブルーオーシャン Powered by AFFINGER5