食べ物の話題 外食記録

【外食記録】まるみつ旅館のあん肝ラーメンをお取り寄せて作って見たら評判通りの絶品さで感動いたしました。

待ちに待ったまるみつ旅館さんの「あん肝ラーメン」がついにとどきました。

たしか2週間前に注文したんじゃなかったかな?と思います。

ちょっと届くまでに時間はかかってますけど、楽天やアマゾンなどのような輸送手段をたくさんもってるような企業ではなく、まるみつ旅館さんの公式サイトから直接注文して取り寄せる感じになるので、こんなもんかなって感じです。

んで、このあん肝ラーメンはですね。

ばかうけの記事の時にも紹介したことのある「にじさんじのB級バラエティ」の第13回で特集されていたものです。

にじさんじのB級バラエティ第13回とは。

第13回はまるみつ旅館の店主に、アンコウのことを色々と教えてもらうという回でした。

あんこう研究所なるものを作ってアンコウの有効活用の仕方を日夜研究し続ける店主のアンコウへの熱意が画面越しに伝わってくる面白くて、とっても興味深い回でして、どぶ汁やあん肝ラーメンなどの美味しそうな料理も紹介してくれています。

まるみつ旅館の店主の娘さんは、イブラヒムさんの大ファンらしいよ。

れ、レシピが入ってない・・・。

一般的には「ラーメンの美味しい召し上がり方」なる紙切れなどが同梱されていたりするものかなと思うのですが、あん肝ラーメンにはそれがありません。

よってラーメンのゆで時間や同梱物をどのように調理すべきなのかは購入者に委ねられている感じです。

……まあ、もしかすると単なるミスで本当は入っているものなのかもしれませんけどね。

で、同梱物に関して何ですが。

2人前ということで、麺とスープとあん肝の小袋が2セットずつ同梱されています。

作り方のマニュアルなんかなくてもパッと見で大体わかっちゃう感じにはなっていますので、やっぱりあえて経費削減のために入れてない説が有力なのかもしれないよね。

参考になるかどうかは人次第だけども……

こちらはまるみつ旅館をあん肝ラーメンを作っている様子を取材した坪和ひろひささんと言う方の動画で、公式のものでは無いのですが、あん肝ラーメンを実際に作っている風景を見ることができます。

スープを小鍋に移して加熱している様子や、麺を茹ででお湯をきるまでの様子、盛り付け中の様子などを見ることができますので、なんとなく作り方のイメージを補完するくらいには参考になるのではないかと思います。

これを見てもさっぱりわからん、作れんと言う方はもう、全てをミキサーに入れてミックスしたものをジョッキに注いで飲んでしまうと良いんじゃないかと思います。

スムージーをつくれば困難なことも大体解決できるって事は、リングフィットアドベンチャーの中じゃあ常識なんだよ。

お前、糸切り唐辛子って言うのか……

たまに中華料理とかラーメンなんかに添えられてる赤くずみたいなモノは何なのだろうと思っていました。

まるで”西部劇の草”こと、タンブルウィードさんのような存在です。

別に特に味もするでも無い、彩りを添えるために加えられるこの方の名は「糸切り唐辛子」と言うらしいことを人生で初めて知りました。

「ラーメン 細長い 赤い トッピング」っていうフワッとした単語で検索したんだけど、検索エンジンはちゃんとわかってくださいました。

話の分かるやつで本当に良かった。

あん肝ラーメン、すごく……美味しいです。

スープは袋に入っているものをまるっと小鍋に移してひと煮立ちさせ、麺は多めのお湯で軽くゆででざるに移して湯切りをし、麺とスープをどんぶりの中に納めたら、あん肝を小袋から出して任意の場所に添える。

トッピングは動画を見た感じだと本場のモノは小ネギ、長ネギ、糸唐辛子、ごま、わかめあたりが使われていたかと思いますので、さらにそれっぽくしたい方は揃えておくと良いと思います。

僕はネギと糸唐辛子だけにしました。

ゴマやわかめをいれると元のスープの風味がガラリと変化してしまうので、ネギだけをほどほどに入れる感じにしたんだよね。

まぁ、ネギも結構風味変えちゃうけどね……。

んで、味の方なんですけど、やはりあんこうのプロが手を加えてるってのは伊達じゃないですね。

スープ中の味噌とあん肝の溶け合い方が非常に絶妙で、あん肝の濃厚でまろやかな風味が味噌の風味によって一層引き立っている感じがします。

それでいて、生臭さもかなり控えめだし食べやすいんですよ。

何度も何度も実際に試食を繰り返し、こだわって作ったんじゃないかなあって感じがします。

トッピングの方のあん肝もクセがなく、濃厚かつまろやかなポテンシャルの高い憎いヤツ。

あん肝をスープに使ったラーメンって大分独特だし、それも面白いですよね。

面白いし美味しいって言うんだから、2食1800円に送料がついて2800円と……やや割高に感じる買い物だったかもな、と注文した直後は思ってしまった自分がいたけど、なんだかんだ言って買って良かったと思えましたね。

お店に行けば送料もかからないし、もっと安く、もっと本格的に楽しめるかと思うので、岐阜脱出して関東入りする悲願がかなった暁には、絶対に行きたいです。

いやー、これは美味いよホント。

近所だったら顔覚えられるレベルで僕が出没してると思う。

〆の雑炊は絶対にやるべき。絶対にだ!

にじさんじのB級バラエティでも、公式でも、他の人のレビューでもよく言われているけど、〆の雑炊は絶対やったほうが良いです。

ぶっちゃけラーメンで食うよりも、雑炊で食った方が美味い!すらあるんですよ。

あん肝と味噌の風味が悪魔的に米と相性抜群なんだよね……。

ラーメン喰った後でも全然食べれちゃうもんね。

お取り寄せ品って送料まで入れるとちょっと高くつくからなぁって思っていて、なかなか手が出せなかったんだけども、今後は予算を組みつつ、あん肝ラーメンに限らず、色々手広く取り寄せてチャレンジしてみようかなあと思いなおしました。

要するに味を占めたってことだよね。

そんな感じで、まるみつ旅館さんのあん肝ラーメン、マジでオススメです。

現在は受付が始まったらすぐに注文しないと短期間ですぐに完売してしまうという、満員御礼な状態になっておりましたので、購入したい場合は再販告知がアナウンスされたらすぐに注文してしまった方が良いと思います。

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, 外食記録

© 2021 電網ブルーオーシャン Powered by AFFINGER5