アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

日常雑記 旅行記録

【旅行記録】横須賀駅のヴェルニー公園で陸奥の主砲と広い海を楽しむ

投稿日:2019年5月2日 更新日:

綱島から横須賀駅へやって来ました。

2日目の予定のスタートです。

多少曇り雲がチラホラと見えてはいるものの、いまのところは晴れています。

海を見るのには丁度いい天気になってくれて良かった。

歩いているうちにまた降ってくるかもしれないけど、それはそれで仕方がないよね。




スポンサーリンク

 

意味もなく逗子へおりた。

逗子行きの終着点ってことで、滅多に来ることも無いので意味もなく逗子へ降りました。

そして意味もなく改札を抜けて、意味もなく駅周辺をぐるりと回り。

そして何事も無かったかのようにまた横須賀へ向かいました。

僕たちは、ホントに何をしたかったんだろうね。

フリー切符の効力を誇示したかっただけなのかもしれない。

そして横須賀へ到着。

横須賀駅は駅を出てすぐに海が見に飛び込んでくる、なかなかに爽やかな場所ですね。

実は三笠大先輩の横須賀散策スタンプラリーの開催地である横須賀の市街地エリアに行くには、この横須賀駅からだと結構歩かなくてはならないという事を、この後思い知らされることになるわけですが、この時はそんなことなど知らずに、母なる海を呑気に満喫していたわけですよ。

市街地エリアに近いのは横須賀中央駅なんですよね……。

お艦船様が観られます。

港に停泊するお艦船様を拝むことが出来ますね。

漁船や観光船などの商船ではなく、艦船がナチュラルにみられる港に来たのは初めてかもしれない。

さすがにゴツくてインパクトがありますね。

他にも色々な艦船が停泊していて壮観でした。

いやー、天気が良くなってくれてホント良かったよねー。

やっぱ海は晴れた時に見るのが一番キレイだと思います。

陸奥の主砲も置いてあったよ。

横須賀駅の目の前にあるヴェルニー公園には、陸奥の主砲が展示されていました。

陸奥は1921年に横須賀で建造されて、1936年に行われた砲戦能力向上と防御力改善のための大改修の際に取り付けられたのがこの主砲らしい。

一時は東京都品川区にある船の科学館に展示されていたものを、横須賀市が引き取ってここへ展示したという流れみたい。

当時の色合いに近い色で塗装を施しているそうですよ。

横須賀の市街地まで歩かねばならぬ。

前述した通り、横須賀の市街地まではここからだと結構遠かったです。

ここから歩いて市街地へ行くと、最初にぶつかるのはどぶ板商店街になります。

スカナビiからスタートしたいなら、横須賀中央駅からがオススメですね。

そんな感じで、次回からは三笠大先輩の横須賀散策スタンプラリーへ本格的に突入でございます。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-日常雑記, 旅行記録

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.