食べ物の話題 外食記録

【外食記録】信濃浅野 光陽軒のラーメンとチャーハンのセット

近所にある日興さんの大型装置が良い感じに年季はいっててカッコいい。

多分セメントとか砂利とか、そういうものをどうにかする装置だとは思う。

錆び具合とか劣化してる感じがなかなか好みです。

ま、今回はそれとはまったく関係のない、ラーメンを食べに行く話だけどね。

龍宮よりもちょっと先に歩いたところに光陽軒という中華そばのお店を見つけたので、入ってみることにしました。

看板には自家製麺、自家精米、コクと旨みの中華そばと売り文句が書いてありますね。

最初だし、チャーハンと中華そばのセットで行こう。

オーソドックスにラーメンとチャーハンから攻めていくことにしました。

メニューを見た感じ、大衆食堂的なお店っぽいですね。

麺以外にも丼ものとか、定食とか、色々頼めるみたいです。

麺には手打ちっぽい独特の食感がある。

スープは龍宮と同様に大衆中華的な方向性ですが、こっちは少し鶏ガラの風味に寄った味かなあという気がする。

龍宮のは醤油の風味に寄った感じかなという気がしています。

まあでも、方向性はどちらもオーソドックスな大衆中華ラーメンの味って感じだと思う。

麺が手打ち感のあるもっちりした感じの食感で、独特さが出ていて面白い。

軽米の小島食堂の手打ち麺ももっちりした柔らかい麺や、久慈市のらーめんの千草の手打ち麺などに似た食感かなと言う気がした。

手打ちのちぢれ面というのは、大体こんな食感に落ち着くモノなのかもしれないね。

チャーハンは若干しっとりしてる感じかもなー。

僕はこのしっとりした感じのチャーハンの方が好みなので、美味しくいただきました。

 

結構お昼時に来ると混んでいるようなので、居心地的にはわりと座れる席が空いてることの多い龍宮の方が距離的なモノも含めて利用しやすいかもしれないなーと思いつつ、気が向いたらまた来ようかなとも思いつつ。

そんな感じでした。

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, 外食記録

© 2021 電網ブルーオーシャン Powered by AFFINGER5