気になった事のメモや日々の雑記を細々と綴っていくブログ。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題 7days to die

【7days to die】針山地獄でおもてなし【a18/18~21日目】

投稿日:

クラフトならランク5のつるはしを安定して量産できるようだったので、ゴミ漁りで拾ったランク1のつるはしとはオサラバしました。

つるはしに限らず、クラフトで作った武器やツールはランク5になるっぽい。

おかげで次の探索からはランクの低い武器やツールを拾わずに済むので、レア品や素材をより多く拾ってこられるね。

鋼鉄製の武器やツールはランクが低くてもまだ作れないから、回収してきたいところだけど。

前回でミニバイクやコンクリートの量産体制が整ったという事で、今回はちょっと遠出して探索したり、コンクリートで迎撃拠点の壁を頑丈にしてみたりしつつ、21日目のブラッドムーンを目指していきたいと思います。

焼肉するならマスターシェフ。

焼き肉やゆで卵を作れるようにして食糧難を緩和しようと思いマスターシェフLv1を習得。

毎回食料が尽きるたびに探しに出かけるのも効率が良くないので、自給自足できる体制も少しづつ整えていかないとね。

とりあえず、これで焦げ肉しか作れない不器用な生活からは脱却できました。

化学実験ステーションは次に持ち越し。

薬や火薬、ガソリンなどをクラフトするために科学実験ステーションを作ろうと思ったんだけどレシピが足りない。

これもレシピを探すよりスキル「科学だぜ!」をとっちゃった方が早いかもね。

なので穴掘りでもしてレベルを上げたいところだけど、今回はブラッドムーンも近くなってきているから、迎撃拠点の強化を優先したい。

ということで、科学実験ステーション完成は次へ持ち越しです。

外壁のスパイクを2倍に増量する。

現状でもこれでもかってくらいウッドスパイクを配置している気がしないでもないけど、さらに外壁の前に2段のウッドスパイクを2列ほど追加しました。

外壁をぶち破ろうとしたゾンビをスパイクで駆逐するのです。

ブラッドムーンで出現するゾンビの数は無限では無く、進行度によって決められた一定数となっているため、とにかく数を削ることが大事。

スパイクで倒しても経験値は入らないから、本当は爆弾や弾薬を大量に用意してトリガーハッピーなプレイスタイルをとりたいんだけど、材料を用意する時間も、材料を作るレシピも足りていないので、今回も引き続き針山地獄でおもてなしです。

入り口に引き寄せる作戦、またも失敗に終わる。

ゾンビが僕のいる拠点側へ飛び移れる程度の距離まで正面の階段を近づけたんだけど、ゾンビはまったく来てくれませんでしたね……。

入り口だと認識できるルートがあれば、何処からゾンビが湧いても、まずはそこを最優先に狙って走ってくると思ったんだけどなぁ。

通路にウッドスパイクを置いちゃったのが良くなかったのかなあ。

今回は拠点の後ろ側からゾンビが出現していたんだけど、後ろ側からだと正面側の階段ルートは認識されないのか?

まぁ、大量のウッドスパイクの前にゾンビは成す術もなく全滅していったけども、正面の入り口に誘導するのが失敗したから大失敗だなあ。

次回はもっと工夫しよう。

ガラクタ砲台を投入。

画像で使ってるのはハンドガンだけど、今回はガラクタ砲台も投入してみました。

地面に設置してタレットとして使用することも出来る特殊な仕様の武器で、弾薬は鉄さえあれば簡単に量産出来てしまうのが良い感じ。

今回のゾンビの殲滅に多大な貢献をしてくれたので、次回も引き続き投入していきましょうか。

鳥よ、鳥よ、鳥たちよ……。

いやぁ……。

やっちまったよ鳥貴族。

屋根のある地帯から飛び出した瞬間、コンドルに出血を貰ってこのザマよ……。

包帯や救急キットを持ってくるのを忘れてしまったので、もうどうしようもなかった。

せっかく死なずに夜を突破できたと思ったのに、最後の最後でこれじゃよ。

次回こそはトリガーハッピー。

スパイクの包囲網もこのまま順調に増強しつつ、次回は科学実験ステーションを用意して弾薬や爆弾、回復役などの準備を始めていこうかなーって感じ。

るつぼを手に入れて鋼鉄デビューも果たしたいんだけど、レシピを探すにしてもレベルを上げるにしても結構時間がかかりそうなので、4回目のブラッドムーンまでに間に合わなさそう。

そんな感じで、戦いは続きます。

■現在の状態■
レ ベ ル :27(+5)
ステージ:38(+10)
敵キル数:540(+60)
死亡回数:9(+1)

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題, 7days to die

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.