アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題 Fallout76

【フォールアウト76】リバーサイド邸でオーダー・オブ・ミストレスの戦いの軌跡をたどる【その16】

投稿日:

スコーチ病のワクチンを作るための材料である血液サンプルを手に入れたまでは良かったけど、T型ヒューズを調達し忘れたせいでワクチンを作る機械をさせられなかったのが前回までのお話。

まぁ、そういう感じのながれですので、まずはヒューズを取りに行くのよ。

そのあとは……ファイヤーブリーザーのマディガンを探しに世界の頂上とやらを目指しても良いかもしれないなーって思ってる感じ。

ファイヤーブリーザーの足跡をたどっていけば、ずっと気になっていたワトガにもたどり着ける……ハズ。

頑張っていきましょー。




スポンサーリンク

ヒューズは鉱山百貨店にあり。

T型ヒューズは以前行ったグレッグの鉱山百貨店にあるらしい。

ここだけ何故かスッゲー遠い位置にクエストアイテム置いてあるのよね……。

面倒だから20キャップくらいかかるけどファストトラベルでちゃちゃっと言ってしまおうか。

うん、そうしよう。

ちなみにヒューズは百貨店地下にある赤い木箱のなかにありました。

ノームの置物が近くにあるので、それを目印にすると良いと思います。

というわけで、無事任務完了だぜ。

ヒューズを取り付け、晴れてワクチンが完成。

とうとうヒューズを取り付けてワクチン製造のための機械を動かせるようになりました。

結構時間かかったなー……と思い返してみると、大半はファイヤーブリーザーの訓練に消費していたような気がする。

気がするっていうか、ワクチンの材料集めはホントにほっとんど時間食ってないよな……ウフフフ。

まー、いいんですよ。

寄り道が9割、本筋なんて1割くらいにしとくのが人生楽しいんスよ。

Drクレアの最期の頼みごと

シンプトマティックという装置の中に入って自分にワクチンを投与するとクエストが完了し、Dr.クレアのボイスログが再生される。

ワクチンが完成したということをファイヤーブリーザー達にも知らせてほしいとのこと。

もし、彼らが全滅していた場合は、彼らの残した武器を使ってせめてあなたは生き残れとも言われました。

……残念ながらファイヤーブリーザーは全滅しているようなので、自身の生存を優先させていただき、彼らの残した装備を僕が回収して有効に使わせていただくということになりそうです。

とりあえず僕はこれでスコーチ病にはならない体になった……ハズです。

スコーチにならないだけで、放射能汚染からは逃れらないのだがね。

リバーサイド邸に辿り着く。

ファイヤーブリーザーの主要人物であるマディガンの消息を追って、世界の頂上なるロケーションを目指していた途中で、リバーサイド邸なる豪邸を発見。

ちょっと寄り道していきましょうよ、わくわく。

入り口に数人のスコーチがいたので先に片づけてからだな。

オリビアのターミナルからわかること

オリビア・リバーズという人物のターミナルから分かることを抜粋。

・リバーサイド家は毎年同じ場所に家族旅行へ出かけていたが、2077年のキャンプ旅行は中止せざるを得なかったらしい。

・2078年、オリビアの母はゴミを漁る浮浪者の子供を容姿にしたいと言い出し、素性のしれない子供を3人も受け入れたらしい。

・オリビアの母はオリビアたちをオーダーの一員であるとし、姉妹であると言い、階級、称号、任務、指揮系統、綱領を割り当てていた。

・オリビアの母はオリビアたちに物資の調達やデータの収集などを命令し、命令に従順でない者に対しては激しく怒鳴りつけていた。

・オリビアの母はレイダーを抑え込むべきだと主張していたが、世界はレイダーのモノと言っても過言ではないくらい彼らの勢力は強大だった。

・2086年、何かの偵察任務を任されていたクラリッサという人物が死んだらしい。

・オリビアは母の命令で3年の間に100人は殺害し、物資や情報、素材などを様々な場所を襲撃して略奪したらしい。

・オリビアの評価ではレスポンダーは弱く、B.O.S.は自己中心的。オーダーこそが何でもできる集団であり、アパラチアの征服も可能であるらしい。

・2086年、任務中にみかけたレイダーたちの中に、オリビアは昔隣の家に住んでいたブロディの姿を見つけた。

・オリビアはブロディと取引をし、オーダーの情報を流す代わりにレイダーの情報を得ていた。

・オリビアはオーダーを裏切って抜ける気でいた。

・オリビアはサマーズビルの任務でオーダーのアリソンがブロディを殺そうとしたので、彼を守るために仕方なく殺した。

・2083年、オリビアは初の単独任務を任され、シュガーグローブで見たすべてをメモし、プロジェクト・サイフォンのことを知った。

・オリビアはオーダーを抜ける目的を果たすために、キャサリン、ジャネット、サラを排除し、その後サマーズビルに集結したレイダーとオーダーを交戦させ、潰し合わせて両者を全滅させようとしていた。

・すべてが終わったらプレザントバレーへブロディと向かう予定だったらしい。

……今回は分かったことまとめが結構長くなったね。

オリビアは母親の命令でヒーローの真似事みたいなことに参加させられていたけど、嫌気がさして抜けようと思っていた。

丁度いい具合に敵であるレイダー側に昔の知人がいたので、彼を説得し、共謀してオーダーとレイダーの両方を潰し合わせて排除してしまおうとしていたよ、ということかなと思う。

ここの邸宅はなんらかの組織の秘密基地だったのかな。

もーちょい探索を続けて見よう。

シャノン・リバーズのターミナルから分かること

研究ターミナルと称されたシャノン・リバーズという人物の個人日誌用ターミナルを見つけたので、気になる部分を抜粋。

・オリビアの言っていた毎年恒例の家族旅行というのは、セネカロックでのキャンプ旅行のことらしい。

・シルバー・シュラウドという番組が始まるため、その関連の仕事が忙しくて旅行をキャンセルしたらしい。

・シャノンの夫であるフレデリックは映画に必要な技術をシャノンが学べるように最高のスタント俳優、武道家、軍教官など、必要なスペシャリストたちを次々雇っていたらしい。

・シャノンは26年間、ミストレス・オブ・ミステリーの役を演じ続けていたがシーズン8で降板となり、代役にクレア・レデルという人物が選ばれた。

・2078年、物資の補給のためにチャールストンへ向かい、その帰路でチンピラに絡まれたが、シャノンはたった一人で全員を撃退し、数人は殺してしまった。

・2078年、チンピラを撃退した母に感激したオリビアが訓練をしてほしいと希望したらしい。

・シャノンはミストレス・オブ・ミステリーの衣装をまとい、彼女になり切って避難民を救ったりゴロツキを倒したりしてヒーロー活動をしていた。

・フレデリックが邸宅のガレージで見つけたゴミを漁る孤児3人を保護し、家族として迎えたらしい。その孤児はクラリッサ、イヴ、エイミーという名前らしい。

・シャノンは3人を保護して以降、孤児の少女たちを次々と受け入れていたらしい。

オリビアの母親はシャノンというらしく、演技の練習のために学んだ様々な知識や経験のおかげで、チンピラの群れをたった一人で倒せるほどの超強いババアだったらしい。

シャノンの言い分では、オリビアは自分から強くなるための訓練を志願したらしいので、チンピラを撃退したあたりはまだ母親のことを尊敬していたけど、孤児の少女たちを容姿にし始めた時点で色々と嫌気がさしてきたって流れなのだろうと思う。

ベールをかぶると前室の隠し扉が開く。

シャノンのターミナルでリバーサイド邸の経歴を調べたら、ベールを装備して前室へ行けというクエストが発生しました。

第9回の時にチャールストン操車場で女性の遺体から損傷したベールを回収してあったんだけど、どうやらそれのことらしい。

ベールを装備して前室の壁の前に立つと隠し扉が開きました。

なにこれカッコイイ。

とりあえず中に入ってみようじゃん。

隠し扉の先は秘密基地だった。

隠し扉の奥には何ということでしょう。

秘密基地が広がっているじゃあありませんか。

オーダー・オブ・ミストレスという組織の訓練所兼アジトだったらしいです。

クリプトス・メインフレームシステムというターミナルに接続すると、組織に登録するための手続き画面が表示されたので、とりあえず適当に登録をしてみることにしましょう。

僕もレスポンダー兼兵卒兼ファイヤーブリーザー兼イニシエイトという、だんだん複雑な肩書きになってまいりましたよ。

とりあえず、まずはイニシエイトとという研修生的な立ち位置から始めてくれということで、指導役のナターシャ・ハントと合流してほしいと指示を受けました。

ナターシャはルイスバーグという場所にいるらしい。

とりあえずルイスバーグに出発する前に、もーちょいこのターミナルから情報を引き出しておきましょうか。

クリプトス・メインフレームシステムから分かること

・シャノンは女優として演技のために学んだ経験全てがサバイバル技術として役に立ったらしい。

・ミストレス・オブ・ミステリーでも想像できないようなヒーロー集団を目指して、オーダー・オブ・ミステリーを組織したらしい。

・オーダー・オブ・ミステリーはミストレス・オブ・ミステリーが示した勇気や知恵、愛する心と言った美徳を全力で体現し、自分と、互いと、アパラチアの人々を脅威から守ることを目的としているらしい。

・ミストレス・オブ・ミステリーはハブリス・コミックの漫画の中でも最も人気のあるロングランのスーパーヒーローで、超人的かつ神秘的な力は一切持たないが、自信に満ち、知恵と勇気で敵を倒すキャラクターだったらしい。彼女は単独行動が基本だが、他のハブリス・コミック作品のキャラクターとのコラボレーションすることも多く、その中でもシルバー・シュラウド(友人であり、元恋人)、インスペクター(ミステリウム!ミステリーシリーズでのパートナー)との共演が多いということらしい。

・ミストレス・オブ・ミステリーはラジオドラマであり、映像作品に登場したのはシルバー・シュラウドのテレビドラマ版が初めてだったらしい。

・オーダー・オブ・ミステリーにはランクがあり、イニシエイト→ノーヴィス→シーカー→ミストレス・オブ・ミステリー→ミストレス・オブ・ノーヴィス→ヘッドミストレスとなるらしい。

・シャノン・リバーズはウエストヴァージニアのベックリー出身のラジオドラマ女優で、夫のフレデリックは発明家兼建築家らしい。

・クリプトスはロブコの純粋なメインフレームで、戦前のトップシークレットであるDIAプロジェクトのためにカスタムされたものをシャノンの新しい訓練室用に転用したものらしい。

ミストレス・オブ・ミステリーはアメコミの人気ヒーローということらしい。

ミストレスを演じていて、誰よりもミストレスを理解しているシャノンがミストレスの活躍や思想を参考に、戦後のアパラチアに秩序をもたらすために組織したのがオーダー・オブミストレスということらしいです。

ふぁぶりけーターでベール・オブ・シークレットを作る。

イニシエイトにはベール・オブ・シークレットという装備品が支給されるらしい。

ベール・オブ・シークレットはミストレスの顔を守り、正体を隠し、判断力を研ぎ澄ませる装備らしい。毒ガスや煙、蒸気などからも守ってくれるものらしいよ。

ようするにガスマスクってことか。

ここに入るために使ったベールがまさにそれだったらしいんだけど、壊れているからファブリケーターというアイテム製造機械を使って修理してくれよって話っぽい。

ってことで修理完了です。

次はイニシエイトのホロテープで指示を確認する。

登録時に支給されたイニシエイトのホロテープを確認すると、姉妹の誰かを指導役として、オーダー・オブ・イニシエイトの一員になるための訓練を受けてほしいという指示が録音されていました。

ということで、今度こそナターシャを探しにルイスバーグへ行くとしましょう。

ルイスバーグを目指す途中で燃え盛る鉱山を発見する。

ルイスバーグへの道の途中で燃え盛る鉱山を発見しました。

名前の通り地面が燃えていて、炎に触れるとダメージを受けます。

たまたまベール・オブ・シークレットを装備したままだったおかげで無効化できたのですが、ここは有害なガスが発生しているらしいです。

とりあえずトラップが多いわりに特になにもなかったので、さっさと次へ向かいましょうか。

……

………

やっべー……なぁにあれ。

スッゲー気になる建物が見えるんですけどー。

なにあの巨大なタコ型宇宙人みたいなシルエット。

気になるけど……あそこに行くのはまた今度だな。

寄り道の寄り道の寄り道になってしまうからね。

あまり寄り道を重ねると、テキスト的にも見づらくなってしまう。

それは非常によろしくない。

ルイスバーグ駅でアイテム整理をする。

駅があったので、とりあえずジャンクを収納箱に預けて整理し、使わないものは取引プロテクトロンに売ってしまいましょう。

重量が軽くなったので、またいっぱい素材が拾えるぞい。

ルイスバーグにはフェラルグールがいっぱいだね。

ルイスバーグにはフェラルグールがたくさんうろついていました。

さすがに汚染度の高い土地に来ただけあって、敵のレベルも15とか22とかちょっと高めで焦りましたが、戦ってみると普通に倒せる強さだったので助かった。

と、ルイスバーグに到着してすぐはそう思っていました。

光る者さんがついに登場したよ。

余裕ぶっこいてたらシリーズお馴染みの光る者さんが出てきました……。

近寄られると物凄い速度でRAD値が上がっていく、あの光る者さんがついに降臨しましたよ。

しかもレベル40ってかなり強いよ……この人…。

この先にナターシャがいるため、倒しておかないとゆっくり捜索も出来んということで試しに殴り掛かってみたら案の定結構硬い上に、RAD値ゴリゴリでHPの最大値があっという間に押し下げられてしまい、負けてしまいました……。

しょうがないので復活地点まで引っ張ってから、何度も死に戻って倒すというズルをして処理しました。

まぁ、勝てばいいのよ勝てば。

うん。

ナターシャはすでに死んでいた。

ナターシャはレイダー達の動向を調査するためにルイスバーグに来ていたらしいけど、ここで死んでるってことは存在と居場所がバレて殺されちゃったのかもね。

とりあえずナターシャの遺体から彼女のIDを回収しておきました。

ルイスバーグ案内書のターミナル

・屋上庭園が完成し、花や農産物にかこまれながらふれあいの時間が楽しめるようになったらしい。

・ルイスバーグには天候によって汚染灰が降り注ぐため、ガスマスクの携帯は必須だった模様。

・レイシー・マリナという人物がセレニティロード美術館で展示を行う予定だったらしい。

・どうやら町は春のガーデンフェスティバルを行っている最中だったらしい。

町のいたるところに市場やのぼりが上がって浮かれ気分な雰囲気だったのは、ホントにお祭りイベント中だったからみたいです。

というかガスマスクが必要なほど汚染灰が降るんじゃあ、花や農産物もそんなに綺麗に実らんのではないだろうか……。

屋上庭園でレイダーの遺体を発見。

屋上庭園探索中に男女のレイダーの遺体を発見。

女の方は分からんかったけど、男の方はケリーという名前らしい。

遺体の近くにあった「簡単な獲物」というメモには、ルイスバーグの人たちが街の活性化のために築いた空中庭園を狙撃に利用して、下にいる住人たちを皆殺しにしてやろうというロクでもない計画が書かれていました。

あと、探索ログその10の時に監督官のc.a.m.p.の収納箱に入っていたブロディからケリーへ送られた手紙と同じものが置いてありました。

ブロディの言う、女達というのは監督官のことではなくオーダー・オブ・ミストレスの構成員の女性たちを刺していた言葉だったわけですねえ。

女たちの一人がそっちへ向かった……というのが、ナターシャの事を指していたのでしょう。

んで、その情報をブロディに教えたのがオリビアというわけですね。

うん、集めた情報がつながっていくと気持ちがいいですねー。

ナターシャのIDでログインしちゃう。

ルイスバーグでの目的は果たしたのでリバーサイド邸の秘密基地へ再び帰還。

さきほどナターシャの遺体からパクってきた彼女名義のIDを使ってログインします。

そして、僕をイニシエイトからノーヴィスへ昇格させても問題ないという報告を流すという、我ながらあくどい手段を使っちゃうのですよ。

恐らく生存者なんて誰もいないだろうし、バレることは無いって寸法よ……うふふ。

オーダーの構成員リストを閲覧する。

そういえばオーダー・オブ・ミストレスの構成員リストがクリプトスの中にあったけど、確認してメモするのを忘れていたのでとりあえず抜粋。

□ヘッドミストレス
・シャノン・リバーズ

□ミストレスオブ・ノーヴィス
・イヴ・ダヴワー

□ミストレスオブ・ミステリー
・キャサリン・アダムズ
・サラ・バーネット
・ティアナ・シェヴレル
・ケイリー・エヴァンス
・ルシア・ヘインズ
・ナターシャ・ハント
・イヴリン・ジャクソン
・アリソン・ロング
・ヴァネッサ・リチャーズ
・オリビア・リバーズ
・アラーナ・ロデリック
・エイミー・トーマス
・ジャネット・テイラー
・アイリーナ・ザカー

□シーカー
・イザベラ・コール
・マデリン・ジラード
・ローラ・ハーディング
・キアナ・ハウエル
・ブリアナ・リオン
・レイチェル・ウエスト

□ノーヴィス
・コラ・ベルモント
・シドニー・エリス
・ジョハナ・ジョンソン
・アンナ・ペレツ
・ブリジッド・リーヴス
・ソニア・ライランド
・バイオレット・トーマス

□イニシエイト
・アレクシス・ベルモント
・ゾーイ・エヴァンス
・ジャスティン・シルヴァ

□テクニカルスペシャリスト
・フレデリック・リバーズ

すっげー。

30人以上もメンバーがいる大きな組織だったのね。

副官は娘のアリソンではなく、最初に引き取った孤児のイヴに任せていたのか。

まぁたしかに娘と言えど、命令違反や反抗的な態度が目立つ人間に副官は任せられんよな……。

そういえばキャサリンやジャネット、アリソンなどは死んでいるのにリストに名前が掲載されたままだけど、クラリッサだけはリストから除外されているんだよね。

一度クラリッサが死んだ直後に名簿の更新があったけど、そのあとはもう戦いが激化してオーダーが全滅したから、誰も更新する人がいなくなったよって流れなのかもしれない。

ノーヴィスに昇格してガーブ・オブ・ミステリー獲得

ノーヴィスに昇格するとガーブ・オブ・ミステリーという胴装備が貰えました。

ガーブ・オブ・ミステリーはミストレスの正装で動きやすく、高いステルス性と素早さを高めてくれるものらしい。

残念ながら僕はレベル19なので、レベル25からの装備であるこやつを装備することが……できないッ……!

次回も立派な姉妹になるべく頑張るぞい。

ファントム装置にブレード・オブ・バステト、ボイス・オブ・セト……。

中二病くさいネーミングの装備品を作るための材料を集めるために、次は各地を走り回ることになるようです。

確か開始時点ではマディガンの足跡を追って世界の頂上へ行こうとしていたはずが、目的地までの道のりを3分の1も消化せずに道草プレイへ突入である。

まー、このオーダーの物語も結末が非常に気になるので、とりあえず始まっちゃったからにはまずはこのクエストを走り切ってからマディガンに会いに行こうと思います。

すまんマディガン。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題, Fallout76

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.