アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題 Fallout76

【フォールアウト76】サットンにある監督官の自宅へ突撃した後、モーガンタウン空港へ向かう旅【その10】

投稿日:

結局数回にわたって探索を繰り返したものの、山岳のギャングはついに見つけることが出来ませんでした。

もしかするともっと遠くの場所に住処があるかもしれないので、一度探索は終わりにすることにして、次はサットンにあるという監督官の日誌エントリー2を探しに行きたいと思います。

以前行ったことのあるところだから、ファストトラベルでサクッと行けちゃうけど、徒歩で向かって途中にあるロケーションでアイテムを拾いながら行くとしましょう。

気を取り直して、無限の彼方へさぁ行こう。




スポンサーリンク

サットンの周辺ロケーションを探索しつつ、北上してモーガンタウンへ向かう。

今回は監督官の日誌エントリー2を回収するためにまずはサットンへファストトラベルで向かいます。

そのあとは周辺……とくにマップ上の右側方面に未探索のロケーションが複数存在するようなので、その辺を回る感じ。

一通り回ったら、北上してモーガンタウンへ向かう。

多分時間的にモーガンタウンの探索は次回へ持ち越す感じになるんじゃないかなーと思います。

監督官のC.A.M.P.でケリーの手紙を見つけた。

アイテム整理のために監督官のC.A.M.P.に立ち寄って、監督官の保管庫の中にリスポーンしたアイテムを回収しようとフタを開けると、そこには以前は無かったと思われる、ブロディという人物がケリーという人物へ送った指令書が入っていました。

女達の1人は木曜にそっちに行くから、ビッグベンドにいるチャーたちに応援が必要なので知らせてほしい。

ルイスバーグで張り込みをして待ち伏せをし、狙撃ポイントから反撃をする隙も与えずに殺せ。

……という内容の手紙でした。

女達ってのは誰のことなんだろうなあ。

監督官も女の人っぽいし、監督官とその仲間たちってことなのかなー。

サットンで見つけた監督官の日誌。

サットンの廃屋の一室で監督官の2つ目の日誌を回収しました。

恐らくこの廃屋が監督官と両親がかつて過ごした家で、日誌の置いてあった場所は監督官の自室だったのでしょう。

監督官は居間でラジオを聴きながらテストの採点をする父の姿を懐かしんでいるようでした。

採点をしていた……ってことは父親は教師だったってことなのかな。

次はどうやら監督官の母校である、モーガンタウンのハイスクールへ向かったらしいです。

モーガンタウン……ってことは、日誌を追うついでに街から空港の方へ向かえばメインシナリオも進めることが出来ますねえ。

タイガート水処理場はロックされていて入れなかった。

タイガート水処理場の入り口はどこもロックされており、フェンスや高い壁によって上からの侵入も不可能と言った形で入れませんでした。

ロックされているだけらしく、解除さえすれば入れるらしいんだけど、多分なにかのイベントを解決しないとダメなノリなんじゃないかなーと思う。

ひとまず、周辺探索だけすませて、ここは後回しですなあ。

エイミー・ケリーのターミナルから分かること。

タイガート水処理場の敷地内にある小さなトレーラーハウスの中には、エイミー・ケリーという人物の個人ターミナルが設置されていました。

端末に記録されていた彼女の日記や通信ログから分かったことをまとめると……

・エイミーは山小屋に一人で暮らしながら、スコーチの汚染の形跡がないか環境をモニタリングしていた。

・エイミーにはジェフというレスポンダーの恋人がいて、一緒に研究プロジェクトに取り組んでいる。

・エイミーはレスポンダーから仲間にならないか誘われていたが、一人の方が都合が良いため拒否していた。

・B.O.S.がレスポンダー達のところへ何度も現れて補給品を要求していたらしい。

・口を滑らせたレスポンダー本部の人間から、B.O.S.はエイミーの環境観測プログラムのことを知り、レスポンダーたちを脅してでもその情報を聞き出そうとしていたらしい。

・住居の近くまでB.O.S.の追手が来ていることを知り、エイミーは別の場所へ逃げた。観測プログラムは誰もいじることが出来ないようにロックし、ポータブル機器で遠隔通信できるようにしたらしい。

・エイミーはジェフに初デートの場所であるカウスポット乳製品製造所で落ち合おうとしていた。

…ということで、クエストでエイミーを探すことになったので、カウスポット乳製品製造所へ行ってみるとしよう。

あと、ちょくちょくマリアという名前がログの中に登場してたけど、これは多分モーガンタウンから緊急通信で救援を送ってきていたマリア・チャベスのことなのだろうと思います。

エイミーは死んでいた。

エイミーはカウスポット乳製品製造所の小部屋で既に死んでいました。

髪の毛がまばらに残されているかわいそうなハゲかたをしているのですが、多分B.O.S.にやられたというよりは、逃げ込んだ直後にフェラルグールに襲われて引きちぎられたって感じなのかも。

彼女のメモがそのままポケットに残っていたり、水処理場のロックが解除された形跡もなかったってこともありますしね。

ジェフと初デートに来たという時点で、既にこの施設はエネミーの巣窟だったっぽいし。

彼女のメモによると、タイガート水処理場のプログラムターミナルのパスワードはBABYLONらしい。

再びタイガート水処理場へ戻り、手に入れたパスワードで彼女のターミナルにアクセスすると……

・エイミーのプロジェクトは、指定地域の土、空気、水のサンプルを収集する環境センサーを設置して、スコーチビーストやスコーチクリーチャーとの接触によって地域環境に潜在的な悪影響が出ていないか判定するというものらしい。

という情報が出てきて、3つの観測地点から観測記録を保存したホロテープを回収してこいというクエストが発生したんだけど、一か所大分遠くて周辺探索という趣旨からおもいっきり脱線してしまう場所があったので、残念だけどこのクエストはまた後日に追いかけることにするしかないか。

まぁ、カウスポット乳製品製造所の謎のネームド死体の正体が分かっただけでもちょっとスッキリしましたし、良しとしましょう。

ホワイトパウダー・ウィンタースポーツで冬用品が回収できる。

ホワイトパウダー・ウィンタースポーツではスキー板の合板やスノーウェアなどが回収できるようでした。

スノーウェアは思ってたのと全然違っててスゲーダサい服だった……むねんです。

スキー板の合板なんて何に使うのかわかんないけど、必要になったらここへ来ればまず間違いなさそうです。

世界の頂上ラジオを聴く。

ホワイトパウダー・ウインタースポーツは世界の頂上ラジオの配信エリア内なので、そこへチャンネルを合わせて見ました。

レイダーのローズという人物が、アパラチアの全レイダーに対して、聞こえていたらプレザントバレーの世界の頂上まで来て自分を手伝ってほしい、というラジオ放送を流しているようでした。

以前ハンターロッジで見つけた日誌に書かれていたイカれた女の放送というのはもしかしてこれのことかなあ。

今回の探索エリアからは離れているから、行くのは後回しですなあ。

中継タワーHN-B1-12で出来ること。

フラッドウッズ監視地点の近くにあった中継タワーに行ったときは分からなかったのですが、どうやらフェラルグールなどのエネミーを倒すことで手に入る「アメリカ政府補給申請」というホロテープを中継タワーの内部に設置されているターミナルで再生すると、補給物資の申請が出来るらしいです。

申請すると、その直後に指定地点に補給物資が投下され、補給物資を回収するクエストが発生するっぽい。

なるほど、こうやって投下されてたのね。

7DaystoDieみたいに、一定間隔でランダムな場所に投下されていると思っていました。

試しに一つホロテープを突っ込んだら、ホワイトパウダー・ウインタースポーツのあたりにちゃんと投下してもらえましたよ。

いいものは入ってなかったけどね。

ホライゾンズ・レストには近づけない……

ホライゾンズ・レストは多数のスーパーミュータントが守っているので、現状の装備や状態では突破は厳しいですね……。

ショットガンや万能斧、釘バットでさえ彼らにほとんどダメージが与えられないので、囲まれたら一巻の終わりである。

悔しいけど今回は探索はせず、見つかる前に速やかに次の場所へ移動です。

グレッグの鉱山雑貨店

グレッグの鉱山雑貨店の入り口は最初ロックされていては入れないようになっていましたが、裏側から入れるようになっていて、中の事務机の上に置いてあった鉱山雑貨店のカギを使ったら開けることが出来ました。

情報などが記録されているであろうターミナル端末などはハッキングスキルが足りなくて閲覧できず、残念ながら今回は特に収穫無しです。

なんだかよくわからんが裏の小屋の壁をブチ破り、雑貨店へ向かって地下道が掘られていました。

そこを通って雑貨店の中へ入れたわけなんですけどね。

穴の前につるはしを武器にして争ったか、あるいはつるはしを手に襲撃者と戦ったのではないかと思われる死体が二つありました。

片方は椅子に座ってる状態でつるはしのピック部分が胸に刺さって死んでて、もう片方は壁をブチ破って作った穴の入り口に倒れている感じ。

椅子に座っている遺体の足元には銃が置いてあったので、多分椅子に座った人物の方がもう一方を銃で撃ち、撃たれた方が最後の力を振り絞ってつるはしを放り投げて反撃したら、運よく急所に命中して銃を持った方も絶命……痛み分けで二人とも死亡って構図なんじゃないかなと思う。

なんだか不思議な死に方ですなあ。

モーガンタウンへ到着。

ふー。

とりあえずモーガンタウンへ到着いたしましたので、今回はここまでにいたしましょう。

次回はモーガンタウン空港へ行き、レスポンダーのマリア・チャベスとの合流を試みたいと思います。

モーガンタウンハイスクールで監督官の日誌エントリー3も回収しないとね。

周辺探索もできればいいけど、次回はメインクエストが進むので、情報整理だけで時間が終わりそう。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題, Fallout76

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.