アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題 Fallout76

【フォールアウト76】ヌカ・コーラ工場で放射性物質とヒ素が材料に使用されている衝撃事実を発見する【その8】

投稿日:

ぶんぶん、はろーアパラチア。

前回はエリア88B周辺の山々をギャングを探して歩いていたわけなんですけど……

気が付いたらいつの間にか南下しててニューリバー渓谷橋を渡って川の向こう側まで行ってしまいました。

結局ギャングの施設らしきものは見つからず、変わりに「ある場所」とか「あの取引」とか場所や行動を伏せたお約束の意味深なセリフが多数飛び交い、未解決の謎をどんどん増やしてくれました。

何してくれてんのこのやろー。

まぁ、増えてしまった謎もついでに解決しつつ、今日も元気にギャング探しです。




スポンサーリンク

 

今回は川向こうの山岳地帯を探索する。

前回うっかり橋を渡って南下してしまったついでということで、ちょうど良いから南側の山岳地帯を探索しよう、という方向で動くことにしました。

ギャングの居場所が見つからない場合は、多分時間に余裕ができると思うので、その場合は山岳周辺のロケーション探索を行う、という感じにしよう。

うん、そうしよう。

キャンプ・アダムスにそそりたつクマの像

キャンプ・アダムスはカッコイイクマの銅像が置いてあるくらいで、別段怪しいものは……なかったかなーと思います。

oh、シャケノベイベー……。

あんまり興味は引かれなかったけど、アメリカパイオニアスカウトという組織が資金集めや方針などを記したハンドブックの切れ端がところどころに落ちてたので一応拾っておきました。

キャンプ・アダムス監視地点で周辺を確認した。

目の前にキャンプ・アダムス監視地点があったのでこっちものぼっておこう。

監視地点ということは、展望台から遠くを見てロケーションをあぶりだせるってことですなー。

何も見つからなかったけど、これが出来ただけでもキャンプ・アダムスに来た価値は十分あったかもね。

……今回は見つけてないロケーションが……10か所以上……!

大豊作だね。

でもギャングがいそうな建物はなさそうかも……また外れかなあ。

シルヴァ農場でフリーステイツの情報を得る

シルヴァ農場は序盤で僕に万能斧をもたらしてくれたあのアークトゥース・ファーマが管理している農場らしい。

ビーンストーク計画というものを推進していて、ここでは化学物質の有効性を評価することを目的とした研究をしていたみたい。

ここで得られたデータはビーンストーク計画研究所へ送信されているそうなので、そこへ行けばこの計画の全容もわかるかもしれないですねえ。

一応手掛かりをメモしておこう。

・4月……5月の試験開始用にファーマボットJD-7Eが試験場014にインストールされる。

・5月……Low-Z-anoという薬剤を過剰散布した結果、収穫高にマイナスがでる。

・6月……地元の子供たちがJD-7Eを襲撃し、装飾シール数枚分の損害を受ける。

・7月……JD-7EのスプレーノズルのAgg-Eに子供たちが触れてしまい治療が必要な症状に陥る。

・8月……例の子供たちが死亡、子供の家族に金を払って万事解決。収穫高も好調で実験は成功している。

・9月……小屋から装備が盗まれる。米国からの独立を宣言したフリーステイツの仕業かもしれない。

これは、シルヴァ農場のターミナルに記録されていたログですね。

フリーステイツってのはまだ登場してきていない組織ですなあ。

今後どこかで会うことがあるのかもしれない。

ちなみにしっかりアークトゥス・ファーマのロゴの書かれたタンクが農場内に置いてあるので、ここが関係施設であることは明白です。

戦後に誰かが置いていったものなのか、バターカップに麦わら帽子のテディベアがまたがっているオブジェを発見。

こっそり物の陰になっている場所に置いてありました。

こういうさりげない演出は大好きです。

ビリングス農場もワークショップがありました。

ビリングス農場はワークショップが設置されていて、所有者がいない場合はキャップを支払うことで新たな所有者になることが出来ます。

農場だけに食料や水のパラメータが高めのロケーションって感じですね。

この農場はシルヴァ農場のすぐ隣に建てられていることから、もしかすると提携農場のようなものだったのかもしれません。

もしくは家族経営か。

ここにもギャングの手掛かりは……ないね。

カナー群墓地にある謎の邪神像

カナー群墓地にはフェラルの群れがいるだけで、めぼしい情報も資源もあんまりなかった印象です。

教会の祭壇にバフォメット的な邪神像が祭られていたり、二階の物置に串刺しにされた骸骨がいたりしたところから、邪教信仰の類で生贄の儀式や密告者の処刑などをちょくちょくやっていたのかなーと推測します。

ここのグールからたくさんRADアウェイが貰えたので、放射能対策はしばらくバッチリな感じでいけそうです。

オハイオの川沿いアドベンチャーには浮き輪がいっぱい。

オハイオの川沿いアドベンチャーには浮き輪がいっぱい落ちてるだけ……です。

武器のワークベンチが近くにあったのでとりあえず片っ端から拾って解体しておきました。

今回は結構情報的な収穫が少ないですねー……とりあえず次行ってみよう。

桟橋のところになんか絵になる骸骨がいたので記念に撮影してみました。

ルイス&サンズ農業用品でスイカ拾ったよ。

ルイス&サンズ農業用品店は大量のプランターやスイカ、トウモロコシが手に入りました。

でも、ここも情報的な収穫は無かったですね。

ケミストリーステーションで拾ったものを解体して、スタコラサッサですなー。

カナー・ヌカ・コーラ工場もやはりロクでもなかった。

今作でもヌカ・コーラ関係施設が登場しているようで何よりです。

放射性物質系の材料が拾えるので、必要になったらここに拾いに来ると良いかもしれない。

弱めのフェラルくらいしかいないから、ご機嫌な万能斧で一刀両断すれば楽勝だしね。

ロックピックスキルが足りなくて開けられないトビラとかがあるので、後でまた調べに来ないといけない感じ。

工場内のターミナルをハッキングして開放すると、作っていた製品の製品ステータスを閲覧できました。

・ヌカ・コーラ・クアンタム……NCB02-A6A1、コードネーム:アシカ、合成コスト削減のためSr-85をSr-90に変更。

・ヌカ・コーラ・ブラック……NCB02-A6A1、コードネーム:セイウチ、コーヒーベースをデキストロアンフェタミンに変更。

・ヌカ・コーラ・オレンジ……NCO-022R、コードネーム:オットセイ、フレーバーのベースにブランデーを使用。微量のアーセニックで後味を軽くする。

・ヌカ・コーラクォーツ……NCQZ-DR43、コードネーム:怒ったビーバー、クオーツに見えるように溶けない砂糖の粒を加える。

クアンタムとオレンジは見かけたような気がするけど、クォーツとブラックはまで見てないかも。

見かけたらどんな色なのか拾って確かめないとね。

ちなみにSr-85とかSr-90っていうのはしれっと何気なく書かれているけど、ストロンチウムのことで、いわゆる放射性物質だと思われます。

あと、アーセニックはヒ素のことですので……後味軽くするっていうか、普通に死ぬぜコレェ……。

ヌカ・コーラに放射性物質が使われていることはシリーズを通して語られていることではあるのですが、まー……今作のカナー工場もロクでもないですなー。

国民の多くが愛飲している飲料に、放射性物質がコッソリ入ってるんだもんね、怖いね。

あと、クアンタムのコードネームや製品コードがセイウチと同じものだったり、怒ったビーバーが起こったビーバーになってたりしたけど、これは多分翻訳時の誤植だと思われる。

マーカス・テイラーという人物が、休暇を取ってワトガへ家族に会いに行く旨を記した連絡文書も見つけたので一応拾っておきます。

もしかするとワトガへ行ったとき、彼の遺体を目にすることになるのかもね。

ギャングはここにもいなかったね。

ギャングは今回も結局見つかりませんでした。

あとは山岳っていうか、地図上の監督官のC.A.M.P.の左側の方に山脈みたいになっている地帯があって、そこが最後の候補地なのでそこへ向かうって感じかなあ。

そこでもなければ多分もう遠くの別の地域ってことになるので、後回しにして監督官の個人日誌を探しにサットンへ行こうと思います。

そのあとのプランは……その時また考えるさ……。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題, Fallout76

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.