アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題

【フォールアウト76】監督官のC.A.M.P.周辺探索中にスコーチの凶弾に倒れる。【その2】

投稿日:

Vault76周辺にある北カナー監視地点以外のロケーションは概ね探索したと思うので、次はメインクエストに沿って監督官のC.A.M.P.を目指します。

今度は監督官のC.A.M.P.に拠点を移してその周辺の探索を行っていこうかなーと思っています。

マチェット以外のまともな武器も今回は見つかるといいなあ。

スコーチやスーパーミュータントは銃も多用してくるので、気づかれないうちにステルスキル出来るくらいの火力の銃も欲しいところ。

もしくは多少被弾しても痛くないように強い防具か。

まぁ、ここであれこれ考えてても空腹ゲージが上がるだけだし、とりあえず行くか。




スポンサーリンク

 

まずは監督官のC.A.M.P.を目指す。

今回は監督官のC.A.M.P.を中心に探索する予定なので、兎にも角にも監督官のC.A.M.P.を目指さねば話は始まりませぬ。

Vault76からは少し遠いけど、目的地付近は前回の探索中に踏み込んで状況を確認済みなので、まあ大体把握できてる感じです。

途中、密造酒業者の小屋、ギルマン製材所、孤立したキャビンを通るので、ついでに木材や物資を拾っていきます。

今作はドロップ品が結構早いテンポでリスポーンするっぽいので、探索済みのロケーションもたまに様子を見に行ってあげないといけないとね。

いいものが見つかるかもしれない。

今回は大量の木片とティックからスティムパックが5本くらいドロップしました。

スティムパックがいっぱい手に入ったのは幸先が良いな。

監督官のC.A.M.P.へ到着。

監督官のC.A.M.P.へ到着しましたが、監督官の音声の入ったホロテープが残されていただけで監督官は既に立ち去った後でした。

先発した監督官は自分のC.A.M.P.を設置したまま放棄してフラッドウッズという場所へ向かって行ったらしい。

今のところ自分たち以外の生存者は見つかっておらず、危険な生物や過酷な環境に身をさらされることとなるVault76の住民達のために自分のC.A.M.P.を残し、生存者たちが安全に暮らせる拠点を探すために行動するとのこと。

フラッドウッズで合流しましょうという次の指示を貰ったので、次はそこへ向かうって流れになったわけなんだけども。

まぁ、前回同様にこの周囲のロケーション探索をしてから向かうって感じにします。

自分のC.A.M.P.をは設置するけど……

うぉ。

自分のC.A.M.P.を再設置するときにはキャップがかかるんですねえ……さっきティックの腹から手に入れておいて良かった。

今回は監督官のC.A.M.P.にクラフト設備や倉庫用コンテナがすでに置かれているので、そちらをありがたく使わせていただくことにして、その近くにファストトラベル用に端末装置だけを設置しておくことにしようと思います。

今作はファストトラベルにもキャップがかかるのですが、自身のC.A.M.P.へ飛んだり他のプレイヤーのいる場所へ飛んだりする分にはキャップはかからないらしい。

というわけで交通費節約のための設置って感じになります。

アークトゥス・ファーマで意味不明なボイスログを拾う。

アークトゥス・ファーマで「テストログ2078年3月12日」を発見。

なんらかの生物実験を行っていた女性研究員のボイスログなんだけど、放射性、化合物、皮膚病などの意味深な単語は飛び交うものの、何を研究していたかは不明でした。

なんとなくフェラルグールやスコーチの研究を人体実験をして研究していたんじゃないかなーとは思うんだけど、よくわからん。

ハッキングスキルが足りなくて開けられなかった扉もあるし、ここがどういう施設なのかも不明のままですので、まぁそのうちまた調べに来ることにしましょうか。

そんなことよりフェラルグールから近接武器の万能斧が手に入りましたよ。

使ってみたら結構強力だったので、コイツはどんどん活用していきたいと思います。

ごきげんだぜェー。

ヘルヴェディアでスコーチの群れに3度殺される。

ヘルヴェディアにはスコーチの群れと変なポーズをした人間像がいっぱいでした。

1体目のスコーチを相手にしているうちに、5体も6体もワラワラと他のスコーチが出てきて囲まれて死亡。

死亡地点にアイテムを回収に行ってさらに死亡。

他のプレイヤーに助けてもらって回収は成功したけど、欲をかいて奥にある建物に入ったら囲まれて死亡。

もう散々な目にあわされました。

その後も少し滞在して探索を続けたけど、倒しても倒しても湯水のごとくどこからかスコーチが湧いて出てくるので対処しきれず……。

こりゃ今回はスタコラサッサするしかありませんなぁ。

鉱員の服とかキャンペーンハットとか、数種類のファッション装備や食料品などなど……さすがに街の廃墟だけあってアイテムはたくさん拾えたんだけども、スコーチが邪魔すぎてゆっくりは探索できませんでしたねえ。

協会のような建物の中にクラフト設備も充実しているので、アイテム解体や修理には困らないと思うし、スコーチさえサクッと潰せるなら仮拠点としてもアリだよなあ。

もうちょい頑丈な装備を手に入れてからなら探索も楽になるのかなーとは思うけど、今はまだ厳しいっすね。

ショットガン持ちのスコーチに至近距離から攻撃されるのがメチャクチャ痛い。

変なポーズの像も叩くと砕けて放射能を発生する灰の塊に変化するので厄介だしなー。

この変な像の秘密も気になるんだけど、そのうちどっかでわかる日が来るのだろうか。

とりあえず、細かいシナリオフレーバーなどの探索も次回に後回しだな……。

悔しいですねー。

まぁだまだ周辺の探索は続くよぉ。

アイテムがいっぱいになってしまったので、拠点に戻って整理しなくてはなるまい。

今回は2か所のロケーションを回ったけど、大した情報は手に入らなかったね。

まぁスコーチに邪魔されてヘルヴェディアの方は半分くらい探索できてないので、次に行ったときはなんか見つかるかもしれないけど。

弾薬と薬品類、あと万能斧やファッション装備が新たに見つかったので、アイテム面の収穫は結構あって良かったとは思います。

アーマーの作成素材も揃っていたので、全部位一通りそろえたし。

次はもっと上手く戦える……はず。

って感じで、次回も監督官のC.A.M.P.周辺を探索していきます。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.