アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題 白猫プロジェクト

【白猫プロジェクト】茶熊闘争祭に参加せずしてモンストコラボには行けぬ【その2】

投稿日:

世間がモンストコラボに沸き立つ中(沸き立ってんのかな)

ひっそりと世界の片隅で茶熊学園2018の後編を消化しようとしている者がいたという。

そうです。

それが私です。

先週攻略しようと思ってたけど、仕事疲れでほとんど布団から出れなかったので遊んでる時間が取れなかったんだぜ。

ということで、悔しさをバネに攻略再開です。




スポンサーリンク

 

まずはアクセサリーの集め残しを回収しよう。

とりあえず終章までストーリーは進めておいたんだけど、サブミッションやアクセサリの取りこぼしは結構多いので、その辺をまずは回収していきましょうか。

ジュダ、ルカ、ルゥシェ、リアム……半分以上回収できてないじゃーん。

拾いに行ってみるとそんなに難しい場所に置いてあるわけでもなかったんだけどなー。

とりあえず、アクセサリーの回収は無事完了ですねえ。

わんわんコヨミは元気だよ!

オッケーェェェェェェェイ!!

クエスト消化でたまったジュエルを使ってコヨミのお迎えに成功。

これは超うれしい。

スキル1で味方のSPを回復できるプランターが設置でき、スキル2でタイミングは任意で選べないものの、召喚したタローがたまにHPを回復してくれたり、攻撃力+150%と会心+150%のバフを付与してくれたりする。

火力は全体的に控えめだけど、味方のサポートが非常にお上手という愛くるしい姿にピッタリの性能な感じ。

オートスキルで移動速度が+100%なのも個人的にはめっちゃうれしいです。

僭越ながら、光の速さでモチ武器交換とクラスチェンジをさせていただきました。

可愛いは正義。

士気、資材、食料のルーンを回収する。

次は士気、資材、食料のイベントルーンの足りない分を回収していきます。

士気のルーンは12章の「茶熊闘争祭・最終種目」がブラックボールを一体倒せば終わりらしいのでそこで集めました。

耐性がコロコロ変わるし少しタフだけど、協力プレイで出てくるバージョンよりは遥かに柔らかいので倒すのは確かに手軽ですね。

資材のルーンは8章の「現場へ向かえ!」がオススメらしいと攻略サイトで紹介されてたのでやってみたけど、他の場所と比べて複雑なギミックが少ないってだけで道中はやっぱりちょっと長めでした。

ギミックは踏んで押すスイッチで障害物を取り払う……くらいの簡単な作業しかないので、確かに他のステージよりも周回しやすい……気がする。

そんなこんなで、資材のルーンを集めるのはちょっと時間がかかったのでめんどくさかった感じ。

ネタ武器の入学式の看板がボロボロ出てくるのも売却処理が面倒なので重ねてめんどかったかもなー……。

食料のルーンは10章の「アラマキ島の攻防」が一本道なのでやりやすいらしい。

やってみると、確かにひたすら立ちふさがる敵を潰して前に行くだけの簡単なステージでした。

いずれも倍書を使ってちゃちゃっと集めました。

自治会をMAX強化する。

さっき集めた3種類のイベントルーンを使って自治会をMAX強化します。

MAXにすると茶熊闘争祭でHP9000、攻撃5000、防御900がプラスされるらしい。

めっちゃ強くなるやんけ。

すごいね。

それでは、満を持して茶熊闘争祭へ参加するのですよ。

せっかく自治会をMAXにしたのだから、当然次のステップ的には闘争祭も攻略していくわけで。

斬属性、打属性、突属性、魔属性から各一人ずつチョイスして1部隊として、合計で5部隊用意しないといけないらしい。

とんでもなく初心者殺しの条件だけど、一応救済策として足りない場合は茶熊学園の登場キャラを貸し出してくれるみたいです。

僕はまぁ、一応頭数をそろえるだけの人数は揃っちゃいたんだけども……まともに使えそうなのがあんまりいないんですなぁ……。

とか物怖じしながら試しにチャレンジしてみたら、自治会強化のパラメータ補正のおかげで思ったよりクソ装備とタウンカスでもなんとかなってしまう感じでした。

HP9000、攻撃5000防御900という強化バフはぶっちゃけチートレベルの補正ですから、さすがになんとかなってしまっちゃうのかもね。

と、ナメてかかるのは大抵の場合は後悔するフラグである。

げぇ!

自治会バフで余裕なのは校庭戦だけじゃないのよォ!!

完全にナメてました。

体育館戦のしょっぱなから出てくる500レベルのモンスターを前にすると、自治会バフもかすみますなぁ……。

30回戦くらいからいい加減な編成だと結構しんどいなーって感じ。

終盤あたりは秘密兵器として連れて行った3周年アイリスとか3周年黒の王子を使っても油断するとアッサリやられそうになるー。

タウンカスなのがそろそろガッツリ足を引きずってくれてきてる感がすごい……です……。

ウミルとか連れてくるんじゃなかった……ウミルしか選択肢なかったけど。

でもなんとか中級も乗り越えられました。

校舎戦はしょっぱなから無理そうなので撤退する。

うん、無理だこれ。

しょっぱなから戦力不足で全然突破できないっすねー。

気持ちいいくらい歯が立たない。

手持ちのメンバーのクラスチェンジ状況があんまりよろしくない上に、装備もキャラの頭数も心もとないんだよねえ。

最近まともに遊んでいなかったツケがここでもバッチリ回ってきてしまっていますなぁ。

1~5戦でまともに戦えない状態だと、さすがに後半の難易度は難しいと思うので、闘争祭は体育館戦までで一旦撤退するしかなさそう。

パラメータ的に厳しい上に、HPやSPの回復量や初期値にガッツリ制限がかかっていてさらに難しい。

残念だけど、次回の参加時にリベンジということにしようと思います。

まもったらぁーい!!

ヒャッハァ!

今回はガチャ運の女神が比較的まともな仕事をしてくれているではないの。

今度はルカのお迎えに成功しましたともさ。

防御値を667に調整できればスキル2の火力を最大値の2000まで引き上げることが出来るので、石板などで防御値の調整は必須っぽい。

まぁ、僕はルカもコヨミ同様に8凸クラスチェンジの石板MAX開放するので、防御値の調整も十分に可能でしょう。

ルゥシェとアイシャも欲しかったけど、もうガチャの開催期間がこの時点でタイムアップなので、今回はもうこれ以上追いかけることはできませんなぁ……残念です。

校章のルーンの残りを回収しておこう。

えーと、茶熊2018のコンテンツで回収できそうなモノは他に何があったっけなあ。

そうそう、まだ茶熊学園の施設レベルをMAXにできるだけのルーンが集まっていなかった気がしますよ。

第一部8章の「まだまだ稽古はつづく」を周回するのが良いらしいのでそこでルーン稼ぎしてみました。

校章のルーンはどのクエストでも一律10個の入手らしく、8章のこのクエストなら簡単な敵を5体ほど倒すだけでサックリと終わるから効率がとてもいいよってことらしい。

ラストは石板とスタンプですなあ。

難易度17と19はそれぞれ一回ずつやってみたけど現状のステータス具合では適正ステータスで来ている人の足手まといや寄生虫にしかなっていなかった気がするので、おとなしく難易度13まで敷居を落として周回することにしました。

ぶっちゃけ難易度13の周回でも火力が結構たりてなくて足を引っ張っていた感があふれ出ていたような気もするので非常に申し訳ない。

でもこの難易度ならブラックボールの攻撃をうっかり受けても一撃で轟沈させられることは無いので、床に転がったまま気まずい思いをすることは無くて良いです。

一周につき大体30個くらいのイベントルーンが貰えるっぽい。

石板にMAXに必要なルーンの合計は1250個だから、必要な周回数は……42周。

42周はちょっとめんどくさすぎるので、5倍書を使って9周までコンパクトに時短してしまうことにしましょう。

ランダムボックスからスタンプやハンマーを回収しようとすると、この1250個にさらに必要数が上乗せされますから、時短しないと心が折れる。

最後に再び運の女神が僕に味方する。

茶熊キャラ抽選でついに一番推しのリリーをお迎えすることに成功する。

一番推しなのにいままで一度もお迎えに成功したことがありませんでした。

それがついに、ここへ来て年越しの悲願達成でございます。

しかもリリーの中でも一番好きなデフォルトの探偵衣装なのがさらに良い。

実はモチ武器も以前のキャンペーンの時に引き当てていたので持たせてあげることが出来るのです……もう涙出そう。

ってことで、ひとまず僕の茶熊2018はこの辺でお開きですね。

結局戦力不足で闘争祭のラストと立志編ナイトメアのラストを断念せざるを得なかったので、次回こそはコンプリートしたいところです。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題, 白猫プロジェクト

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.