アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題

【クライスタ】こころちゃん初登場なのに活躍の場がほとんど無かった件【その3】

投稿日:

エピキュリアンを倒すことで幽鬼が可愛そうな存在の魂であることを知って、倒すのがつらくなってきたんだけど、妹のヨミガエリのために幽鬼狩りの役目を続行せざるを得ない零ちゃんの戦いはまだまだ続く。

ってことで第2章進めていきたいと思います。




スポンサーリンク

 

任意シレンの開放から始まる第二章。

メインストーリーのシレンとは別に、探索用のシレンとして用意されているのがこの任意シレンらしい。

通常シレンよりも幽鬼が多く配置されていて、宝箱なども多めなので、装備やスピリットを稼いだりレベル上げをしたりするには向いている感じ。

1フロア構成となっていて、好きなだけ暴れて飽きたら好きなタイミングで帰ってくれてOKみたいな仕様になっているので手軽に潜れるのは良いですね。

でも大ボスなどは出てこないので、エピキュリアンなどの記憶を開放したいんだったら通常シレンの方へ行かないとダメっぽいです。

こころちゃんが仲間になる。

こころちゃんはアナムネシスに復讐するために悪魔と契約してシレンに潜っているらしい。

アナムネシスを探して果てのない戦いを繰り返しているそうです。

とりあえずそんな先輩代行者が協力してくれるというのだから、断る理由もない。

承諾させていただこう。

やっぱダンジョン長いわー。

前回も書いたけど、やっぱダンジョンが長くて単調なのは仕様っぽい。

敵をすべて倒さなくても先へは進めるので、パパっと進みたいなら敵をガン無視すれば攻略速度を上げることもできるため、後戻りしないことを前提に突き進むのなら別にそれほどダルくもないって感じではあるんですけどね。

初期クリア時はアイテム探し目的で踏破することになるけど、二週目からは途中の敵はすっ飛ばして進むことにしよう。

装備にはスロットもあるのか。

装備には追加能力を付与するためのスロットが備わっているものがあるらしい。

スロットがついているものをベースにしておけば、スロットのないものと合成しても、ベースにした装備の性能が優先されるのでスロットは合成後の結果にちゃんと引き継がれるみたい。

スロットは見た感じ最高で2個までっぽいので、2個付いたやつを拾ったらそれをベースにしてグレードアップさせた方がよさそうね。

こころちゃんは単体火力タイプらしい。

こころちゃんは単体攻撃が高火力のタイプらしい。

この説明を鵜呑みにするならば、多分範囲系のスキルの習得は絶望的ということなんだろう。

キャラチェン出来るようになったよ。

2人パーティになったので、十字キーで交代できるようになりました。

交代前のキャラが受けたダメージの量で交代後のキャラの火力が一定時間上昇するバフがかかるらしい。

控えに入ったキャラは少しずつ体力も回復するらしいので、ヤバい時は引っ込めて休ませてあげるのがよさそうです。

一閃の型はかなりクセが強くて扱いにくい。

こころちゃんの一閃の型はタメ動作の後に吹き飛ばし効果のある強力な一撃を放つというアーツ系のスキル攻撃。

実際使ってみるとタメ動作が異様に長く、本当に敵がスキだらけの時に使わないとタメ中に敵の攻撃を食らい放題になってしまうため、使いどころがけっこう難しい。

あと、たしかに威力は確かに高めではあるけど、タメ時間が長いというリスクに見合うだけのダメージは出ていないようにも思える。

装備によっては零ちゃんのスキル攻撃の威力と並列程度に収まってしまう。

スッゲー使いにくい。

装備やレベルアップで2倍とか3倍の威力が期待できるような状態に調整できるなら使ってもいいかもしれないけど、今の段階じゃちょっと封印せざるを得ないなあ……。

あと、モーションは豪快に大型の敵でもぶっ飛ばせそうな一撃を放っているようにも見えるんだけど、実際は重量級や地面に固定されているような敵はまったく吹き飛ばしできないので、それも加えてさらに使いどころが難しい。

裁断の刃はそこそこ使える。

裁断の刃は現時点ではこころちゃんが唯一使える遠距離攻撃として機能してくれる。

威力自体はそんなに高くないけど、混乱が思ったよりも高確率で付与できるので敵の動きを鈍らせて立ち回りしやすくすることが出来るのが良い感じ。

さすがに大ボスには効かないっぽいけど、道中の幽鬼には効くようなので積極的に使っていきたいところです。

っていうか一閃の型が使いにくいので、どうしても使わざるを得ない。

ほぼ死にスキルの防守の杭

打ち上げ効果を持つ6本の杭を自分の周りに発生させるスペル系スキル。

今回のシレンで登場する敵は一撃で死なないヤツ以外は重量級ばかりで打ち上げできない仕様となっているみたいなので、このスキルはほぼ死にスキルと化してしまう。

打ち上げどころか吹き飛ばしもできないので、実は一閃の型も死にスキルになっていたりする。

こころちゃん初登場のシレンなのに、このままだとこころちゃんのスキルがほとんど生かせないまま終わりそうな気がする。

結局零ちゃんにもどる。

こころちゃんのスキルが今回のシレンの敵とあんまり相性が良くないようにも思えるので、今回は零ちゃん主体で乗り切ろうと思いました。

零ちゃんの攻撃はスキルも含めて比較的スキが少なめなので、ダメージは少し控えめにはなってしまうけど、こころちゃんよりも安全に戦えそうです。

チェインで涙回収率がアップ。

いわゆるコンボ数稼ぎのことで、チェイン数が一定数に到達するごとに涙の回収効率が上昇するので、涙ゲージMAXの時にL1で使える理念開放が使いやすくなりそう。

守護者の追加攻撃や必殺技の使用でダメージ効率大幅アップですなー。

ってわけなので積極的にチェインは狙っていくしかない。

通話が解放。

他のキャラと会話してサブイベントを楽しんだりできる。

通話することでメインストーリーが進んだりもするみたいなので、結局は使わざるを得ない流れになるっぽい。

零ちゃんは引きこもりだったはずだけど、どんどん電話する知り合いが増えていくねえ。

ロアトルネードを習得。

零ちゃんがレベル10でロアトルネードを習得。

手前に竜巻を発生させて敵を浮かせる……らしい。

こころちゃんの防守の杭と同様に浮く前に敵が死ぬか、もしくは重量級すぎて全く浮かない。

いまのところ間に合わせ程度にしかあんまり使い道はなさそう。

もーちょい先に進めば活用の場が見つかるのかなー。

デカブツが固くてめんどくさい。

頻繁に配置されているこのデカブツ幽鬼の耐久力がけっこう高くて倒すのに時間がかかる。

要するにかなりめんどくさい。

なんかうまいこと手早く片づける方法はないものか……。

色々と記憶が改ざんされていたこころちゃん。

アナムネシスに襲われたとき、身を挺して庇ってくれた優しい恋人とお腹の中の子供の敵討ちをするために悪魔と契約して辺獄のシレンへ挑んでいたこころちゃんでしたが、若干魂から人間の姿へ復帰した際に記憶が歪んでしまっていたらしい。

恋人は子供が出来たことも喜んでなんかいなかったし、こころちゃんのことも愛してなどおらず、しつこく付きまとってくる重たい女くらいにしか考えていなかったクソヤローだったっぽい。

いつのまにやらアナムネシスに喰われた後に手下にされていたらしく、魂の回収を手伝っていたそうです。

復帰時の記憶が正確性を欠いているってのは、もしかして零ちゃんも同じ感じなのかな。

いまのところそういう節はないけども、こころちゃんのこの描写が伏線になってきそうな気もする。

カルネアデス、だるい。

だ、だっるぅ……。

後ろにジリジリ後退するように動くせいでこちらの攻撃が絶妙にかわされていく。

あたんねーあたんねーとイライラしながら距離を詰めていくと今度は中範囲程度のダウン攻撃ですっ転ばされるし、やっぱイライラさせられる。

おまけにHPもそこそこ高くて長期戦気味だしなぁ。

とりあえず守護者の追加攻撃と必殺技を駆使しながら出来るだけ早めに倒せるように頑張ってみたけど、やっぱちょっとてこずったしなー。

攻撃ルーチンは単純だけど、単純であるがゆえに長期戦がストレスになる感じですね。

クソヤローは狩ったよ。

カルネアデスはただただめんどくさい相手だったけど、心が折れる前になんとか倒しました。

こころちゃんはクソヤローとの決別を果たし、以降もアナムネシスへの復讐を継続する決意を固めて、引き続き零ちゃんの協力をしてくれるそうです。

って感じで今回は二章が終わったのでここまでですねえ。

しっかし、こころちゃんの初登場回だっていうのに、この人が大活躍できる場が全くなかったんだけど……これはなんていうか、どうなんだろう?

せめて初回だけでもチートじみたパワーで敵をなぎ倒してくれても良かったと思うのだけども。

まあ……些細なことだとは思うので、そういう作品があったっていいのかもしれないくらいのポジティブな心持ちで行くことにいたしましょうか。

またゆらり……と三章も進めていくことにいたしましょう。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.