アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題

【クライスタ】悪魔と契約してシレンを乗り越え、妹を救え【その1】

投稿日:2018年10月25日 更新日:

10月18日発売のクライスタをプレイしていきたいと思います。

異色の泣いて戦うアクションRPGらしい。

涙の粒で攻撃する妖怪道中記的な感じなのかなー。

まーやってみればわかろうものでしょう。




スポンサーリンク

 

蝶の姿でチュートリアルを行う斬新なRPG

開口一番蝶の姿からスタートすることになる。

この姿で移動の仕方やモノの調べ方なんかを教えてくれるんだけど、蝶の姿だから浮いてるし、手も足もないから大分ざっくりとしかイメージはつかめない感じ。

まあ多分、すぐに人間に戻れるのだろうからとりあえず進めていきましょうか。

イヌカレーではない。

魔法少女まどかマギカでお馴染みの劇団イヌカレー演出にも似たアニメーションカットがイベント中にたびたび挿入されるんだけど、実はコレ、イヌカレー演出ではないらしい。

ウエダハジメさんという、センス的には近い芸風を持っているんだけど、劇団イヌカレーとは別のクリエイターの方が担当されているそうです。

確かに劇団イヌカレーの芸風よりも、比較的漫画的な画風にまとまっているような感じもする。

なんか怖いこと言ってる。

蝶に話しかけるとぉ~、みんなちょぉ怖い事ばっか言うんですぅ~。

死んだ人たちの最後の叫び的なものらしい。

やっと人間になりました。

なんだかんだいって20分近く蝶のままウロウロしていた気がする。

ようやく人間の姿になることが出来ました、やったね。

景色がキレイ。

景色がとても幻想的できれい。

特に色の使い方が良いと思いました。

こういう感じの綺麗なフィールドが色々あるといいですねえ。

背後からついてくる一匹の蝶。

チュートリアル中ずーっと後ろから一匹の蝶が後をついてきていたんだけども、この蝶の正体は実の妹だった模様。

なにこの蝶しつこいしこわい!とか思ってたので気分的にスッキリしました。

妹と速攻分断される。

妹と再会した直後にデカいモンスターに襲われる。

モンスターに道を破壊され……

妹ボッシュート。

再開して速攻で分断されてしまうという残念な事態に。

そしてショックで再び自我を失って蝶へ戻る。

自分自身をハッキリと意識して自我を保っていないと、この空間では人間の形状を保っていられないらしい。

妹を救う力を求めた結果、守護者の力を得る。

妹を救えなかった無力さを悔いた結果、守護者ヘラクレイトスが顕現して戦うための力を獲得しました。

失いかけていた自我もギリギリで取り戻し、元の姿を取り戻した模様です。

んで、バトルコスチュームにちゃっかり変身しました。

アクションによる爽快感は薄い印象。

モーションキャンセルやジャストガード、ジャスト回避などの直感的かつ瞬間的なアクションは存在せず、やや動きカタめの操作性ですね。

バンバン攻撃していく爽快なアクション性と言うよりは、相手の動きをよく見て堅実に距離を測りながら攻撃を決めていく戦略的な立ち回りの方が大事そうな感じ。

アナムネシスに妹を奪われそうになる。

アナムネシスというボス格の存在に妹を連れて行かれそうになる。

アナムネシスっていうとスターオーシャンのアプリ版を思い出してしまう。

ちなみにアナムネシスと言うのはギリシャ語で記憶を意味する言葉らしいよ。

うっかり自分で妹を殺してしまう。

アナムネシスとの戦闘後にヘラクレイトスの力を制御しきれずに暴走し、うっかり妹を自分で刺し殺してしまいました。

やっちまった、やっちまったよ……。

えらいことになってしもうた。

妹を助けるために、姉は悪魔に魂を売る。

妹の魂はまだ完全に消失してはいないらしく、再生が可能と言うことらしい。

突然出てきた悪魔の二人組に一生こき使われることを条件に、妹の魂の救い方を教えてもらうことになる流れに。

この人たちはヨミガエリのために他の死者の魂を食い散らかす悪い魂を狩る仕事をしているらしいんだけど、どうやらその仕事の代行者として働けってことらしい。

でたよ。

3つの選択肢が全部同じってヤツ。

なにも会話が変わることは無いんだろうけど、せっかくだから僕は真ん中を選ぶぜ。

予想通りな感じで、どれを選んでも同じ会話になるっぽいです。

オープニングアニメはシャフトが担当。

契約イベントの後に序章が終了し、オープニングアニメが流れる。

オープニングアニメはシャフトが担当しているそうです。

作風的にはまどか☆マギカなどより物語シリーズの時の演出に近い感じだと思う。

露骨に骸骨が透ける描写が途中ちょくちょくあるんだけども、ちょっとギャグっぽく見えるのであんまりなくても良かったかもな、とは思う。

この作品はどちらかと言うとシリアス度合いが高そうだしね。

序章が終わりました。

さっくりと序章が終了したので今回はここまで。

今回はチュートリアルが終わっただけなので、ゲーム的にもお話し的にもこれからって感じですねー。

幻想的な雰囲気のビジュアルが良い感じなので、そちらをモチベーションに頑張っていきたいと思います。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.