アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

真鯛らーめん麺魚は無難に美味しいとは思うけどイマイチ鯛だしの味が活かされていないような気もする惜しい感じのカップ麺でした。

投稿日:

ひっさびさのブログ更新だね!

仕事が忙しいことを言い訳にサボりまくっていましたよ。

というわけで今回はマルちゃんの真鯛らーめん麺魚を買ってまいりました。

例によってTRYラーメン大賞らしい、2016~2017年の新人大賞部門総合一位なんだとか。

前に食べた飯田商店は2016~2017年の名店大賞部門一位でしたなぁ。

どれ程の物か、確かめていくといたしましょう。

 




スポンサーリンク

マルちゃんの真鯛らーめん麺魚濃厚鯛だしラーメンとはどんなものなのか?

真鯛らーめん麺魚は東京都墨田区にあるラーメン屋らしい。

真鯛を使うことにとことんまでこだわって作ったラーメンがウリらしい。

焼いた鯛の香りや鯛から抽出した香味油を使ったスープが濃厚でとても美味しいらしい。

うーん。

真鯛ってそんなに味濃かったっけ。

なんか私の記憶の中の真鯛の味はスゲーモサモサしてて淡白な味なんだよなあ……。

まぁ、多分食べた時の食材の質の問題だったんでしょうなあ。

そういう解釈にしておくことにします。

鯛だし以外に鶏白湯と柚子の要素がコラボレーションしているらしい。

なんとなく、鯛の味が鶏白湯と柚子の風味に負けちまうんじゃないだろうかという一抹の不安がよぎる。

ちなみに、今回のカップ麺はこのおじさんが監修しているらしいです。

こなァァァゆきィィィ。

まるで気分はパウダースノウです。

白い粉が具材を隠さんという勢いで大量に入れられています。

これは……あれか。

鶏白湯の顆粒かな。

具材は見えてる感じだとメンマとネギだけっていうスゲーシンプルな感じですね。

あと、フタに後入れの特製スープが貼られているよ!

鯛……というか魚介風味なのはわかる。

鯛の味を意識してスープをすすってみると、確かになんとなく鶏白湯的なクリーミーな味わいの中に、なんとなく鯛エキス的な風味が隠れているような気が……しないでもない。

鯛の風味って薄味でデリケートなものだった気がするんだけど、スープの味が全体的に塩っ辛いせいで大分殺されてしまっているような気が……する。

鯛風味を強調するならもう少しあっさり目のスープでもよかったんじゃないかなとは個人的にちょっと思ったりもしますが、そもそもそんなに鯛の味にこだわりがあるわけでも、詳しいわけでもないので、真鯛のプロの観点からしたらこんな感じ!ってことなのかもしれないなぁ。

あと、あとから香ってくる柚子の風味も、アクセントというよりは塩っ辛さを余計に強調する要素として働いてしまっているような印象があって、その辺もちょっと気になるかもしれませぬ。

美味しいけど、なんか色々粗があるような気もするもったいない感じの味ですなぁ。

しょっぱいのが苦手な人にはあんまり向かないかもしれない。

オススメ度:★★★☆☆(普通)

マルちゃんの真鯛らーめん麺魚は鶏白湯と柚子の風味にウリの要素である鯛だしの味が隠れてしまっている気がしてちょっと残念な印象は受けましたが、食べる分には無難に美味しいカップ麺でした。

ただ、ちょいと塩気が引き立つ風味となっており、個人的にはちょっとしょっぱいかなって感じ。

味の濃いものが好きなら多少オススメかもしれません。

前回食べた飯田商店と比べると……うーん……。

どっこいって感じかな。

新人部門1位!という期待感をあおるキャッチコピーを背負うにはちょいと物足りないかもしれない。

そんな感じでした。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.