アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

日清多賀野ごまの辛いそばはゴマとラー油の風味にほんのりとした辛さと魚介だしの風味がアクセントになっているマイルドで食べやすい味の非常に美味しいカップ麺でした。

投稿日:

日清東京の行列店多賀野ごまの辛いそばを買ってきました。

ごまの”からい”そばです。

ごまの”つらい”そばではありませんよ。

いや、ゴマの味が食べていてつらいかどうかは食べてみるまではわからんよな……。

ほんとにつらいかもしれない。

食べていてつらいと感じる食べ物を商品化するものなのだろうか。

これは、さっそく確かめて見る必要がありそうです。




スポンサーリンク

日清多賀野ごまの辛いそばとはどんなものなのか?

多賀野ってどんなお店なの?

多賀野は東京都品川区中延にある中華そばのお店らしい。

⇒中華そば多賀野の公式サイト

創業は1996年らしく、もう20年以上も続いている息の長いお店のようです。

それでもいまだに行列の絶えない店ってことらしい。

今回のごまの辛いそばは公式サイトを見る限り、実際にお店で提供されているメニューの再現ラーメンのようで、実際お店で食べようとすると850円だそうです。

200円級のこのカップ麺にどれだけ魅力を詰め込めているか楽しみです。

ふたを開けるとごまの香りがする。

封を切るとゴマの香りが漂ってきて食欲をそそられます。

粗めの顆粒みたいなのがゴロゴロしているけども、これは魚介だしとかそっち系かなあ。

でも、思ったより魚介だしの匂いは主張してこない感じなんですよね。

ほとんどゴマの香りって感じ。

フタの上にはあと入れの特製旨辛ラー油の小袋が添付されていました。

ごまの風味香る、マイルドで食べやすい味

一口目で口の中に広がってくるのはゴマの風味。

ゴマの風味にラー油の風味が比較的上手に絡んでいる感じ。

タマネギやネギの風味で味が調えてある感じがするんですが、これがまたなかなかに絶妙な加減です。

魚介だしの香りは確かにするんだけども、風味ではそれほど主張してこない感じかなぁ、だけどそれがいい。

あまり魚介出汁の味が強いと、魚臭さでこのスープの最大の特徴であると思われるマイルドさが薄れてしまうと感じるからです。

ゴマとラー油の香ばしい香り、タマネギやネギで整えられたマイルドな風味、ほんのりと辛さのアクセント、そしてさりげなく口の中に入ってくるちょっとした酸味が非常にいい感じ。

この酸味は何だろう……すすると柚子みたいな香りがする気はするんだけども……。

これは全体的によく考えて作られている感じがします。

独特な味をしているのに、クセにトゲがなく食べやすいうえに、かなり美味しい。

個人的にはリピートも辞さない覚悟って感じ。

オススメ度:★★★★☆(非常に美味しい)

日清の多賀野ゴマの辛いそばは、ゴマとラー油の風味にタマネギやネギなどで整えられたマイルドさ、そしてほんのりとした辛さと酸味が組み合わさって非常に絶妙な美味しさにまとまったカップ麺だったと思います。

これは……個人的にはかなり美味しいと思いました。

魚介だし香るとは書かれているものの、あくまでアクセント程度に魚介の風味は抑え込んでくるという。

魚介って売り文句に書くと大抵はガッツリ魚臭くしてくるもんだけども、こういう使い方もあるんだなあ、面白いなあと思いました。

久しぶりに飲み干したい勢いのスープだったなあって感じ。

美味しいし、独特な味付ではあるんだけど、その独特さにトゲが無く非常に食べやすいのも良いと思います。

本場の多賀野のラーメンは食べたことはないけども、これは本場の味も食べたいと思わせる味だよなあと思う。

というわけで、個人的には結構オススメなカップ麺です。

コンビニなどで見かけたらぜひぜひ。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.