アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 お菓子・スイーツ類

ミニストップの無限プリンは無限に食べ続けられるかは微妙な感じだと思うけど、濃厚な味なのに口の中にくどさが残りにくい食べやすくて美味しいプリンでした。

投稿日:

ミニストップで無限プリンを買ってきました。

無限に食べ続けられる美味しさ♪のプリンだそうです。

ほんとかよ。

350円級のなかなか強気な値段のプリンという事で、ミニストップ的にはなかなかの自信作だという事なのでしょう。

どんな感じなのか、さっそく食べて確かめてみたいと思います。




スポンサーリンク

無限プリンとはどんなものなのか?

原材料は牛乳、鶏卵、砂糖、カラメル、香料と非常にシンプルです。

バニラシードが入っているタイプのプリンみたい。

バニラシードが入っているタイプのお菓子は、なんとなく高級なイメージがあります。

これは期待できるのではなかろうか!

無限プリンを製造しているのは株式会社ドンレミーと言う所らしい。

⇒株式会社ドンレミーの公式サイト

デザートやスイーツを製造しているメーカーだそうです。

しあわせバナナクレープや、しあわせスフレロールなどは割と全国のスーパーなどでよく見かけるような商品を数多く手がけているらしい。

しあわせバナナクレープは私もいつもお世話になっていたわけですが、なるほど、ドンレミーさんが作ってらっしゃたのですね。

覚えておきたいと思います。

ちなみにドンレミーの由来はジャンヌ・ダルク生誕の地であるドンレミ村からとったらしいよ。

濃厚なのに口の中にくどさが残りにくい。

焼プリンとカスタードプリンの中間と言った感じの味がします。

口どけの良いなめらかな味わいだけど、甘さはそこまで強めではないかなと思う。

濃厚だけどくどさをあまり感じさせない食べやすさが良い感じですね。

この加減なら、仮に2~3個一気に食べてもくどさが口の中に残りづらいかもしれません。

そのあたりが「無限に食べ続けられる美味しさ♪」ということなのかもしれませんね。

なるほどなーって感じです。

ただ、とても美味しいとは思うんだけど350円はちょっと高いかなって感じ。

個人的には、もう100円くらい安かったらリピート圏内かなってレベルの味です。

さすがに300円越えのコンビニスイーツともなってくると、レベルの高い奴がわんさかいるし、買う側の目もシビアになってくるレベルですからねぇ……。

個人評価:★★★☆☆(値段なりの美味しさ)

ミニストップの無限プリンは、残念ながら無限に食べ続けたいかと言われればそうでもない感じでしたが、2~3個一気に食べても口の中にくどさが蓄積しにくい感じの「無限に食べ続けられそう」な気にはさせてくれるとても美味しいプリンだったと思います。

しかし、350円級と言う値段の高いプリンなので、無限に食べ続けたいと仮に思っても、なかなか手が出しづらいところがネックです。

大人買いすると凄い金額になってしまいますからね。

もう100円安かったら★4を付けてもよかったと思うのですが、値段なりの美味しさという事で、★3とさせていただきました。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, お菓子・スイーツ類

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.