アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

凄麺中華の逸品酸辣湯麺は酸味と辛みがとても美味しいんだけど、どこかインパクト不足な感のある惜しい感じのカップ麺でした。

投稿日:

ニュータッチ凄麺中華の逸品酸辣湯麺を買ってきました。

とりあえず今回で現状リリースされている凄麺はコンプリートかなって感じです。

長い旅だったけど、こういう美味しい旅なら大歓迎さ。

ってことで、さっそくどんな感じなのか確かめていくことにいたしましょう。




スポンサーリンク

ニュータッチ凄麺中華の逸品酸辣湯麺とはどんなものなのか?

酸辣湯がどんなものかは、どん兵衛酸辣湯うどんの時に紹介したので割愛します。

今回は後入れ液体スープ、後入れ粉末スープ、かやくの3点の構成ですね。

「麺をほぐした後に入れてくれよな!」と両方のスープの小袋にデカデカと書かれているので、忘れないようにしたいところです。

かやくの方はこんな感じ。

白いキューブ状のものが豆腐で、申し訳程度に入っている黄色いのがかきたま。

キクラゲとチンゲン菜も入っていますね。

酸辣湯麺系のカップ麺で豆腐が入っているのは初めて見たかも。

今回のフタの裏ばなし様のコーナー。

麺をほぐした後に入れるスープは、必ず粉末スープでないといけないとフタの裏ばなし様は仰っております。

その心は、液体スープが先だったり入れるのが同時だったりすると、粉末スープがダマになっちゃうからってことらしい。

というわけで、スープを入れる順番もしっかり守ろうと思います。

出来るだけ美味しく食べたいですからね。

酸辣湯麺っぽさはちゃんと表現できると思うけど、味の深み的なものがパワー不足な感があるかもなぁ……。

どん兵衛酸辣湯うどんの時に感じた程のインパクトはない感じ。

何が足りないんだろうなあ……。

辛さのアクセントは効いていると思うし、酸っぱいけど口当たりの良い味のスープだし……うーん。

ラー油の風味がハッキリしてる感じも結構嫌いじゃないんだよなあ……。

十分美味しいけど、個人的にはどん兵衛酸辣湯うどんの方が好みの調整ですね。

どんべえ酸辣湯うどんやラ王酸辣湯麺よりもとろみがハッキリしていたり、豆腐を具材にチョイスすていたりするのは面白くて好きです。

辛さがピリ辛よりちょい上くらいかなって感じなので、辛い物が全然ダメな人はやめておいた方が良い感じですね。

個人評価:★★★☆☆(やや物足りない)

ニュータッチ凄麺中華の逸品酸辣湯麺は十分美味しい酸辣湯麺だと思うけど、欲を言えば味にもう少し深み的なものがあったり、インパクトがあったりしても良いかなーと思うどこか惜しい感じのカップ麺でした。

いや、十分美味しいんですけどね。

頭一つ抜きんでるためには、この味にもう少し何かが欲しいかもな……って程度。

酸辣湯的なものが食べたいなーって時には十分オススメなカップ麺だと思います。

個人的にはラ王酸辣湯麺よりは好みの調整です。

個人評価は★3とさせていただきます。

次回のパワーアップを楽しみにしております。

ニュータッチ凄麺シリーズのレビュー記事

*同じ星の数でも、上の方に並べられているものの方がオススメ度が高いものになっています。

⇒ヤマダイ株式会社のカップ麺レビュー記事リスト

⇒★★★★★ ニュータッチ凄麺 ねぎみその逸品

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 鶏しおの逸品

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 和歌山中華そば

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 新潟背脂醤油ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 奈良天理スタミナラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 中華の逸品 担担麺

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 駿河海老だし塩ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 函館海鮮塩らーめん

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 名古屋台湾ラーメン

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.