アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

マルちゃん正麺芳醇こく醤油は生麺っぽい麺とマイルドでコク深い醤油スープが相性抜群のとても美味しいカップ麺でした。

投稿日:

マルちゃん正麺芳醇こく醤油を買ってきました。

キンキラキンにギラついてて無駄に眩しいパッケージだぜ……。

CMで良く見かけていたマルちゃん正麺をとうとう食べる日がやってまいりました。

まぁ、CMで宣伝していたのは袋めんの方のマルちゃん正麺だったと思いますけどね。

というわけで、どんなかんじなのかさっそく確かめていきたいと思います。




スポンサーリンク

マルちゃん正麺芳醇こく醤油とはどんなものなのか?

そもそもマルちゃん正麺ってどんな製品なの?

切り出した生麺を独自の特許製法「生麺うまいまま製法」でそのまま乾燥させているので、乾燥麺でありながら生麺本来の味となめらかでコシのある食感が楽しめる、という事らしい。

他にも食べやすい長さにしたり、スープによって相性の良い麺を用意してみたり、いろいろと味や食べやすさを徹底的に追及してみた感じっぽい。

「マルちゃんが考える、これこそ正しい麺、理想のラーメンの完成形なのだ」という強い思いを込めて開発されたので「マルちゃん正麺」と言うネーミングらしい。

「今抜群に美味しく、そして10年後20年後も古びることなく愛され続けるラーメンを日本のすべての家庭のみなさまに提供したい」というコンセプトがあるみたい。

なるほど、大体わかりました。

内容物は割と普通な感じ。

ゴージャスでキラキラな金色の外観をしているので、中身もものすごいリッチな感じなのかもしれないとちょっとワクワクしながら中身を取り出しましたが、中身は割と普通な感じですね。

かやく、焼のり、後入れ液体スープと、100万回見た光景が眼前に広がります。

上にのせた内容物の存在感を潰す勢いでパッケージの金色が強い主張をしてくるのがじわじわ笑えて面白いです。

ネギとメンマとチャーシューと。

鉄板のシンプルな構成のかやくとなっていますね。

麺はなんか、独特の質感とひん曲がり方をしているような気がする。

これが独自の特許製法で生み出された生麺っぽい味のする乾燥麺という奴か。

全体的にバランスよくまとまったクオリティの高い味。

うーん……「生麺と間違えるほどの食感と味わい」って宣伝文句だったかと思うけど、ちょっと惜しい感じかもなぁ。

生麺っぽくはあるけど、間違えるほどではない……かもなぁ。

やっぱりどこか即席めんって感じなのよね、質感とか食感とか特にそんな感じ。

十分美味しいと思いますけどね。

美味しいと言えば、スープが非常に美味しい。

別段尖った感じは特に感じられない、オーソドックスな背脂醤油ラーメンの味なんだけども、全体的に非常にバランスよく、食べやすくまとまっていると思う。

背脂の入ったマイルドな味わいの、芳醇かどうかはちょっとよくわからなかったけどコク深い醤油スープがなかなか素晴らしい。

麺とスープがなかなかに高いレベルで相性バッチリなのがさらに美味しく感じさせてくれているのかもしれない。

前回食べた日清ラ王背脂コク醤油よりも、個人的にはこちらの方が好みかなぁって感じ。

チャーシューの味は日清ラ王背脂コク醤油の方がレベルが高いと思うけどね。

これは……確かに美味しいですね。

個人評価:★★★★☆(とても美味しい)

マルちゃん正麺芳醇コク醤油はオーソドックスな背脂醤油の味なのだけど、全体的にレベル高めにバランスよく、食べやすくまとまった感じのとても美味しいカップ麺でした。

生麺と間違えるほどではないにしても、生っぽい麺が特徴的で面白いのは非常に良い感じだったと思います。

麺自体も食べやすくて美味しいし、スープとの相性もばっちりですしね。

面白みは無いけど、全体的に良く出来たレベルの高いカップ麺なんじゃないかと思います。

250円級のちょっとお高いカップ麺ではあるけど、これならリピートしてもいいかなとは思う。

麺が特徴的っていう「この商品ならでは」のスペシャリティが得点高い感じです。

個人評価は★4とさせていただきます。

醤油ラーメン系のカップ麺がお好きな方は是非一度食べて見ていただきたいです。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.