アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

凄麺静岡塩ラーメンは軽くのどに引っかかる塩っ辛さが少し気になるけど、鰹節ベースの魚介風味と独特のマイルドな甘さが絶妙なとても美味しいカップ麺だと思います。

投稿日:

ニュータッチ凄麺静岡を買ってきました。

2017年3月6日に発売されたばかりの新作の凄麺です。

静岡ラーメンと言えば、以前食べた駿河海老だし塩ラーメンも静岡でしたね。

今回はどんな感じなのか、さっそく検証していくことにいたしましょう。




スポンサーリンク

ニュータッチ凄麺静岡塩ラーメンとはどんなものなのか?

静岡塩ラーメンというご当地ラーメンは無いのかもしれない。

静岡にも有名なラーメン店はたくさん存在するようなのですが、静岡の塩ラーメンがご当地ラーメンとして有名であるという情報があまり存在しないようだったので、恐らく塩ラーメンが美味しいお店はたくさんあるのかもしれませんが、静岡塩ラーメンと言うジャンルがキッチリ確立されているわけでは無いのではないかもしれませんね……。

焼津産鰹節とは?

今回かやくとスープに使われている焼津産鰹節は、静岡県焼津市の地域ブランド品だそうです。

⇒焼津鰹節の公式サイト

焼津鰹節水産加工業協同組合が許可を与えた業者じゃないと「焼津鰹節」を名乗ることは出来ないんだそうです。

焼津市で生処理・煮熱・焙乾製造していることが前提で、その上で認定基準を満たしているクオリティの鰹節である、というのが条件となっているらしい。

適度な脂肪分を含み、マイルドな香りを醸し出すのが特徴の鰹節なんだそうです。

なるほど、大体わかりました。

今回のフタの裏ばなし様のコーナー

静岡県の藤枝氏を中心とした一部地域には朝からラーメンを食べるという文化があると、フタの裏ばなし様は仰っております。

調べて見たら、静岡県の藤枝市、焼津市、島田市の通称「志太地域」と呼ばれる地域には、本当に「朝らーめん」の文化が存在するようです。

茶業や漁業などの朝早くから仕事をする人のために開店時間を早めていったことが起源らしく、戦前から続いている歴史ある食文化なんだそうです。

志太ラーメンと言うご当地ラーメンが存在していた。

静岡塩ラーメンと言うのは存在しないんじゃないか?と上述したことをさっそく否定する感じになるわけですが、今回の凄麺静岡塩ラーメンは、どうやら「志太ラーメン」と言うのがモデルになっているっぽい。

志太ラーメンはどうやら鰹ベースの醤油スープで脂身の少ないチャーシューが入っている、という事みたいなので、今回の静岡塩ラーメンの雰囲気と似ている感じになっているみたいです。

ちなみに発祥のお店がマルナカというお店なので、マルナカ系ともいわれるらしいよ。

鰹節がはいっている。

後入れスープと先入れかやく、そして鰹節。

鰹節の入っている凄麺を食べるのは初めてかなと思う。

結構いっぱい詰まってる感じですねえ。

先入れかやくはチャーシューとメンマ、そしてネギですね。

鰹節はいっぱい入ってたけど、かやくの方は今回はなんとなく量が控えめなような気もする。

……気のせいかもしれないけど。

塩ラーメンだけどあっさり感があまり無い。

全面的に鰹の風味がしっかり聞いた感じになっていますね。

あと、見た目も基本的な味も塩ラーメンではあるのだけども、なんというか、醤油ラーメンみたいな味の濃さも持ち合わせているような気がする。

あっさりめの見た目に反して、意外とのどに軽く引っかかる感じの塩っ辛さがある感じがしますね。

こいつはあっさりとは……言い難いかなあ。

なんだろう……しょっぱいとは感じないんだけども、のどに引っかかる塩辛さがある不思議な感じなんだよなぁ……謎です。

魚介風味とあと、なんか不思議な甘さがあるんだよなぁ……。

タマネギっぽいというか、野菜か何かの甘みのような気がするなあ。

独特なマイルドさが鰹節風味の魚介スープと絶妙にマッチしていてとても美味しいです。

のどに引っかかる塩っ辛さがちょっと気になるけど、これは……美味しいと思う。

個人評価:★★★★☆(とても美味しい)

ニュータッチ凄麺静岡塩ラーメンは鰹節ベースの魚介風味と、不思議なマイルドな甘さが相性抜群って感じの、とても美味しいカップ麺でした。

塩ラーメンだけど、ちょっと塩っからい感じであっさりとは言い難い要素を持っているような気がするので、あっさりめのカップ麺を探している人にはあまり向かないかもしれません。

個人的には前回食べた駿河海老だし塩ラーメンよりは面白みがあるし美味しいんじゃないかなと感じました。

個人評価は★4つとさせていただきます。

ニュータッチ凄麺シリーズのレビュー記事

*同じ星の数でも、上の方に並べられているものの方がオススメ度が高いものになっています。

⇒ヤマダイ株式会社のカップ麺レビュー記事

⇒★★★★★ ニュータッチ凄麺 ねぎみその逸品

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 新潟背脂醤油ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 奈良天理スタミナラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 中華の逸品 担担麺

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 函館海鮮塩らーめん

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 横浜とんこつ家

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 熟炊き博多とんこつ

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 京都背脂醤油味

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 横浜発祥サンマー麺

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.