アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

日清ラ王ピリ辛酸辣湯麺は確かに酸辣湯っぽい風味はするものの、美味しいんだけどどこか物足りない感じのカップ麺でした。

投稿日:

日清ラ王ピリ辛酸辣湯麺を買ってきました。

ラ王シリーズを食べるのは今回が初めてですね。

酸辣湯と言えばどん兵衛の酸辣湯うどんが非常に美味しかったため、同じ日清の商品ということで期待が膨らみますねえ。

ということで、さっそく検証開始です。




スポンサーリンク

日清ラ王ピリ辛酸辣湯麺とはいったいどんなものなのか?

ラ王のパッケージはシンプルながらオシャレな感じ結構好きです。

昔はもっとごっついパッケージだったんだけどなあ。

女性でも手に取りやすいデザインになっているんじゃないかなと思います。

内容物は3点。

液体スープとかやく、そしてかやく。

かやくが二つダブっています。

とりあえず、中身を確かめてみましょう。

味付鶏肉、味付シイタケ、チンゲン菜、タマゴって感じらしい。

鶏肉としいたけにはすでに味がついているのか……。

結構珍しい感じなんじゃないかなと思います。

ぶっちゃけかやく袋を二つ開けたとは思えない具材の少なさなのですが、味が混ざらないように二つに分けただけだったのかもしれない。

ピリ辛とは書いてあったけど、辛さ自体はピリ辛よりもちょっと弱めって気もする。

酸っぱ辛いって言うよりは、酸っぱくてマイルドな中華スープって感じ。

もう少し辛さでアクセントをつけた方が印象に残る味になるような気もする。

全然美味しいんだけど、個人的には何か物足りない感じです。

どん兵衛の酸辣湯うどんはもうちょっとインパクトのある味だったと思うんだよね。

ついでに言うと、ウリのタマゴのふわとろ感もイマイチ物足りない気がする。

まぁ、全体的にバランスよくまとまった感じだとは思うので、変なクセもなく食べやすい味かなとは思います。

とりあえず、酸辣湯らしさはバッチリ出ていると思うので、そんな感じの味が食べたい時には全然オススメな感じです。

個人評価:★★★☆☆(値段なりの美味しさ)

日清ラ王酸辣湯麺は確かに酸辣湯麺だなぁと感じられる要素はしっかり持っている酸っぱくて美味しい中華風味のカップ麺でした。

しかし、個人的には同社製品である「どん兵衛酸辣湯うどん」のほうがピリ辛具合も味加減も好みかなぁと言う感じ。

なにより、コストパフォーマンス的にどん兵衛酸辣湯うどんの方に圧倒的に軍配があります。

しかし……残念なことにどん兵衛酸辣湯うどんは販売期間が終了してどうやら死んでしまったのだった……ウゥ……。

あいつ結構美味しい方だったんだな……惜しい奴を亡くしました。

というわけで、美味しいには美味しいけどなにか今一つ何かが物足りないなあっていう感じです。

240円級のカップ麺としては値段なりと言う印象です。

個人評価は★3とさせていただきます。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.