アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

凄麺名古屋台湾ラーメンは、ニラとネギの風味が中華風の辛口醤油のスープと相性抜群でなかなか美味しいカップ麺だと思いました。

投稿日:

ニュータッチ凄麺名古屋台湾ラーメンを買ってきました。

名古屋なのか台湾なのかよくわからない感じのネーミングが好みです。

どんなラーメンなのかも調べて知識を付けつつ楽しんでいきたいと思います。

というわけで、さっそく検証開始です。




スポンサーリンク

ニュータッチ凄麺名古屋台湾ラーメンとはどんなものなのか?

台湾ラーメンとはどんなものなのか?


出典 ウィキペディア

台湾ラーメンは、名古屋周辺の中華料理屋さんや台湾料理屋さんで提供されているラーメンの一つ、という事らしい。

愛知県名古屋市発祥のご当地ラーメンとも言えるものなんだそうです。

ちなみに、台湾には「台湾ラーメン」というものは存在しないらしい。

1970年代に、台湾の「担仔麺(タンツーメン)」という麺料理を元に、名古屋市の台湾料理店「味仙」の店主がまかない料理として作ったものが起源とされているようです。

台湾ラーメンの名前の由来は、元々台湾料理である担仔麺を再現しようとして、その過程でたどり着いた料理であることと、店主自身の出身が台湾であるという事から命名されたものってことらしいです。

一般的には、豚ひき肉・ニラ・長ネギ・モヤシなどを唐辛子で辛く味付て炒め、そこに醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたものが台湾ラーメンって事みたい。

あと、にんにくがたくさん入るのも特徴のようです。

なるほど、大体わかりました。

今回の内容物は3つ。

先入れかやくと音入れ液体タレ、そして後入れ液体スープの構成です。

ひき肉、ニラ、ネギ……モヤシは入ってない感じですね。

あと唐辛子が結構たくさん入っていますね……もしかしてめっちゃ辛いのか。

今回のフタの裏ばなし様のコーナー

台湾ラーメンとはどういうものであるかを、フタの裏ばなし様も丁寧に解説してくださっております。

フタの裏ばなし様、いつも解説ご苦労様です。

辛くて美味しい中華風醤油ラーメン。

おー……確かに結構辛いと言えば辛い感じですねぇ……。

っていうか辛いですね、うん、普通に辛い。

辛すぎるという程では無い気もするけど、ピリ辛よりはちょっと上な感じな気がする。

麻辣(辛い香辛料)と五香分が使われてるらしいけど、「うん、確かに使っている感じがするね!」とドヤ顔で言えるほど私は判別できませんでしたが、「中華風の味付けだね」くらいの印象は感じました。

「確かに以前埼玉の台湾料理屋で食べた台湾ラーメンもこんな感じの味付けだったかもなぁ」って言うのが第一印象でしたので、割と再現度は高いのかもしれませんね。

麻婆豆腐にも似た花椒と唐辛子の入ったような中華味に、ニラとネギ、そしてひき肉の風味が合わさった感じの醤油ラーメンって感じですね。

個人的には普通に美味しいと思います。

個人評価:★★★☆☆(無難に美味しい)

ニュータッチ凄麺名古屋台湾ラーメンは、ニラとネギと唐辛子の辛味が良いアクセントして美味しさに貢献している感じの、中華風味の美味しい醤油ラーメンでした。

かつて食べた台湾ラーメンに近い味がすると感じたので、再現度はそこそこ高めなんじゃないかとは思います。

結構辛めのラーメンなので、辛い物が全然ダメな人は回避しておいたほうが良いと思います……っていうか辛い物がダメな人はパッケージ見た時点で多分買わないよね。

再現度的には結構頑張っているとは思ったけど、個人的にはバランスよく無難に美味しくまとまっているなあという印象でした。

個人評価は★3つとさせていただきます。

ニュータッチ凄麺シリーズのレビュー記事

*同じ星の数でも、上の方に並べられているものの方がオススメ度が高いものになっています。

⇒ヤマダイ株式会社のカップ麺レビュー記事リスト

⇒★★★★★ ニュータッチ凄麺 ねぎみその逸品

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 鶏しおの逸品

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 和歌山中華そば

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 新潟背脂醤油ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 奈良天理スタミナラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 中華の逸品 担担麺

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 駿河海老だし塩ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 函館海鮮塩らーめん

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 横浜とんこつ家

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.