アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

凄麺佐野らーめんは透き通ったあっさりな見た目のスープに似合わず、妙にコショウの風味が強い濃い目の醤油味が無難に美味しいカップ麺でした。

投稿日:

ニュータッチ凄麺佐野らーめんを買ってきました。

佐野ラーメンも良く聞く名前だけど、食べるのは今回が初めてです。

関東圏のサービスエリアのお土産品売り場でしょっちゅう見かけていたので、買う機会はいくらでもあったのに結局買ったことなかったという。

というわけで、どんな感じなのか確かめてみたいと思います。




スポンサーリンク

ニュータッチ凄麺佐野らーめんとはどんなものなのか?

佐野ラーメンとはどんなものなのか?


出典 ウィキペディア

佐野ラーメンは栃木県佐野市のご当地ラーメンで、関東地方のご当地ラーメンの一つでもあるそうです。

佐野市の重要食文化であり、観光資源でもあり、観光振興に置いて非常に重要な存在らしいです。

竹を使って麺をうつ「青竹打ち」という独特な製法を用いて作られる平麺が最大の特徴らしい。

青竹に足をかけて、竹の下に麺の材料である練った小麦粉の塊を置いて、体重をかけて伸ばしていくのだそうです。

そうすることで、コシのある麺に仕上がるんだそうです。

スープはコクのある醤油味が特徴とされているけど、ダシの部分は鶏ガラだったり豚骨だったり店によって様々らしく、ガッチリ定義されているわけでは無い模様です。

透き通った醤油スープだったり、醤油が若干入った塩ラーメン風のものがあったり、みりんで甘みを付けたりしたものもあるらしい。

んで、具材は主にチャーシューときざんだ長ネギであることが多いそうです。

なるほど……大体わかりました。

さのまるとは何者なの?


出典 ウィキペディア

「さのまる」は栃木県佐野市のゆるキャラらしい。

佐野市のPRのために佐野の特産品を身にまとった侍の姿で、佐野の城下町をいつも徘徊しているらしい。

笠は佐野ラーメンのどんぶりで出来ていて、雷門模様の代わりに「SANO」というローマ字が模様としてデザインすることで佐野のPR力を高めているようです。

前髪は佐野らーめんの中太縮れ麺で出来ていて、腰に携えたモシャモシャしたよくわからない物体は、同じく特産品の「いもフライ」らしい。

誕生日は2011年2月25日だけど、商標登録されたのは2012年4月20日だそうです。

ひこにゃんをリスペクトしているらしいよ。

佐野らーめん会ってなに?

どうやら佐野市観光協会が、観光事業の一環として佐野らーめんを提供しているお店を紹介するリスト的なものを作っているようなのですが、そのリストへ加盟してくれている店舗の事を「佐野らーめん会加盟店」と呼ぶそうです。

⇒佐野観光情報 佐野らーめんのサイト

あまり詳しいことが分からなかったけども、恐らく観光協会主導の普及委員会のようなものではないかと思われます。

今回のフタの裏ばなし様のコーナー

今回のフタの裏ばなし様はご当地ラーメンの話題には目もくれず、終始さのまるにご執心のようでございます。

そうですよね、フタの裏ばなし様だってたまには趣味の話もされたいですよね。

いいんです。

ご当地ラーメンの解説はまた今度にいたしましょう。

レトルト調理品の入った豪華仕様です!

今回はなんとレトルト調理品の入ったスペシャルセットですよ。

レトルト調理品と、後入れスープと、先入れかやくの構成です。

生々しい具材が入っていて非常にワクワクしてきましたよ。

先入れかやくはどうやらネギオンリーのようですね。

佐野らーめんの代表的な具材は、チャーシューときざんだネギでしたものね。

それではさっそくお湯を入れてみようじゃないですか。

なんかコショウの味が濃いような気がする。

うーん……。

見た目は透き通っていてすごくあっさりしていそうな醤油ラーメンに見えるのだけども、口に運んでみるとなんかコショウのような味がちょっとキツめな感じです。

なんというか、以前食べた凄麺の富山ブラックに近いような味をしている気がする。

富山ブラックほどはコショウの風味はきつくないとは思いますけどね。

コショウ風味が強い醤油ラーメンって印象だなあ……。

なかなか見た目に似合わない味をしていらっしゃるじゃないの。

もっとこう、マイルドで舌触りの良い感じを予想していたんですけどねえ。

薄味だと思ったら意外としょっぱさも濃い目な感じだしなぁ。

無難に美味しい感じではあるんですけどね。

佐野ラーメンってホントにこんな感じなのだろうか。

機会があったら食べて確かめて見ないといけませんなぁ。

ちなみに、チャーシューはさすが調理済みのレトルト品だけあって、凄麺シリーズの中でも屈指のクオリティだったと思います。

他の凄麺シリーズでも採用して欲しいなあ。

個人評価:★★★☆☆(無難に美味しい)

ニュータッチ凄麺佐野らーめんは、透き通った見た目のスープに似合わず、なんかコショウのような風味が妙に濃い印象のカップ麺でした。

あっさりめの薄味な感じかなと思ったら、結構濃い目の醤油味だったのも衝撃的です。

無難に美味しい感じはあるけども、個人的にはちょっとしょっぱい&からいかなって感じです。

というか、シンプルに「コショウの味がする」ってのが感想です。

富山ブラックの時に感じたのと似たような感想でした。

ラーメン屋さんで注文したラーメンにコショウいっぱいかけちゃうタイプの人には良いかもしれません。

個人評価は★3とさせていただきます。

リピートは……個人的には無しかなぁ……申し訳ございません。

重ねて言いますが、美味しいとは思うんですけどね。

ニュータッチ凄麺シリーズのレビュー記事

*同じ星の数でも、上の方に並べられているものの方がオススメ度が高いものになっています。

⇒ヤマダイ株式会社のカップ麺レビュー記事

⇒★★★★★ ニュータッチ凄麺 ねぎみその逸品

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 新潟背脂醤油ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 奈良天理スタミナラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 中華の逸品 担担麺

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 函館海鮮塩らーめん

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 横浜とんこつ家

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 熟炊き博多とんこつ

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 京都背脂醤油味

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 さいたま豆腐ラーメン

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.