アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

凄麺喜多方ラーメンは、オーソドックスな醤油味で無難に美味しいとは思うし、多少上品な味わいのような気もするけど、特に面白みもない無難な味のカップ麺だった気がします。

投稿日:

凄麺喜多方ラーメンを買ってきました。

喜多方ラーメンとはよく聞く名前だけども、実は喜多方がどこにあるのかよくわかっていなかったりするので、そちらもあわせて勉強していきたいと思います。

というわけで、さっそくどんな感じか確かめて見ることにいたしましょう。




スポンサーリンク

ニュータッチ凄麺喜多方ラーメンとはどんなものなのか?

喜多方ラーメンとはどんなものなの?


出典 ウィキペディア

喜多方ラーメンは福島県喜多方市発祥のご当地ラーメンだそうです。

なるほど……喜多方って福島県にあったんですね、勉強になります。

「札幌ラーメン(味噌)」「博多ラーメン(豚骨)」と並んで「日本三大ラーメン」の一つともいわれているそうです。

醤油味の透明な豚骨スープが基本で、あっさりした味わいが特徴らしい。

店によっては豚骨ベースと煮干ベースのスープを別々に用意して、それらをブレンドしたアレンジスープを提供する場合もあるようです。

喜多方ラーメンの原点

喜多方ラーメンは、昭和初期に「源来軒」というお店の「藩欽星(ばんきんせい)」と言う人が、中華めんに近い「支那そば」を打って、屋台で売っていたものが原点とされているようです。

当時は戦争の影響で食糧難であった背景もあり、支那そばは当時の喜多方市民のご馳走メニューとして受け入れられ、その味はあっという間に市民権を獲得するに至ったらしい。

その後、支那そばの作り方を継承する人が増え、喜多方市内にはたくさんの支那そばを提供する食堂が増えたのだそうです。

喜多方ラーメンと言う呼び名が付いたのは、1982年頃に、テレビや雑誌で取り上げられ始めた、喜多方ラーメンブームの始まる直前あたりかららしいです。

なるほど、大体わかりました。

喜多方ラーメン老麺会ってなあに?

喜多方ラーメン老麺会は、1987年に喜多方ラーメンがブームとなって一定の知名度を確立したことを受けて、喜多方ラーメンの品質向上や伝統技能の継承などを目的とし、ラーメン店・製麺業者・市・商工会議所の4者が結託して立ち上げた組織だそうです。

⇒喜多方ラーメン 老麺会の公式サイト

発足当時は任意団体でしたが、活動の強化を理由に2005年からは協同組合に組織変更されたらしい。

老麺会所属店舗は店先に老麺会のロゴの入った紺色のノボリを掲げているため、すぐにわかるようになっているそうですよ。

今回のフタの裏ばなし様のコーナー

今回のフタの裏ばなし様はしっかりご当地ラーメンの解説をしてくれています。

フタの裏ばなし様的には、喜多方ラーメンの魅力はチャーシューの芳しい風味と醤油の旨味にあるという事だそうです。

なので、ポークとチキンの旨みと魚介ダシをベースに喜多方産の再仕込み醤油を合わせ、仕上げにチャーシューの風味を利かせてくださったという事らしいのです。

ありがとうございます、楽しませていただきます。

いつもとチャーシューが違う。

今回は先入れかやく2つと後入れかやくの構成です。

いつもとチャーシューの形がちょっと違いますね。

いつもは丸くて脂身の少ない見た目のチャーシューだったかと思うのですが、今回はなんかベーコンみたいな見た目のチャーシューが入っています。

チャーシュー以外はネギとメンマとなんか可愛らしいナルトが入っていますね。

結構色々カップを麺食べて来たと思うけど、このベタな形のナルトが入っているのは久々に見たような気もする。

何の変哲もない、王道の醤油味カップ麺である。

うーん……これはアレですね。

普通の醤油ラーメンですね。

若干味に深みのようなものがあるような気もするけども、基本的にはごく普通の醤油味のカップ麺の味だなって気がします。

あっさり……ではあるんだけど、ほんの少し味が醤油の味が濃い目かなぁ。

ウリの一つだと思われるチャーシューも、いつもの丸いモノよりは脂身なんかも乗ってて美味しいけど「芳しい」とまでは思えず……。

100円以下で売られている、廉価品タイプの醤油ラーメンの一群と比較すると、味に深みがあるとは思うのだけども、基本的には大きな差を感じるほどの違いは無いように思います。

厳密に言えば、色々と安物よりも美味しいと言える部分や理屈はあるのだろうけども、一般人と言うのはグルメ愛好家と違って、こだわりや理屈でメシを食っているわけでは無いので、ファーストインプレッションが全てと言っても過言ではないと思うのですよね。

と言う感じでまあ、美味しいには美味しいけども、面白みは無いかなと思いました。

無難、オーソドックス、王道って感じです。

そこいらの廉価品よりもちょっと上品で美味しいって気はするけど、廉価品を蹴り飛ばしてまでこのラーメンを選ぶかと言えば、難しいかなってのが個人的な感想ですね。

本場の喜多方ラーメンというのも、いつか食べてどんな感じか確認して見たいなあ。

個人評価:★★★☆☆(無難に美味しい)

ニュータッチ凄麺喜多方ラーメンは、廉価品の醤油ラーメンの一群と比べると、幾分か透き通った上品な味わいの醤油ラーメンとなっているような気がしますが、基本的にはオーソドックスで無難な味わいのカップ麺です。

普通に美味しいけども面白みはないかなぁ、と言った印象でした。

ベタな醤油ラーメンが食べたい、と言うときにはオススメかなとは思います。

まぁでも、個人的にはリピートは無いかなと思う。

個人評価は★3つとさせていただきます。

もう一段階リニューアルされた場合はまたチャレンジしてみようと思います。

ニュータッチ凄麺シリーズのレビュー記事

*同じ星の数でも、上の方に並べられているものの方がオススメ度が高いものになっています。

⇒ヤマダイ株式会社のカップ麺レビュー記事リスト

⇒★★★★★ ニュータッチ凄麺 ねぎみその逸品

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 新潟背脂醤油ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 奈良天理スタミナラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 中華の逸品 担担麺

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 函館海鮮塩らーめん

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 横浜とんこつ家

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 熟炊き博多とんこつ

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 京都背脂醤油味

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 さいたま豆腐ラーメン

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.