アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

凄麺の新潟背脂醤油ラーメンは本場の燕三条系ラーメンよりは迫力が足りない気もするけど、背脂のコクと玉ねぎの甘みがとても美味しい魚介系醤油味のニュータッチのカップ麺でした。

投稿日:

ニュータッチ凄麺新潟背脂醤油ラーメンを買ってきました。

「煮干だしの旨みに背脂のコク」ってことで、前回の青森煮干中華そばに引き続き煮干しベースのラーメンにチャレンジって感じのようです。

ということで、さっそく食べてみてどんなものなのか確認していこうと思います。




スポンサーリンク

ニュータッチ凄麺新潟背脂醤油ラーメンとはどんなものなのか?

燕三条系ラーメンと言うのがあるらしい。


出典 ウィキペディア

どうやら新潟ラーメンではなく「燕三条系ラーメン」と呼ばれる方がメジャーらしい。

新潟県燕市三条市発祥のラーメンだから燕三条系ってことみたい。

昭和30年前後に、「杭州飯店」というお店の初代店主が、出前の得意先である洋食器産業の工場で働く行員の人たちの要望で味の濃いラーメンを作って欲しいと言われて作ったラーメンが燕三条系ラーメンの始まりらしい。

麺は出前しても伸びにくいように極太面を使い、煮干しなどの魚介類の出汁の効いた濃厚な味の醤油スープに、どんぶりから湯気が上がらなくなるレベルの大量の豚の背脂で表面を覆ってあるというのが燕三条系ラーメンの特徴らしい。

具材は長ネギの代わりに玉ねぎのみじん切りを薬味として使う場合も多いらしいです。

ちなみに新潟4大ラーメンの一つと言われていて、「新潟古町系あっさり醤油」「長岡系生姜濃厚醤油」「新潟濃厚味噌」の3つに並んで「燕三条系背脂醤油」という事らしいです。

さらに「三条カレー」というのが入って5大ラーメンと呼ばれたりもしているらしい。

なるほど、大体わかりました。

新潟産醤油復刻プロジェクトというものがある。

新潟県は醤油づくりで主原料として使われる小麦の生産が1998年で完全に途絶えてしまっていたらしい。

農業従事者の高齢化が進み、生産者がいなくなってしまったのが原因のようです。

で、近年新潟県産醤油復刻プロジェクトと言うのを立ち上げて、原材料を輸入に頼らずに、再び新潟県産の大豆と小麦で醤油を作ろうという活動をしている団体があるのだそうです。

⇒新潟県産醤油復刻プロジェクトの公式サイト

凄麺新潟で使われている醤油は新潟県産醤油という事だそうですが、このプロジェクトで作られた醤油を使っているかどうかまでは不明です。

まあ、もしそうなら面白いところとタイアップしているなあと思うけど、そうでないなら使われている新潟県産の醤油は輸入した原料で作られている、新潟県で作ったというだけの醤油という事になるので、ちょっと面白さが半減しますね。

フタの裏ばなし様のありがたいお言葉のコーナー

今回のフタの裏ばなし様は前回以上にご当地ラーメンの話題に触れていません。

一体どうされてしまったのでしょう……。

解説するのに疲れてしまったのでしょうか。

とりあえず、いつも通りツルツルもちもちの食感の美味しい麺を提供してくださっているという事は理解いたしました。

どうかご自愛ください。

今回の内容物は3点!

今回は後入れスープと先入れかやく2種類と言う構成になっています。

とくに物珍しいところはありませんね。

緑のかやく袋の中身はネギと……なんだろう。

多分玉ねぎだと……思います。

なんかブロック状になっていてわかりにくいんだけど、匂いが玉ねぎでした。

背脂がすごい。

さすがにオリジナルの燕三条ラーメンのように湯気にフタをするほどの背脂の量ではないにしても、カップ麺に入っている背脂の量としてはなかなかのレベルじゃないでしょうか。

小粒とはいえブロック状の背脂がそれなりに入っていますね。

どうでもいいけど、具材の玉ねぎと背脂の見た目がそっくりなので、ちょっと紛らわしいです。

玉ねぎの甘みと背脂のコクがアクセントになっていて美味しい。

背脂が浮いているせいで見た目がギットギトに見えるんだけど、食べて見ると味はそんなにギットギトじゃない感じでした。

かといってアッサリでもないけど。

煮干し出汁の風味は確かにするんですが、どちらかというと醤油風味の方がベースかなって感じの味のような気がしますね。

魚介醤油ラーメンってだけなら面白みに欠ける感じになっていたとは思うのですが、そこに背脂のコクと玉ねぎの甘みがアクセントとして華を添えてくれています。

マイルドかつ、ややこってりした感じでなかなか美味しいんじゃないかなと思いました。

ちょっとスープを飲むときに背脂感がのどにひっかかる感じもするんだけども、まぁ許容範囲かなと言う感じ。

なかなか独特な感じで美味しいんじゃないかなと思います。

個人評価:★★★★☆(面白くて美味しい)

ニュータッチ凄麺新潟背脂醤油ラーメンは背脂のコクと玉ねぎの甘みが良いアクセントになって味を引き立ててくれている、とても美味しい魚介醤油味のカップ麺でした。

食べて見ると見た目ほどこってりしておらず、意外と食べやすい所も良いんじゃないかなと思います。

背脂が苦手だったり、背脂の浮いたスープがビジュアル的に苦手と言う人はやめておいたほうが良いと思いますけどね。

参考文献や写真を見る限り燕三条系ラーメンとしての再現度はそんなに高くないような気もしますが、これはこれでなかなか美味しいカップ麺だと思うので、個人的にはオススメな感じです。

個人評価は……ちょっと悩んだけど★4とさせていただきます。

玉ねぎの甘みがアクセントになっていたのがちょっと面白かったです。

本場の燕三条系ラーメンも食べてみたいですね。

ニュータッチ凄麺シリーズのレビュー記事

*同じ星の数でも、上の方に並べられているものの方がオススメ度が高いものになっています。

⇒ヤマダイ株式会社のカップ麺レビュー記事リスト

⇒★★★★★ ニュータッチ凄麺 ねぎみその逸品

⇒★★★★☆ ニュータッチ凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 奈良天理スタミナラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 中華の逸品 担担麺

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 函館海鮮塩らーめん

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 横浜とんこつ家

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 熟炊き博多とんこつ

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 京都背脂醤油味

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 さいたま豆腐ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 青森煮干中華そば

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.