アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題 白猫プロジェクト

【白猫プロジェクト】11島「監獄島タルタロス」NORMALの攻略メモと雑感まとめ。ヴァルアスの弱点は光属性で、2連撃をカウンタースラッシュで打ち返せば片膝をついてスキを見せるよ。

投稿日:

とうとう実装された11島「監獄島タルタロス」

ひとまずノーマルモードをクリアしたので、一旦攻略メモと雑感をまとめておきます。

待ちに待ったアイリスの神気解放という事で、ワクワクしながら攻略しました。




スポンサーリンク

11島「監獄島タルタロス」攻略時の雑感まとめ

主人公とアイリスが神気解放でガチャ産キャラに匹敵する強さを得る。

11島でついにアイリスが神気解放されました。

土気色のゾンビみたいな肌をした3Dモデルが、ようやく人間らしい肌色になります。

あと、主人公も2回目の覚醒を迎えて大幅パワーアップです。

両名ともガチャ産のキャラに匹敵する火力や性能でのリバイバルとなっているため、11島を攻略して神気解放する価値は十分あると思われます。

白のリボンは光属性のダメージ強化とSP回復量増加が便利。

11島のノーマルモードをクリアすると「白のリボン」が貰えます。

装備すると魔導士の移動速度+20%、通常攻撃時のSP回復量+1、光属性のダメージ+20%が得られます。

光属性のキャラはまだアイリスしかいないので、今後光属性のキャラが増えるようであれば汎用性も向上するのですが、今のところはほぼアイリス専用装備って印象ですね。

足の遅い魔導士につけて見たり、SP回収効率の悪いキャラにつけたりしても良いかもしれないですけどね。

「真・ワンドオブアイリス」はほぼアイリス専用の武器です。

11島のノーマルモードサブミッションをコンプリートすると、神気解放アイリスのモチーフ武器である「真・ワンドオブアイリス」が貰えます。

アクションスキルでパーティ全員の「状態異常回復」と「防御力+50%」が出来る上、「精神統一時のアクションスキル+30%強化」と「封印無効」のオートスキルがついているので、火力とサポート力の強化ができるという、そこそこ汎用性のある性能になっています。

しかし、「アイリス装備時に攻撃・防御・会心+100%」と「光属性値+200」という、この武器の最大のウリを活用するためには装備キャラがアイリスでなければいけないため、この杖のフルパワーを引き出して使おうと思うと、汎用性はゼロになります。

まぁ、神気解放アイリスを持っている場合は出来れば入手しておきたい武器ですが、そうでないなら焦って拾いに行く必要もないかもしれません。

ヴァルアスにはとりあえず光属性をぶつけておきましょう。

11島のボスである暗黒騎士ヴァルアスの弱点は光属性です。

現状では神気解放したアイリスしか光属性のキャラクターがいないので、とりあえずアイリスのスキル2をぶつけるようにしていくと良いと思います。

ノーマルモードのヴァルアスは攻撃速度が速いですが、ダメージがそれほど痛くないので、こまめにSPを回収しつつ体力が減ってきたら回復スキルを使うようにして戦えば、攻撃を喰らいながらゴリ押しで戦っても何とかなるレベルだと思います。

感電無効のアクセサリーなどを装備すると快適です。

ヴァルアスはちょくちょくこちらを感電状態にしてきます。

ヴァルアスの攻撃テンポが速いので、感電にされるとズバズバ切り刻まれてあっという間に致命傷を受けてしまいます。

感電を無効にするアクセサリーを主人公とアイリスにつけておくと、非常に快適に戦えるようになるでしょう。

持っていない場合は……わかるな?

カウンタースラッシュをぶつけるとヴァルアスがピヨる。

ヴァルアスの斬撃をカウンタースラッシュで切り返すと、ヴァルアスが片膝をついてしゃがみ込みます。

即座にアイリスに切り替えてスキル2をチャージすれば、スキルチャージ完了まで間に合う程度の時間は稼げますので積極的に狙っていくと良いと思います。

ちなみに、カウンタースラッシュが成功するのは2連撃のモーションの時だけっぽいです。

それ以外の攻撃パターンの時は避けるのに専念した方がいいと思います。

まあ、相手の動きが早くてカウンターを狙うのが難しいので、スキルに自信がない方にはちょっと向かないかもしれない。

居合い切りはオーラの中に入らなければ不発になる。

ヴァルアスがドーム状に赤いオーラを展開してきたら居合い切りのサインです。

オーラの中に入りさえしなければ攻撃はしてこないので、範囲の外に退避するようにすると良いと思います。

個人的にはアイリスでゴリ押しするのがオススメ。

ノーマルモードのヴァルアスは、一気に致命傷を与えてくるような攻撃をしてこないようなので、ヴァルアスの攻撃をうまーくかわしながら、アイリスのチャージしたスキル2をぶつけるというシンプルなやり方で倒す方が、操作が苦手な人などには逆に良いかもしれないという気もしました。

主人公のチャージスラッシュでスキを作って、アイリスでスキル2を叩き込む……みたいなのが理想ではあるんですが、なかなか相手の動きが早くて難しいんですよね。

HPが半分を切りそうになったら回復スキルを使い、SPが切れてきたらヴァルアスを通常攻撃して地道に回収し、攻撃をかわしつつチャージスキルを叩き込む。

ヴァルアスが剣を召喚してきたときは主人公に切り替えて剣をへし折ると良いと思います。

折ったらアイリスにまた切り替えてまた同じ戦法の繰り返しです。

剣を処理している最中に受けた主人公のダメージは、アイリスのHPを回復するついでに回復すればOKかなと思います。

まあ、作戦でもなんでもなく「ゴリ押し」なんですけど、プレイヤースキルに自信がない場合は無理にカウンターを狙うよりは勝機がある気がします。

ヘビーナイトは移動可能スキルを持ったキャラがオススメ。

ヘビーナイトは斬属性と魔属性に耐性を持ち、炎属性と水属性が無効です。

これと言って有効な攻撃属性は存在しないので、打属性か突属性で高火力なキャラを使うのがオススメではあります。

スキルカウンターを持っているので、スキル使用時にその場に立ちっぱなしになるようなキャラで挑むのは危険です。

しかし、ヘビーナイトのスキルカウンターはトロくてかわしやすいので、移動可能スキルのキャラであればカウンターを楽にかわして攻撃が可能です。

あと、暗闇状態が有効なので、暗闇にしてしまえばスキルカウンターを封じることが可能だと思います。

燃焼や毒も有効なので、そちらを活用してジワジワHPを削るのもよいでしょう。

まぁ、そう言いながら私は初見の時、斬属性のリネアでヘビーナイトを倒してましたけどね、エヘヘ。

一応リネアもスキルは移動可能スキルなので、スキルカウンターをかわしながら戦うという点では有利ではあるのですけどね。

トロールは側面か背面に張り付くように戦えば安全。

トロールは遠くに離れると突進して掴み攻撃をしてきます。

あと、真正面で戦えば赤いサーチライトに捕捉され、掴み投げを喰らいます。

側面か背面に張り付くようにして戦えば、基本的には避けやすいパンチ攻撃しかしてこなくなるので比較的安全です。

突進後に転んで気絶するので、わざと突進させてピヨらせることでスキを作るというのも良いと思います。

また、睡眠に非常に弱いようなので、眠らせてから高火力で大ダメージを与えてワンパンしてしまうというのもアリだとは思います。

燃焼・感電・凍結も有効ですので、そちらを活用するのも良いと思います。

打属性と魔属性に耐性があるので、斬属性と突属性だと捗ります。

ほっとくと嫌なタイミングで突進してきて面倒なので、優先的に倒してしまった方が良い気がしました。

デスドクロは打属性と突属性が有効。

10島から続投のデスドクロさんは魔属性を無効にし、斬属性には耐性を持っています。

打属性と突属性は有効なので、武闘家・アーチャー・ドラゴンライダー・ランサーなどを連れて行ってあげると捗るでしょう。

ちなみにデスドクロがステルス状態のときであれば魔属性が有効となり、与えるダメージが3倍になるので、それを活用するのも手です。

気絶に非常に弱いという性質を持っており、爆弾ギミックを使う事でも気絶に持ち込むことが可能なので、その辺を利用しても良いと思います。

一撃のダメージが非常にヘビーな相手なので、さっさと片づけてしまいたいところです。

マスクバットの超音波は弾速が速いので注意。

11島から新登場のマスクバットは超音波を飛ばして攻撃をしてきます。

意外と攻撃ペースと飛んでくる弾速が速いので、よそ見をしていると複数のマスクバットに集中砲火を浴びる可能性があります。

ワンパン可能な貧弱な相手なので、マスクバットが出現している場合は優先的に処理してしまう方が良いと思います。

超音波を撃ってくる時にわかりやすい溜めモーションが入るので、動きさえ見ていればかわすのは難しくないと思います。

ガードンの腹ビームはモロに受けると大ダメージ注意。

11島のガードンは腹部から正面方向にビームを撃ってきます。

ビームを喰らうと結構なダメージを受けてしまうので要注意です。

正月シオンでモロに受けたら1000ダメージくらい喰らって即死しました。

ビームを撃ってくるときにわかりやすい溜めモーションが入るので、動きさえ見ていればかわすのは難しくないと思います。

また、ビームを撃とうとしてシールドを開いた瞬間は無防備なので、撃たれる前に倒してしまうのも手です。

爆弾ギミックを使用すれば、ガードンのシールドを開くことが出来るので活用するのも良いと思います。

シールドが崩れている状態ならワンパン可能な相手なので、ササッと倒しちゃいましょう。

難易度:★★★☆☆(普通)

10島バルヘイムよりも難易度は低い印象でした。

陰湿なトラップや使い勝手の悪いギミックなどが11島ではごっそり削られているのが結構デカい理由な気がする。

レベル100の★5キャラが1~2名いれば、始めたての方でもコンプは無理かもしれないけど、クリアだけならなんとか可能だと思われます。

ムムと謎のダンジョンから登場するようになった属性モンスターなどが適正キャラを持っていない場合は面倒だけども、ムムの時よりもモンスターのレベルが低いのでそれほど脅威ではないです。

そもそもムムイベントの時以上に、過剰に属性エンチャント装置が置いてあるので、そちらを使えばオッケーかと思います。

強いて言えば、道中はヘビーナイトとデスドクロがちょっと厄介かなぁってくらいです。

ボスのヴァルアスは手持ちのキャラがどうこうっていうより、戦うのは主人公とアイリス固定ですから、プレイヤーの腕次第なわけですしね。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題, 白猫プロジェクト

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.