アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

凄麺の札幌濃厚味噌ラーメンは、こってり感はほどほどだけど濃厚でマイルドな味噌の風味が非常に美味しいニュータッチのカップ麺でした。

投稿日:

ニュータッチ凄麺の札幌濃厚味噌ラーメンを買ってきました。

たしか札幌ラーメンは北海道三大ラーメンの一つでしたね。

「函館」の塩、「旭川」の醤油、そして札幌の「味噌」であると、前回凄麺の函館塩らーめんを食べた時にフタの裏ばなし様が教えてくれました。

⇒凄麺 函館塩らーめんの記事

今回はどんな味に仕上がっているのか、さっそく確かめてみたいと思います。




スポンサーリンク

ニュータッチ凄麺札幌濃厚味噌ラーメンとはどんなものなのか?

札幌ラーメンってどんなラーメン?


出典 ウィキペディア

札幌ラーメンは名前の通り北海道札幌市発祥のラーメンだそうです。

出所が諸説存在する函館ラーメンと違って、札幌ラーメンは中華料理店「竹家食堂」が1922年に始めた「ロゥスーミェン」という麺料理が元祖であると言われているようです。

山東省出身の料理人が開発したものを、後任の料理人たちがより日本人向けの味に改良を施していった結果生まれた産物らしい。

当初の札幌ラーメンは味噌ラーメンではなく、1960年ごろまでは札幌ラーメンと言えば醤油ラーメンだったみたいですよ。

1950年代に「味の三平」というラーメン屋さんが、札幌味噌ラーメンの元祖であると言われています。

札幌市内のラーメン屋さんに味噌ラーメンに定着していくきっかけは、1955年に西山製麺という製麺所が味噌ラーメンと相性の良い「多加水熟成面」という麺を開発し、それが市内のラーメン屋さんでよく使われるようになったからって事みたい。

⇒西山製麺株式会社の公式サイト

その後、札幌にある味噌ラーメンの有名店を新聞や雑誌が良く取り上げるようになり、札幌の味噌ラーメンの知名度はどんどん上がっていったそうです。

札幌の味噌ラーメンが「札幌ラーメン」と呼ばれるようになったのはごく最近のことで、町おこしの一環として名付けられたものなんだそうですよ。

麺は前述した多加水熟成面の縮れ麺を使用し、豚骨などを煮出したスープに味噌や醤油で味付けしたものが一般的なものみたい。

具材は、チャーシュー、メンマ、ネギと玉ねぎ、キャベツ、モヤシなど炒めたものを乗せるのが一般的らしい。

ひき肉をいれるお店もあるそうです。

なるほど、大体わかりました。

今回の内容物は3つ。

今回は後入れ液体スープ、かやく、調味油の3つが入っていました。

液体スープって言うか、間違いなく中身は味噌だよね。

フタの裏ばなし様の有難いお言葉をいただきましょう。

フタの裏ばなし様のお言葉によれば、「豚汁に麺を入れて食べさせてよ」という客の意見が味噌ラーメン誕生のきっかけだという事です。

ちなみにこれに関して、味噌ラーメンの元祖「味の三平」の店主はその事実を否定しているらしいので、本当なのかどうかは怪しいところ。

でも、他でもないフタの裏ばなし様がそう言うんだから、私は無条件で信じますけどね。

先入れのかやくをいれちゃいましょう。

肉とコーンとネギとキャベツが見えます。

玉ねぎとかモヤシは見えないですね。

野菜炒めまでフリーズドライするのはさすがに難しいかもなあとも思うので、しょうがないか。

大体それっぽい具材はちゃんと入っているような気がしますね。

個人的にはもうちょっとこってり感があっても良かったかも。

ほどほどにこってりした感じの濃厚でマイルドな味噌ラーメンって感じです。

濃い目の味噌の味と背脂がこってり感を演出しているのでしょう。

とはいえ、脂ぎってるって感じでもないので、全然食べやすい範囲にとどまっている感じでしたね。

個人的にはバターとか入れてさらにこってりさせても美味しいかもしれない。

麺を食べ終わったらスープの中にご飯とか入れちゃったりしてもいいかもしれない。

そんな印象です。

量がちょっと少ないのが気になるけど、下手なラーメン屋さんで味噌ラーメンを食べるよりも、こちらの方が満足できる可能性があるかもなあ。

とりあえずそのくらいは美味しいかなと思いました。

とはいっても、スペシャルな個性を感じたわけでもないし、名店の味に勝るとも劣らないって感じでもないし……。

無難に美味しいって感じでしょうか。

今まで食べた味噌ラーメン系のカップ麺の中では美味しい方だとは思いますけどね。

個人評価:★★★★☆(そこそこクオリティが高い)

ニュータッチ凄麺札幌濃厚味噌ラーメンは、名店の味と比べるとさすがに引けを取ってしまうかもしれませんが、味噌ラーメン系のカップ麺の中ではクオリティが高い方だと思います。

濃厚だけどこってり感はほどほどで食べやすく、マイルドな味噌の風味がとても美味しかった。

下手にお店で1000円近い値段を払って味噌ラーメンを食べるよりも、200円ちょっとの出費でそれ以上に満足できる可能性を感じました。

十分美味しいカップ麺だと思います。

私はあまり味噌ラーメンが得意ではないのですが、凄麺シリーズに関しては味噌系の味のものがダントツで好きです。

この札幌濃厚味噌ラーメンもその一つです。

一番は「ねぎ味噌の逸品」なんですけどね……。

個人評価は★4つとさせていただきます。

今回もとても美味しかったです、ありがとうございます。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.