アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

凄麺のねぎみその逸品は濃厚ながらもくどさを感じさせないまろやかで食べやすい味の非常に美味しいニュータッチのカップ麺でした。

投稿日:

ニュータッチの凄麺ねぎみその逸品を買ってきました。

あんまり味噌ラーメン系は好きではないんですが、凄麺シリーズは個人的にアタリだなーと思える味のものが多いので、チャレンジしてみることにしました。

凄麺シリーズは博多とんこつとか京都背脂醤油とか、ご当地ラーメンの再現系のものが多い印象なんですけど、今回のはオリジナルモノかな?

どんな感じなのか、さっそく食べて確かめて見ることにいたしましょう。




スポンサーリンク

ニュータッチ凄麺ねぎみその逸品とはどんなものなのか?

美味しい味噌ラーメンを追求して生まれたカップ麺。

ねぎみその逸品は麺・スープ・具材のすべてにこだわり、純粋においしい味噌ラーメンを追及するというコンセプトで開発されたものだそうです。

時間をかけてこだわって作ってくれたらしい。

これまで食べた他の凄麺シリーズも、開発者のこだわりが感じられる、なかなかクオリティ高いものが多かったですからねえ……。

非常に楽しみです。

内容物はかやくとスープ、やくみの3つ。

中にはかやくと後入れスープの小袋が入っていました。

かやくの袋は透明じゃないのは珍しいような気もする。

先入れのかやくなので、麺の上にダバァーっとぶちまけちゃいましょう。

……ってあれ?

奥に何か挟まっているのを発見しましたよ。

あぶねー……。

なんとやくみの小袋が奥の方から出てきました。

運搬中の振動で奥の方に入りこんじゃったのかもしれませんね。

気がつけて本当に良かったです。

というわけで、内容物はかやく、スープ、やくみの3つらしいです。

フタの裏ばなし様のコメント通り、非常に美味しいです。

これまで食べた凄麺シリーズの中でもトップクラスに美味しいと思う。

苦手な味噌ラーメン系でこんな感想を抱くとは夢にも思いませんでした。

濃厚味噌スープと書かれていたので、こってりしていてくどい感じの味を想像していたのですが、まろやかで非常に食べやすい風味にまとまっています。

ほんのりある辛味と、にんにくの風味も良いアクセントになっていると思います。

かつて食べた味噌ラーメン系のカップ麺に、これほど美味しいと感じたものが存在していただろうか、という勢いです。

具材のネギがシャキシャキしていて歯ごたえがあるのも良いですね。

下手な食堂に入って食べる味噌ラーメンよりも満足度が高いような気もする。

非常にクオリティが高いと感じました。

個人評価:★★★★★(味噌ラーメン系カップ麺としては高水準)

ニュータッチ凄麺ねぎみその逸品は、濃厚な風味でありながらもくどさを感じさせない、まろやかで食べやすいスープが非常に絶品のカップ麺でした。

個人的には下手な食堂で食べる500円オーバーの味噌ラーメンよりもクオリティが高いような気もします。

ちょっと量が控えめなのですが、2個食べたってこちらは500円しませんし、コストパフォーマンスは非常に良いと言えるでしょう。

美味しい味噌ラーメン系のカップ麺が食べたいと思ったら、現時点ではこちらのねぎみその逸品を選びたいと思います。

今まで食べた凄麺シリーズの中では一番好きな味です。

興味がありましたら、ぜひぜひ食べて見ていただきたいと思っています。

個人的には非常にオススメです。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.