アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

日清UFO梅こぶ茶は梅と昆布の香りと風味がアクセントの美味しい塩ベースのカップ焼きそばだったよ。

投稿日:2017年1月30日 更新日:

日清UFO梅こぶ茶を買ってきました。

以前紹介したカップヌードル抹茶シーフードと同じ「じゃぱんぬーどるず」シリーズの一つですね。

⇒日清カップヌードル抹茶シーフードの記事

抹茶ときて梅こぶ茶と、2つ和茶で続いているんだけども、最後の一つであるどん兵衛はスキヤキなんだよね。

まー、いかにも外国人観光客が好みそうな感じのチョイスって感じです。

パッケージの絵は抹茶シーフードの時と同じものっぽいですね、配置が違うくらい。

今回は一体どんな感じの味なんだろうね。

さっそく確かめてみたいと思います。




スポンサーリンク

日清UFO梅こぶ茶とはどんなものなのか?

今回の梅こぶ茶は、和の代表的な素材である梅と昆布を使用して、名前の通り梅こぶ茶の味をイメージしましたよ、という事らしい。

ベースの味は塩焼きそばの味だそうですよ。

中身はきざみのり、液体ソース、ふりかけの構成となっております。

いつものUFOって感じです。

液体ソースやふりかけの小袋に梅やら昆布やらが入っているという感じでしょう。

ちゃんと梅と昆布の美味しそうな香りがしますよ。

ふりかけをかけると梅の香りがブワーッと漂ってきます。

きざみのりと梅の美味しそうな香りがとても食欲をそそります。

色合い的にも黒と赤がアクセントになっていて鮮やかできれいです。

ソースを絡ませた面からはほんのり昆布だしっぽい香りもしますね。

梅こぶ茶をイメージしたものらしいけど、お茶の要素は多分皆無です。

梅と昆布、そして海苔です。

すっぱさが良いアクセントになっていて美味しい!

塩ベースのあっさりした味が食べやすくて良い感じ。

梅ふりかけを口に含んだ時にやってくる適度な酸っぱさがアクセントになっているのも良いですね。

梅の味は甘い梅では無くて、弁当なんかに入ってそうなカリカリ梅のすっぱい味の方です。

梅こぶ茶という名前から、前回の抹茶シーフードと似たような感じで、麺をすするとお茶の味がするんじゃないかとか思ってたけど、そんなことは無かったです。

もっともっと梅の風味がどキツい感じかとも思っていたけど、そんなこともありませんね。

美味しいけど、無難な感じかなあ……。

すすった時に抹茶の香りと風味がする!みたいな面白い発見もないしなあ……。

まーでも、変にアクセントつけすぎて微妙な味になっちゃっても問題だし、このくらいの調整が良い落としどころなんだろうなって気はする。

個人評価:★★★☆☆(無難に美味しい)

日清UFO梅こぶ茶は、梅の香りと風味が良いアクセントとなって、味の引き立て役をしてくれている塩ベースの美味しいカップ焼きそばでした。

スゲー美味い!って感じではなく、あくまで無難に美味しいって感じ。

食べやすい味だと思いますが、しっかりと梅の味がするため、梅が嫌いな人には向かないですね。

名前は奇抜ですが、普通に美味しいので罰ゲームメニューには向きません。

外国人観光客におススメするなら、個人的には梅こぶ茶よりも抹茶シーフードかなって感じです。

個人評価は★3つ。

無難に美味しい食べやすいカップ焼きそばだと思います。

梅の風味がする食べ物が大好きな方などには特におすすめしたいです。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.