アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

日清カップヌードルリッチ無臭にんにく卵黄牛テールスープ味は濃厚でコクのある白湯スープが美味しいちょっとリッチな気分になれる美味しいカップ麺でした。

投稿日:

日清カップヌードルリッチ無臭にんにく卵黄牛テールスープ味を買ってきました。

……って名前長いよ。

スッポン、フカヒレときて牛テールスープが来た感じです。

ちなみに私はフカヒレよりもスッポン派だったのですが、残念なことにスッポンは世界から排斥されてしまいました。

まあ、スッポン味って言われてもなんか想像もできないし、得体も知れない感じですからね。

仕方がない流れなのかもしれない。

ちなみにパッケージにはもともと無臭にんにく卵黄ペーストと言う小袋が張り付けられていました。




スポンサーリンク

日清カップヌードル無臭にんにく卵黄牛テールスープ味とはどんなものなのか?

45周年記念商品の続編シリーズらしい。

カップヌードル45周年記念としてリリースしたカップヌードルリッチシリーズが、たった一ヵ月で600万食を記録する大ヒットになったので、勢いのあるうちに続編考えてみたって流れらしい。

ちなみにスッポンを殺して生き残ったフカヒレ君は、実はさりげなくパッケージをもっと目立つようにリニューアルしてもらっているそうです。

牛テールのうまみたっぷりの白濁スープが特徴。

  • 牛テールなどをじっくり煮込んだうまみたっぷりの濃厚な白湯スープ。
  • 無臭にんにく卵黄ペーストでスープに一層うまみと深みが加わる。

というのが牛テールスープ味の特徴らしいです。

中身はこんな感じ。

牛肉と、ネギと……赤いのはなんだろう、パプリカ?

白と薄い黄色の顆粒がスープの部分かな。

キクラゲっぽいのも入っていて、ちゃんと牛テールスープっぽい感じの構成です。

とりあえず無臭にんにく卵黄ペーストを垂らした時点で写真をパシャリ。

かき混ぜちゃうと視覚的にわからなくなりそうですからね。

ちなみにパプリカだと思っていた赤い具材はレッドベルペッパーと言う野菜らしい。

とりあえず、ピーマンであることは変わりがない模様。

なんとなく牛テールスープって「しょっぱい」ってイメージが強いんだけど、割とちょうど良い感じの塩加減ですね。

白湯スープはちゃんとコクがあって濃厚さも表現できているし、後から入れた無臭にんにく卵黄ペーストのニンニク風味もしっかり美味しさに貢献していると思います。

無臭にんにくって言うだけあって、にんにく臭はしません。

これなら口の中にニンニクの香りが残るのが怖い人でも恐らく大丈夫でしょう。

具材も細切れではあるけど、食感や風味のアクセントになっていてちゃんと美味しさに貢献している感じです。

普通に美味しいですね。

十分美味しいけど、「超美味しい」って言う感じではないかも。

うーん……値段的にみると無難の域を出ない感じかなあ。

個人評価:★★★☆☆(値段なりの無難な美味しさ)

日清カップヌードル無臭にんにく卵黄牛テールスープ味はコクのある濃厚な白湯スープがとても美味しいリッチの名にふさわしい味わいのカップ麺です。

付属されている無臭にんにく卵黄の小袋をぶちまけることによって、味を一層マイルドで濃厚な感じにアップグレードできます。

美味しいですが、200円を超える値段のカップヌードルだと考えると、妥当な感じかなと言う感じ。

値段なりの美味しさと言う感じです。

美味しいと思うし、予算の都合がつくなら是非食べて見て欲しいとも思うけど、個人評価は★3つとさせていただきます。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.