アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

凄麺のさいたま豆腐ラーメンはご当地B級グルメの再現に挑戦した、香ばしいとろみ醤油スープの美味しいニュータッチのカップ麺だよ。

投稿日:2017年1月26日 更新日:

ニュータッチ凄麺さいたま豆腐ラーメンを買ってきました。

ラーメンに豆腐って誰かしらやってそうだけど、あんまり聞きなれない感じの組み合わせだよなあ、面白いなあと思って選びました。

とろみ醤油味って書いてあるし、パッケージの写真ではなんとなくスープが赤っぽく見えるので、マーボー豆腐とラーメンを組み合わせた感じのものなのかな?

さっそく確かめて見ることにいたしましょう。




スポンサーリンク

ニュータッチ凄麺さいたま豆腐ラーメンとはどんなものなのか?

さいたま豆腐ラーメンとはなんなのか?

埼玉県内のB級グルメを決める「埼玉B級ご当地グルメ王」という大会で2度優勝し、1度準優勝を受賞した実績を誇るB級メニューらしい。

ラーメンの上にあんかけ豆腐をたっぷり載せたものを豆腐ラーメンと呼ぶみたい。

豆腐ラーメン発祥のお店は埼玉県大槻にある「レストラン大手門」というところらしいです。

⇒レストラン大手門の公式サイト

中身は後入れ粉末スープと、かやく、調味油の3つ。

かやくの中には豆腐らしきものが入っているのが見えますね。

この商品を監修しているレストラン大手門さんの豆腐ラーメンはあんかけの中にミンチ肉が入っているらしいのですが、こちらの方にもちゃんと入れてあるみたいですね。

毎度おなじみ、フタの裏ばなし

凄麺のフタの裏ばなしを読むのが毎回地味に楽しみになってきています。

開発担当者的には一番のウリである豆腐と、鶏ガラベースにごま油を効かせたとろみ醤油味のスープを頑張って作ったのでぜひ食べてくれよな!ってことらしいです。

了解いたしました。

かやく袋に割とぎっしりと豆腐が詰まっていたので、ひとつのカップ麺に入れられるギリギリ限界量の豆腐を入れてくれた感じは伝わってくるんだけど、実際スープに浮かべて見ると思ったより少なく見えますね。

面白いなーと思ったところは主役の豆腐で、お湯に浮かべる前は乾燥してパサパサしていたのに、お湯を注ぐと絹ごし豆腐の食感にちゃんと戻っているところですね。

なかなか凄い技術だなあと感心します。

でも、食感はそれらしく戻るけど、味はちょっとスカスカなのが残念ですね。

スープはごま油の風味と香りが大変素晴らしい感じです。

軽くとろみがついているおかげで、麺に味が絡みやすくなっている感じなのも良いですね。

スーパーなどで絹ごし豆腐を買ってきて、このスープの中に放り込んで食べるのも美味しいかもしれない。

あっさりした味のマーボー豆腐にラーメンを組み合わせたって印象です。

とりあえず、スープが素直に美味しい。

個人評価:★★★☆☆(無難に美味しい)

ニュータッチの凄麺さいたま豆腐ラーメンはごま油の香ばしい香りと、鶏ガラベースのとろみ醤油スープがとても美味しいカップ麺でした。

名前の面白さ程は味にインパクトはないですが、素直に美味しい。

かやく袋いっぱいに頑張って豆腐を詰めてくれていますが、「こんな量じゃ物足りないよ」って人は、スーパーから絹ごし豆腐を調達してブーストしてあげると良いでしょう。

っていうか、豆腐の味がちょっとスカスカしているので、個人的には豆腐ブーストするのがオススメです。

普通に美味しいし、スルッと食べやすい感じではあるけど、もう少し味に何かアクセントやインパクトが欲しかった気もするので、個人評価は★3つです。

ニュータッチ凄麺シリーズのレビュー記事

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 さいたま豆腐ラーメン

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 横浜とんこつ家

⇒★★★☆☆ ニュータッチ凄麺 京都背脂醤油味

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.