アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

焼きそばBAGOOOON(バゴーン)っていうマルちゃんのローカルなカップ焼きそばはわかめスープ付きのお得感あふれる美味しい商品だよ。

投稿日:

マルちゃんの焼きそばバゴーンを買ってきました。

東北と信越でのみ販売されているという、非常にローカルなカップ焼きそばですね。

私の実家周辺のスーパーや商店などでは、もはや無い方が不自然なくらいメジャーな商品だったりします。

最近では色々と新作をリリースしてバリエーション豊かになってきているようなのですが、まずは基本から、というわけでノーマルな焼きそばバゴーンを楽しんでいきたいと思います。




スポンサーリンク

マルちゃんの焼きそばBAGOOOONとはどんなものなのか?

かやく、ソース、ふりかけに加えてわかめスープが入っているのです。

焼きそばバゴーンシリーズの最大の特徴ともいえる部分ですね。

そもそも焼きそばバゴーンとはなんなのか?

前述したとおり、東北と信越でのみ販売されているローカルなカップ焼きそばです。

最大の特徴はわかめスープがついているということ。

発売当初は全国展開しようと思って売り込んでいたらしいけど、必死の営業もむなしく、ブランドとして定着させることに成功した地域が東北と信越のみだったので、結果的にその二か所のみで販売するのみにとどめざるを得なかったらしいです。

稀にエリア外でも焼きそばバゴーンを取り扱うお店が存在するらしいですけどね。

ちなみに岩手にある実家周辺では、バゴーンを取り扱っていないお店の方が逆に貴重なぐらいメジャーな商品なので、バゴーンを見かけないとなんとなく寂しい気持ちになります。

実家の近所では日清UFOや明星一平ちゃんよりも優先して陳列されているカップ焼きそばなんだぜ。

わかめスープは粉末スープになっていて、お湯に溶かすだけですぐに飲める状態にできます。

カップ麺とは別に新たにお湯を用意してもいいし、「お湯が油で汚れてるから」的な細かいことをいちいち気にしない豪快な人は麺をほぐすのに使ったお湯を再利用しても良いでしょう。

焼きそばを食べた後に器を再利用してスープを楽しむ人もいるし、そもそもスープに使わずに焼きそばにかけちゃうツワモノもいるので、工夫次第で使い方は色々です。

残しておいて会社で食べるお弁当に添えるみそ汁代わりに使っている人もいますね。

少し弾力のある歯ごたえと、滑らかな舌触りの無難な味です。

かやくは主にチキンダイスとざく切りのキャベツが入っています。

割とキャベツは大きめなので、ざく切り感が強調されてて良い感じです。

なかなかにそれっぽい。

ソースとふりかけ(青のり)を入れて完成ですね。

青のりがかかると焼きそば!って感じがしてなんかいいよね。

味の方はウスターソースと中濃ソースのブレンドってことらしいですけど、気持ち甘めの感じですね。

甘いっていうか、マイルドっていう表現の方が良いかもしれない。

後、麺がやや弾力があってツルっとした感じになっているんですよね。

微妙に独特な風味と食感になっている気がします。

とはいっても、基本的には無難に美味しい、そつなくまとまった感じ味かなと思います。

だからこそローカルながら定番商品として20年以上も愛されていたのだと思いますけどね。

わかめスープの方も割と無難に美味しいんですよね。

お湯を入れた直後はわかめが下の方に沈んだままになっちゃうので、かき混ぜてほぐしてあげると良いと思います。

名前はインパクトがあるけども、味はいたって普通のソース焼きそばです。

マルちゃんの焼きそばバゴーンはわかめスープが付くというお得感と、無難な味ながら特徴的な、どこか独特さを感じる風味のソースや麺が絶妙な、美味しいカップ焼きそばでした。

名前もBAGOOOON(バゴーン)なんていうインパクトのある名前だし、面白いです。

今は岩手に住んでいるから普通に買えちゃうけども、次に関東圏などに引っ越すことになった場合は、アマゾンなどで箱買いしてストックしておきたいところです。

個人的には昔から好きで食べ続けているソウルフード的なものなのですよね。

色々思い出深い商品なので、高評価を付けたいところなんですが、味自体は無難な感じなので個人評価は「★★★☆☆」って感じですね。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.