アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題 カップ麺

明星一平ちゃんのカラムーチョホットチリ味はカラムーチョ要素は皆無の気がするけど、ピリ辛で美味しいカップ焼きそばでした。

投稿日:

明星一平ちゃんのカラムーチョホットチリ味を買ってきました。

前回のショートケーキ味ほどのインパクトはないんですが、せっかくなので食べてみようという感じです。

カラムーチョとコラボしてるんだから、そのまま「カラムーチョ味」ってことでプッシュすれば良かったような気もするんですけど、何故か「ホットチリ味」と表記してあるのがちょっとだけ気になります。

この辺は大人の事情があるんでしょうけどね。

カラムーチョはいわゆる辛い系のスナック菓子だと思うんですけど、辛さ自体はそんなに辛くは無い方だと思うんですよね。

あくまで個人的にはって話ですけども。

まあ、大人から子供まで幅広い世代に長年愛され続けているお菓子が、普通の人が食べれないほど辛いってことは無いでしょう。

なので、辛いイメージを強調するためのコラボとしてはちょっとカラムーチョではパンチが弱いので、ホットチリ味という表記を足したのかもしれません。




スポンサーリンク

明星一平ちゃんのカラムーチョホットチリ味とはどんなものなのか?

ふたを開けるとふりかけと液体ソース、マヨネーズが入っています。

とりあえずお湯を入れて焼きそばをほぐしていきましょうか。

液体ソースは赤い。

辛い食べ物ということで、ソースはお約束の赤色ですね。

「カラムーチョのにおいがする」みたいなこともなく、普通に辛そうな唐辛子的な匂いがするだけです。

そもそもカラムーチョのにおいってなんだろう、ジャガイモとか唐辛子のにおいかな。

だとしたら、カラムーチョと似た匂いとも言えなくもないのかもしれない。

混ぜると麺にほんのり赤色がつきました。

なんとなく辛そうなイメージになってきたような気がしなくもない。

当然ながらふりかけも赤い。

今度はふりかけをドサァっとかけてみました。

こっちはモロに唐辛子だぞ!って感じの辛そうなパウダーですね。

食べるのがちょっと怖くなってきましたよ。

辛すぎて食べれなかったらどうしようね。

かきまぜたら色が薄まってそんなに辛そうに見えなくなりました。

最後にマヨネーズをかけて出来上がりです。

というわけでさっそく食べて見ましょうか。

適度な辛さがアクセントになってわりと美味しい。

ソースやふりかけは麺に混ぜ込んでしまうと赤色が薄まってマイルドな色合いになるのですが、食べて見るとそこそこ辛いです。

そこそこ辛いんだけど、辛すぎて食べれないという程ではない。

カラムーチョよりは多分辛いです、なのでカラムーチョが辛くて食べられないなら、こちらもNGだと思います。

ただ、食べきるころには辛さが綺麗に口の中からスッキリ抜ける感じで、辛さが残らなかったのは面白いと思いました。

このへんは個人差もあると思うので、絶対に食べ終わった後にすぐに辛さが抜けるとは言い切れませんけどね。

マヨネーズのマイルドさがスッキリ感に一役買っていたのかもしれない、わからんけど。

味の方は「普通」です。

ホットチリ味だとか、カラムーチョコラボだとか、色々インパクトのある感じに装飾されていますが、ごく普通のカップ焼きそば(辛口)という印象です。

適度な辛さがアクセントになっていてわりと美味しいです。

美味しいけど、商品名のインパクトほどは面白みの無い味でしたね。

明星一平ちゃんのカラムーチョホットチリ味は、適度な辛さがアクセントになっている美味しいカップ焼きそばでした。

カラムーチョコラボということで、パッケージにはカラムーチョのタイトルロゴやマスコットキャラのおばあちゃんが印刷されており、なんとなく目を引く感じになっていますが、味の方はそれほど面白みのある感じではありませんでした。

カラムーチョの風味が色濃く出ている、とかそんな感じはなかった気がします。

よくある辛い味のカップ焼きそばって印象。

辛い物が全然ダメな人はやめておいた方が良いと思いますが、辛さもそれほどドキツイ感じではなく、ピリ辛よりちょっと強めくらいだと思います。

面白さは無いですけども、普通に美味しいのでピリ辛風味が好きな人にはちょうど良いかもしれません。

カラムーチョらしさを出すなら、ジャガイモパウダーとかジャガイモ麺とかにして、「カップ焼きそば食べてるはずなのに、カラムーチョ食べてるような気がする」みたいな感じにしてくれても良かったかもしれませんが、とりあえず普通に美味しかったので良しということにします。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題, カップ麺

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.