アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題

ヤマザキのホワイトクグロフは美味しいけど、かなり濃い目の甘さに調整されているので、軽い気持ちで買うと食べきれなくて残してしまうかも。

投稿日:

ヤマザキのホワイトクグロフを買ってきました。

写真撮るときもうちょっと袋のしわを伸ばしてやればよかった……

エルサの顔がなんか酷い事になっている、ホントごめん。

クッキー&チョコクリームっていう表記に惹かれて買ってしまいました。

実はそんなにアナと雪の女王には思い入れが無いので、単純に美味しそうな単語に釣られた感じですね。

いやしんぼバンザイ。




スポンサーリンク

ヤマザキのホワイトクグロフとはどんなものなのか?

まず、ホワイトクグロフってなんだろう。


出典 ウィキペディア

「クグロフ」というお菓子がドイツにあるらしいです。

中高ドイツ語で「クーゲル(僧帽)」と「フップフ(酵母)」を合わせたものが語源と言われていたり、クゲルさんという陶器職人の名前を語源にしているとかいろいろ諸説あるようで、名前の由来ははっきりしていないらしい。

帽子みたいな形に焼いた菓子パンの事で、クグロフを焼くための焼き型が存在するみたいです。

オーストリアでは一家に一台クグロフの焼き型が置いてあるレベルでメジャーな食べ物らしい。

マリー・アントワネットもクグロフが好きだったみたいですよ。

うん、大体わかりました。

ホワイトクグロフは帽子っぽい形ではないかもしれない。

ヤマザキのホワイトクグロフは帽子っぽい形とは言い難いかもしれない。

なんとなくそれっぽく作ってある感じはするんですけどね。

クグロフをホワイトチョコでコーティングし、中央の穴にホイップクリームを詰めてあります。

見た目はなかなか美味しそうですね。

甘い……結構甘い。

ホワイトチョコのコーティングを破ると、スポンジケーキが顔を出します。

で、スポンジケーキでクッキーとチョコクリームをサンドしてあるんですけど、結構甘いです。

控えめに言って、かなり甘い。

これはちょっとくどいんじゃないかなぁ……。

甘いもの同士が重なっているからくどいんじゃなくて、それぞれの味の調整が濃い目なんだと思う。

なんとなくクッキー部分が特に甘いような気がする。

美味しいには美味しいんですけどね。

中央部分はクッキーの塊が詰まっている。

中央部分はクッキーの集合体が待ち構えていて、特に甘いです。

さらにホイップクリームも追い打ちをかけてきますしね。

ホイップクリームの甘さはちょうどいい感じなので、そこまで追い打ちにはなりませんでしたけどね。

すごく甘いお菓子が好きな人なんかは美味しく食べられるんだろうし、不味いわけではないので悪いものではないんだけど、万人におススメできるようなものではないなと感じます。

超甘党向けの調整ってことなのかなぁ……。

結構くどい甘さに仕上がっているので、覚悟して食べることをオススメします。

ヤマザキのホワイトクグロフは可愛い見た目以上にスウィートな菓子パンです。

アナと雪の女王の可愛いパッケージにそそのかされて軽い気持ちで買うと、甘すぎて途中で食べるのを諦めたくなる人もいるかもしれない。

逆に、極度の甘党な人にはこの濃い目の調整はオススメなんじゃないかと思います。

子供のおやつにはちょっとオススメしないかな……申し訳ないけどちょっと体に悪そう。

超甘いものが食べたい!って時に自分で食べる用に買う分には良いと思います。

個人的にはちょっと苦手な調整です。

美味しいとは思いますけどね。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.