アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題

工藤パンのイギリストーストはグラニュー糖とマーガリンというシンプルな構成の手軽で食べやすい青森のロングセラー商品なのです。

投稿日:

工藤パンのイギリストーストを買ってきました。

なんと今年で50周年らしいですよ、おめでとうございます。

イギリストーストは毎月ペースで新しい新しい味がリリースされている工藤パンの主力シリーズだと思うのですが、今回は原点に立ち返ってベーシックなイギリストーストを食べてみることにしました。

まあ、私の小さい頃から地元ではよく見かける慣れた味なので、食べて見るも何も、食べなれた味なんですけどね。




スポンサーリンク

イギリストーストとはどんなものなのか?

イギリストーストは青森県ではメジャーなロングセラー商品

イギリストーストは青森県のスーパーなどであれば、どこに行っても置いてあるような県内では知らない人はいないレベルの非常にメジャーなロングセラー商品です。

ちなみに私は岩手県民ですが、青森県寄りのスーパーなどにも流通しているので買うことが出来ます。

山型のパンをイギリスパンと呼ぶことから、商品名をイギリストーストにしたらしいです。

一応全国放送のテレビ番組などでも紹介されたことのある有名なパンなんですよね。

焼いていないのにトーストなんです。

焼いていないのにイギリストーストという名前なんですよね。

開封すると見た目は普通の食パンがどどーんと出てきます。

イギリスサンドという名前に変更しようと一時期悩んだこともあったそうなのですが、既に時遅しで、イギリストーストという名前が周知されてしまっていたため、あえて名前はそのままにしてあるみたいです。

パッケージに印刷されている国旗などの私用権利は、きちんとイギリス大使館に問い合わせて許可もいただいているそうですよ。

グラニュー糖とマーガリンをサンドしただけのシンプルな構成です。

イギリストーストは二枚の食パンの間にグラニュー糖をまぶしたマーガリンをサンドした非常にシンプルな構成の菓子パンです。

シンプルなんですけど、グラニュー糖の甘さとマーガリンの塩っぽさが絶妙にマッチしていてとても美味しいのです。

食パン部分はちょっと水分が足りないような感じになっているんですけど、マーガリンがたっぷり塗られていて中の方がしっとり感があるので、外側はパサパサしてるくらいがちょうど良い感じです。

とくに味に奇抜なところはなく、万人受けしそうな手軽な味なんじゃないかと思います。

だからこそ、ロングセラー商品となったのだと思います。

手軽さが嬉しいイギリストーストの原点ですね。

工藤パンのイギリストーストは万人受けしそうなシンプルで手軽な味となっているので、お昼ご飯やおやつ、夜食などに気軽に食べるには非常に最適な菓子パンだと思います。

地元のおじいちゃんやおばあちゃんは、たくさんのパン商品があってどれを買うか迷ったら、とりあえずイギリストーストをチョイスする人も結構いますね。

そのくらい青森周辺では愛されている商品なんじゃないかなあと私は思っています。

別段面白みのある味というわけではないですが、青森に観光にいらした際は是非是非買って食べてみてくださいませ。

ちなみに記事の冒頭でもちょっと触れましたが、イギリストーストは今回紹介したベーシックな味のほかにも、数十種類以上の味がリリースされているので、そちらもオススメですね。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.