アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

食べ物の話題

ショートケーキ味という、一平ちゃんの狂気に満ちたチャレンジに敬意を表して食べて見ることにしました。

投稿日:

冗談みたいなホントの話って、あるよなあ。

うん、あるある。

まさかショートケーキ味のカップ焼きそばを食べる日が来るなんて……。

人生ってホント驚きの連続だよね。

明星一平ちゃん渾身の、狂気に満ちたご乱心メニューの登場です。

食べる前からモチベーションの上がらないこの複雑な気持ちはなんだろう。




スポンサーリンク

一平ちゃんのショートケーキ味とはどんなものなのか。

まずはパッケージをはがしてふたを開け、中身を確認します。

透けて見えてるあとのせかやくの中身が、もうすでに狂気じみてるんですけど……。

スプレーチョコとか入っちゃてるよ。

赤いレーズンみたいなのは何だろう、ショートケーキ味だからイチゴかな。

白いのはマシュマロなのか……?

こえぇ……正体不明のトッピングにチビっちまいそうだぜ。

一平ちゃんをこんなにドキドキしながら食べるのは生まれて初めてです。

特製ソースを入れてみたよ!

透明感の強いソースなので、そんなに麺の色に変化はありません。

でも、なんだろう……すごい甘い匂いがします。

甘ったるい匂いがブワッと広がる感じ。

て、テンション下がるゥ~……。

どんな味になるのかワクワクしながらも、食べるモチベーションがどんどん下がっていくという奇妙な感覚を体験しています。

あとのせかやくをのせます。

あとのせかやくを乗せてみました。

トッピングのミスマッチ感が半端なくてじわじわ来ます……。

でもまあ、ショートケーキ感はなんとなく出てきましたね。

……いや、どうだろう……なんか違うような気も。

最期にバニラ風味マヨをかける。

最期にバニラ風味マヨをかけてトッピング終了です。

鼻にブワッとくるかなり甘い匂いが正直かなりキッツイですねー。

味の方は一体どんな感じなんだろうなあ。

とりあえず、混ぜ合わせて食べる準備完了です。

さっそく食べて見ることにしましょうか。

一平ちゃんショートケーキ味を食べてみた感想。

匂いはキッツイけど味は不味くはないかも。

甘ったるい匂いで食欲がどんどん減退していくという不思議な食べ物なんですけど、食べて見ると味そのものはそんなに悪くない気がしました。

匂いのイメージから、ひたすらにゲロ甘い味をイメージしていたんですが、食べて見ると甘じょっぱい適度な味付けになっており、決して不味くはないです。

というか、人によってはかなり好きな味なんじゃないかなぁと思う程です。

でも、甘ったるい匂いで食べるモチベーションがどんどん落ちていくので、なんか複雑な気持ちで黙々と食べ続ける感じになります。

匂いやイメージの力って恐ろしいですね。

強敵はソースやマヨではなく、あとのせかやくのイチゴである。

ソースやマヨは、程よい甘さが良いアクセントになっている感がありました。

個人的に一平ちゃんショートケーキ味を完食するにあたって、一番の障害となったのはこの乾燥イチゴでした。

こいつの妙な酸味が麺を食べている最中に入り込んでくると、奇妙な違和感が口の中いっぱいに広がるのです……。

単体で食べてもなんかあんまりおいしくないんだよねコレ。

たしかにイチゴの酸味がするんだけどね。

一粒食べるごとに、焼そばを食べるモチベーションが20%は下がってたね。

意外と絶妙な調整で作られている。

一平ちゃんショートケーキ味は、強烈な甘い匂いが鼻につくのがかなり気になるけど、食べて見ると割と美味しいんじゃないかと思える絶妙な味加減のカップ焼きそばでした。

ショートケーキの味が再現できているかはちょっと微妙なところですが、ショートケーキの甘ったるい匂いは確実に再現できていると思います。

不味くはないですが、作っている最中のなんていうかこう……これから処刑台に自分の足で向かわなくてはならないのかという憂鬱感と、嫌な予感しかしない強烈に甘ったるい匂いで、食べる前からモチベーションがダダ下がってしまうので、非常に複雑な気持ちになるんじゃないかなと思います。

二回目以降は普通に美味しく食べられると思いますけどね。

ただ、個人的には次食べるならイチゴだけは避けて食べようかなと思いました。

まー、話のタネにはちょうど良い感じの食べ物ですね。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-食べ物の話題

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.