アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

ゲームの話題 白猫プロジェクト

【白猫プロジェクト】パニッシュを実際に使って性能確かめてみた。執行モードは楽しいけど、協力クエストに向いた性能じゃないような気もした。

投稿日:

ルカとレイン狙いでガチャを引いたら副産物で出ちゃいましたシリーズ。

今回はパニッシュを使ってみました。

どうでもいいけど、カラーリングとか執行モードとか、なんていうかすごく……ユニコーンガンダムな感じです。

執行モード中はニュータイプにでもなった気分で高速戦闘が楽しめてすごく……ガンダムな感じです。

そんなわけで、パニッシュについてまとめていきたいと思います。




スポンサーリンク

パニッシュの性能

リーダースキル:勝訴

フォースターキャラの与えるダメージが極大アップ

スキル1:極刑(SP23)

  • ビームで前方を薙ぎ払いダメージを与える。
  • 援護攻撃(60秒)
  • 通常攻撃ダメージ+50%(60秒)
  • 被ダメージ‐50%(60秒)

スキル2:執行(SP90%)

  • 執行モードを発動し、周囲にダメージを与える。
  • 自身のHPを回復し、状態異常も回復する。
  • 執行モード(30秒)
  • *執行モード中は攻撃・防御・会心・移動速度・攻撃速度+300%
  • *執行モード終了後は15秒間スキルが使用不可能になる。
  • *執行モードは強化スキルではない。

オートスキル

  • HP50%以上で消費SP‐50%
  • 通常攻撃の与えるダメージ+150%
  • 援護攻撃発生中、攻撃速度+50%、被ダメージ‐50%

パニッシュは執行モードを駆使した通常攻撃主体の戦い方をする。

パニッシュは執行モードで、ウォリアーとは思えない高速戦闘が可能になります。

ウォリアーというか、全キャラの中でもトップレベルの速度で動くことが出来るようになります。

30秒の効果時間の後は15秒間のスキル使用不可能というペナルティはありますが、元の能力よりも能力が下がると言ったペナルティはないので、比較的リスクは小さめです。

高レベルの敵と戦うときは、惜しみなく使っていくのが良いと思います。

執行モードや援護攻撃でSP回収は簡単にできる。

執行モードは使うとSPの90%を消耗するので、かなり燃費が悪いように見えます。

ただ、パニッシュは執行モード中の攻撃速度が+300%という異常な速度になる上、援護攻撃でもSPが回収できるので、あっという間にSPを全回復できます。

執行モード中に何もせず、ほったらかしにしたりしなければSPが枯渇するという事はまずないと思います。

一発で倒せてしまう雑魚ばかりを相手にしている場合や、バリアでガチガチに固めている相手などを相手にすると、ちょっとSPが回復しにくいかなとは思いますけどね。

通常攻撃が通用する相手がいるうちは、SPに困ることは無いので、そんなに消費SPが気になる事は無いと思います。

HP50%以上なら、消費SPが半減になるというありがたいオートスキルもありますしね。

仮に執行モードを使わなくてもかなり耐久性は高い。

オートスキルとスキル1のバフの効果で被ダメージ-90%の状態を作り出せるので、かなり頑丈です。

執行モードを使えばさらに防御値を+300%にすることもできますね。

ただし、かなり頑丈ではありますが過信は禁物です。

高難易度クエストの敵の攻撃はやっぱり普通に痛いので、被弾には細心の注意が必要ですね。

それでも即死級のダメージが200~300くらいまで軽減できるのはかなり大きいとは思います。

執行モード発動時にHPと状態異常は回復できる。

被弾してHPが危うくなってきたら、迷わずに執行モードを使うと良いです。

なんと執行モード発動時にHP回復と状態異常の回復が出来てしまいます。

1700程度の回復量はあったので、恐らく一度使えば全回復すると思います。

さすがに封印を受けてしまったらスキル自体が使えないのでどうしようもないですが、被弾したり厄介な状態異常に陥ったら、とりあえず執行モードを使っておくと良いです。

執行モード状態なら状態異常も無効化できる。

ちょっとこれに関しては説明に書かれていない要素なので後々修正が来るかもしれませんが、執行モード中はどうやら状態異常が無効になるようです。

毒沼なんかも無効化できるし、マンドラゴラの呪いも執行モードを使えば無効化が可能なようでした。

この性質を上手く活用できれば、状態異常による事故死を予防することが可能になります。

パニッシュ使用時に注意したい点

執行モード終了後の15秒間はスキルが使えない

注意すべき点の筆頭の要素ですが、能力が下がったり状態異常になったりするわけではないので実はそれほどリスクはありません。

アクションスキルが使えないというだけです。

ただ、この15秒間の間にバフが切れたりしても、時間まではバフをかけなおすことが出来ないので、そこは要注意ですね。

被弾が怖い場合は15秒間逃げ回るのもよし、通常攻撃をぶつけてSPを回収するもよしって感じです。

★12以降の高難易度の協力クエストには向かない。

どんなに火力が倍増しても、通常攻撃主体という時点で殲滅速度的にやや問題がありましたね……。

あとは、執行モード終了後の15秒間のブランクの間は戦闘で貢献することが出来なくなるので、味方のお荷物になってしまいます。

高難易度クエストの敵のダメージはさすがに痛いので、執行モード無しで受け止めるのはしんどいし、執行モード状態であってもしんどいです。

火力と耐久性、両方の面から見て高難易度協力クエストはパニッシュで挑むのはオススメできない感じですね。

シュガーやバイパーなど、通常攻撃主体のキャラクターの宿命ともいえる点ですね。

★10くらいまでの手軽な場所なら、別に問題ないと思うんですけどね。

パニッシュの執行モードにはロマンが詰まっている。

パニッシュの執行モードはスピーディーに動き回れて面白いので、使っていて素直に楽しいです。

通常攻撃の威力が非常に高く、動きも速い。

耐久性に関してもレベルが100以内の相手であれば被弾しても50ダメージくらいまで抑えられるので、非常に頑丈です。

ちょっと高難易度の協力クエストには人権は無いかもしれませんが、島掘りやソロクエストを惰性で消化するには非常に向いたキャラクターだと思います。

初心者の方が序盤に使う分には割と便利なキャラクターなんじゃないかなーって感じです。

あとは、無限討伐クエストなどで、カウンタースラッシュを喰らわずにマンティコアなどを倒すには便利かもしれない。

もちろん、愛とプレイヤースキルによっては、それ以上の活躍も可能でしょう。

使ってて楽しいキャラではあるので、エンジョイ用としては持っていて損はないキャラかなと思いました。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-ゲームの話題, 白猫プロジェクト

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.