アニメやゲーム、食べ物の情報を中心に個人的に気になったことや気づいたことなどをどんどんまとめていきます。

電網ブルーオーシャン

オカルティックナイン アニメの話題

【オカルティックナイン】世界システムとは?新・世界システムの元ネタを調べてみよう。

投稿日:2016年11月30日 更新日:

オカルティックナイン第六話から登場したMMGの人たちが発見した「新・世界システム」

新・世界システムはアルファ型スカンジウム同位体を投与して特定の電磁波を照射することによって、肉体を失っても霊体として存在を維持できるようにするための技術です。

もう一つの効果として、アルファ型スカンジウム同位体が投与した人の脳に着床した場合、その脳に特定の電波を流すことによってマインドコントロールすることにできるようになる……という事でした。

この新・世界システムは作中でも語られているとおり、ニコラ・テスラの構想した世界システムが元ネタになっています。

世界システムと言うのは本来どういうモノだったのか?

今回はご紹介していきたいと思います。




スポンサーリンク

世界システムとはいったい何なのか?

オカルティックナイン
© Project OC9/Chiyo st.inc.

世界システムと言うのは、ニコラ・テスラが構想した「送電線を使わずに、電波によって世界中に情報やエネルギーを供給する」というシステムの事です。

このシステムを実現させるために、ニコラ・テスラは高周波と高電圧を発生さるための装置である「テスラコイル」というものも発明しています。

地球そのものを利用する送電システム

ニコラ・テスラは高周波振動を起こした際に発生する電気的共鳴現象を利用して、巨大な電圧を発生させる「拡大送信機」という装置を使い、「地球そのものが電気を帯びている」という事実を証明しました。

その証明をもとに、地球が電気を帯びているのであれば「その電気を利用した送電システムが作れるのではないか」と考えたのでしょう。

さらに研究を進め、研究所があるコロラドスプリングスで頻発する雷放電などを観測したところ、「地球定常波」という現象があることを発見します。

この地球定常波に電気エネルギーを乗せれば、電気エネルギーを安定した状態で地球全体に送ることが出来るのではないかと考えました。

テスラコイルを使って発生させた電気エネルギーを、地球の電気を送電線代わりに使い、無線状態で世界中に電気エネルギーを送信できる仕組み……ってことでしょうね。

プロジェクトが頓挫して実証はされていない。

モルガン財閥の創始者、テジョン・ピアポント・モルガンというお金持ちに「人類エネルギー増大の問題」というニコラ・テスラが書いた論文が評価され、研究資金を援助してもらえることにりました。

ニコラ・テスラは大喜びで世界システムの実験施設の建設へ乗り出しましたが、施設は完成せず、結局途中で放棄されてしまいます。

建設途中で設計の変更が生じ、当初の予算を上回る経費が発生したことや、他の研究者が太平洋横断無線通信に成功し、無線通信システムを実用化させてしまったため、資金援助をカットされてしまったことが原因であると言われているようです。

世界システムの実験施設は「ワーデンクリフタワー」と呼ばれており、情報通信と無線送電のための巨大な無線送電塔を建設する予定でしたが、研究資金がショートしてしまったために、実証するための研究を行う一歩手前で、世界システムのプロジェクトは頓挫してしまったのでした。

オカルティックナイン
出典 ウィキペディア

ちなみに、当時のワーデンクリフタワーはこんな感じ。

1917年には撤去されており、もうこの世には存在していません。

願いもむなしく、実証されぬままお蔵入りに。

ニコラ・テスラはその後も世界システムを実証するための研究をつづけようとしましたが、彼の考えに賛同し、高額の研究費用を出資してくれる人間は現れず、実証の機会には恵まれませんでした。

結局86歳で亡くなるまで、世界システムの実現はされることは無かったという事です。

もし、彼の考えに賛同する奇特なお金持ちがいたとしたら、現在の電気エネルギーの送電システムは今とは違ったものになっていたかもしれませんね。

ニコラ・テスラは、時代を先取りしすぎたがゆえに、逆に当時の人たちの理解を得られなかったちょっと可哀想な人なのでした。

何故、新世界システムなのか?

何故、オカルティックナインで、霊体を作りだす技術のことを「新・世界システム」と呼んでいるのか?

だって、ニコラテスラの世界システムは「世界中に電気エネルギーを送電する」仕組みの事でしょ?

って思うわけですが、これに関してはニコラテスラが晩年に、死後の世界と交信するための装置を研究していたという逸話と結びつけたものと思われます。

また、電磁波によって霊体として人間の記憶情報を空気中に安定させたり、電波によって人間を無線でマインドコントロールする仕組みは、世界システムっぽいとも言えます。

ニコラ・テスラって宇宙と交信してるよ!とか、超能力者は存在するんだよ!とか言い出しちゃう、ちょっとアレな感じの人だったみたいなので、まあ、いろんな作家にマッドサイエンティスト扱いされることも多いんですよね。

それだけ彼の開発した様々な発明やシステムが、歴史的に見てもすごいものだという事なんですけどね。

これまでの考察まとめ。

⇒オカルティックナイン第一話の考察

⇒オカルティックナイン第二話の考察

⇒オカルティックナイン第三話の考察

⇒オカルティックナイン第四話の考察

⇒オカルティックナイン第五話の考察

⇒オカルティックナイン第六話の考察

⇒オカルティックナイン第七話の考察

⇒オカルティックナイン第八話の考察

⇒オカルティックナイン第九話の考察

⇒オカルティックナイン第十話の考察

⇒(番外編)ニコラ・テスラとは?

⇒(番外編)スカイセンサーとは?

⇒(番外編)コトリバコとは?

⇒(番外編)ボーコードとは?

⇒(番外編)アヴェリーヌノートとは?

⇒(番外編)蠱毒とは?

⇒(番外編)安命寺とは?

⇒(番外編)エル・プサイ・コングルゥとは?

⇒(番外編)アルファ型スカンジウム同位体とは?

⇒(番外編)セフィロトの樹とは?

⇒(番外編)失敗した失敗した失敗した失敗したとは?

⇒(番外編)安命寺の256キロ爆弾は実在する。

アドセンスコード

スポンサーリンク

アドセンスコード

スポンサーリンク

-オカルティックナイン, アニメの話題

Copyright© 電網ブルーオーシャン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.